海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオースト...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月13日

バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオーストラリアなスナック菓子


バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオーストラリアなスナック菓子

画像

小学校におやつを持っていってもよいオーストラリア。
リセス(午前中の休憩時間)に自宅から持ってきたもの、校内のcanteen(キャンティーン=売店)で買ったものなどをおやつとして食べます。
果物やチーズなどヘルシースナックが推奨されていますが、やっぱり子どもはちょっとジャンクなものが好き。
そこで子どもたちに人気があるスナックを紹介します。これらはスーパーで簡単に買えます。中には、ザ・オーストラリアなものもいくつかあるので、旅行で来た際にはママ友〜職場まで使えるばらまきみやげになりそうです。

画像

◎ジャンピーズ(Jumpy's)
袋にはカンガルーのイラスト。中身は...そうですカンガルーの形をしたスナックが入っています。日本にあるおさかなの形をしたあのスナックのオーストラリアバージョンとでもいったところでしょうか。

◎ティムタム(TimTam)
定番中の定番ですが、最近出た個別包装された一口サイズが人気。手も汚れないし、小さいのでカロリーも低め。パクッと食べられるところが人気のようです。最近は限定フレーバーや、有名パティシエコラボなどもあるので、棚をよくチェックしてみてくださいね。

◎シェイプス(shapes)
あのティムタムと同じ製菓会社アーノッツ社(Arnott's Biscuits Holdings)が出している甘くない系スナック菓子。ビールのアテにもいけますよ。「油で揚げずに焼いてある」というヘルシー?を売りにしていますが、止まらなくなるので要注意。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年9月13日
« 前の記事「今年から無料乗車区間が拡大されたメルボルン市内のトラム」へ
»次の記事「メルボルンで公共交通に乗る時に必要な交通ICカードmyki(マイキー)」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/11/17更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集