海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > メルボルンのドラッグストア(ケミスト)で買えるプチ...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月29日

メルボルンのドラッグストア(ケミスト)で買えるプチプラおみやげ


メルボルンのドラッグストア(ケミスト)で買えるプチプラおみやげ

IMG_3001.jpg

オーストラリアでもケミスト(オーストラリアではドラッグストアではなくてこのように呼びます)でも、薬以外にもシャンプー類やメイク用品などちょっとした日用品などが販売されています。
でも日本と比べると調剤薬局の色合いが濃く、店にもよりますが扱っているのはビタミン剤、市販薬などが主流。
それでもよく見ると、日本では入手しにくい、あるいは値段が高めなアイテムが安く買えたりします。
そこで今回は自分用や、ちょっとしたおみやげにもぴったりなお肌にやさしいプチプラ・アテイムをご紹介します!

IMG_3038.jpg


ポーポークリーム(paw paw ointment) 


オーストラリア出身で元ヴィクトリア・シークレットのエンジェルだったあのモデルも愛用していると言われるのがポーポークリームです。パパイヤをベースに作られた天然成分由来のクリームでオーストラリアでは100年以上前から家庭用常備薬の定番。商品名ではルーカス・ポーポー(Lucas' Papaw Ointment)が有名。
いわゆる万能軟膏で、切り傷、肌荒れなどから、乾燥対策、リップクリームがわりに使えます。匂いはほんのりとパパイヤが香る程度。

25g/$2.99(約262円)@ケミスト・ウエアハウス(Chemist Warehouse)※2015年10月現在


IMG_3037.jpg


ココナッツ・オイル・クリーム(Coconut Balm)


話題のココナッツ・オイルの保湿クリーム。オーガニックでパパイヤ抽出物とホホバオイルが配合されています。乾燥対策だけではなく、切り傷や小さなヤケドなどのケアにも使えます。添加物などを抑えてあり、ワセリン系の油なども入っていません。

25g/$3.99(約350円)@ケミスト・ウエアハウス(Chemist Warehouse)※2015年10月現在


IMG_3036.jpg


ゴート・ソープ(Goat Soap)


赤ちゃんなどの入浴にも使われる、低刺激で乾燥肌用の石けん。ゴート・ミルク(ヤギのミルク)から作られており、とってもマイルドな使用感。

100g/2個で$5(約440円)@ケミスト・ウエアハウス(Chemist Warehouse)※2015年10月現在

IMG_3092.JPG


乾燥しているうえに日差しの強いオーストラリアでは日常の肌のトラブルケアが必須。他にもサンスクリーンなどのアイテムが充実しています。スーパーなどでも売っていますが、ディスカウント系ケミストの方が断然安く、品数も豊富なのでぜひチェックしみてくださいね。
なおケミストによっては万引き犯対策が厳しい所もあります。警備員が巡回していたり、ごくまれに荷物のチェックを要求されることもあります。私(筆者)の個人的な印象ですがショッピングの際はとりあえず買い物のカゴを持ったほうがよいかもしれません。

【データ】
ケミスト・ウエアハウス(Chemist Warehouse)
住所:Shop L2 345 Bourke St Melbourne, Victoria3000
電話:03 9671 3833
営業時間:月〜金 7:30〜21:00、土〜日 9:00〜19:00 
※店舗により営業時間は異なる。
※上記はメルボルン(シティ)店のデータ。店舗はオーストラリア各地にあります。
web:https://www.chemistwarehouse.com.au/

他にもショッピングセンターなどで見かけるディスカウント・ケミスト
マイ・ケミスト(My Chenist)
web:http://www.mychemist.com.au/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2015年10月29日
« 前の記事「家族経営のイタリアンはマンマの味で大人気【メルボルン食探訪】」へ
»次の記事「メルボルン郊外ドライブで発見!道路脇のストリベリーショップ」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集