海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 日本に持って帰ろう!お手軽インスタント食品でオース...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年11月26日

日本に持って帰ろう!お手軽インスタント食品でオーストラリアの味


メール プリント もっと見る

日本に持って帰ろう!お手軽インスタント食品でオーストラリアの味

ばらまき用のおみやげをスーパーで調達するのは定番といってもいいほど。
Woolworth(ウールワース)やColes(コールス)に行ったついでに、オーストラリアの味がするおみやげも買ってみてはどうでしょうか?

そこで今回は「自分のために買うオーストラリアの味(インスタント系)」をご紹介します。

IMG_3087.jpg

IMG_3177.jpg

インスタント・パスタ$1〜3(約90〜260円)
牛乳、水、バターを入れた鍋の中に、中身を入れて数分煮込むだけで完成!本来はステーキなどの付け合わせ用ですが、普通にお皿に盛れば立派にパスタ。
マカロニチーズ、カルボナーラ、四種のチーズ、トマト&オレガノなど種類もたくさん。パウチもフラットなのでかさばらない。日本の袋入りインスタント麺のオーストラリア版といったとこかも。

IMG_3172.jpg

IMG_3173.jpg


パンケーキ・ミックス$2〜5(約180円〜450円)
ホットケーキではなくて、パンケーキ。実はこのボトルの中にはパンケーキの粉が入ってます。水をボトルの脇の目盛りまで入れてキャップをしてめてシャカシャカふるだけで、パンケーキミックスのタネができあがり。温めたフライパンに適量をとろりと垂らして焼くだけ。ボール不要で混ぜる時汚れないので大助かり。よくよく考えると画期的かも。一番小さいサイズで直径10〜12cmが4枚焼けます。

IMG_3169.jpg

IMG_3170.jpg

オーストラリア的アジアごはん$3〜3.5(約270〜300円)
日本にあるようなパックごはんをレンジでチンして、付属のタレをごはんにかけて混ぜるだけ!ただし具はほとんどありません。米はロングライス(長米)のため、お味はオーストラリアのフードコートのアジアン系テイクアウトっぽさがでています。実はこれ、なんとキッコーマン製。逆輸入っぽい感じですね。

IMG_3171.jpg

フレーバーツナ缶&鮭缶$1〜2(約90〜180円)
もちろん普通にオイル漬けや水煮のものもありますが、ライム&チリ、スモークサーモン、ペッパー、オリーブオイル漬けなど色々あります。ヘルシー志向の人はツナ缶をランチに食べることも多いそうなので、飽きないように味変アイテムなのでしょうか。サラダのトッピングに使ってもいい感じ。

IMG_3174.jpg

粉末のデザートの素$1〜2(約90〜180円)
初めてメルボルンのカフェでスイーツを食べて「甘っ!」と驚いた...が、いつのまにか慣れて心地よくなってしまった。それならば粉末スイーツの素がオススメ。牛乳や生クリームと混ぜて冷やすだけで、オーストラリア標準の甘〜いスイーツができあがります。もちろん色々な種類があるので色々かってみてもいいですね。(※ニュージーランド製造です)

今回ご紹介したものは基本的に消費期限が長く、パウチだったりとさほどかさばらないものばかり。スーツケースのどこかに入れておけば帰国後ゆっくり時間がある時に食べてメルボルンを思い出してみてくださいね。
※価格帯に幅があるのは、セールの時だと30%〜半額offになるため。

【データ】
今回記載のアイテムが購入できる(購入した)スーパー
アルディ(ALDI)
URL:https://www.aldi.com.au
ウールワース(Woolworth)
URL:https://www.woolworths.com.au
コールス(Coles)
URL:https://www.coles.com.au
※写真の粉末デザートの素はコールス(Coles)のみかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2015年11月26日
« 前の記事「夏が始まる!オーストラリアのクリスマス光景」へ
»次の記事「オーストラリアに来たらぜひマクドナルドへ!の理由」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/5/22更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集