海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオースト...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月13日

バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオーストラリアなスナック菓子


バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオーストラリアなスナック菓子

画像

小学校におやつを持っていってもよいオーストラリア。
リセス(午前中の休憩時間)に自宅から持ってきたもの、校内のcanteen(キャンティーン=売店)で買ったものなどをおやつとして食べます。
果物やチーズなどヘルシースナックが推奨されていますが、やっぱり子どもはちょっとジャンクなものが好き。
そこで子どもたちに人気があるスナックを紹介します。これらはスーパーで簡単に買えます。中には、ザ・オーストラリアなものもいくつかあるので、旅行で来た際にはママ友〜職場まで使えるばらまきみやげになりそうです。

画像

◎ジャンピーズ(Jumpy's)
袋にはカンガルーのイラスト。中身は...そうですカンガルーの形をしたスナックが入っています。日本にあるおさかなの形をしたあのスナックのオーストラリアバージョンとでもいったところでしょうか。

◎ティムタム(TimTam)
定番中の定番ですが、最近出た個別包装された一口サイズが人気。手も汚れないし、小さいのでカロリーも低め。パクッと食べられるところが人気のようです。最近は限定フレーバーや、有名パティシエコラボなどもあるので、棚をよくチェックしてみてくださいね。

◎シェイプス(shapes)
あのティムタムと同じ製菓会社アーノッツ社(Arnott's Biscuits Holdings)が出している甘くない系スナック菓子。ビールのアテにもいけますよ。「油で揚げずに焼いてある」というヘルシー?を売りにしていますが、止まらなくなるので要注意。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年9月13日
« 前の記事「今年から無料乗車区間が拡大されたメルボルン市内のトラム」へ
»次の記事「メルボルンで公共交通に乗る時に必要な交通ICカードmyki(マイキー)」 へ
メルボルン特派員 新着記事
ミニチュアトイを集めよう
感染者数増加のなかロードマップを発表
長引くロックダウン、進むワクチン接種
ロックダウン6.0
メルボルンでもアウトレット
オーストラリアのMチョコ事情
メルボルン4度目のロックダウンへ
ストリート・アート 人編

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集