海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > レアなティムタム?パティシエコラボや各スーパー限定...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月 9日

レアなティムタム?パティシエコラボや各スーパー限定フレーバー特集


メール プリント もっと見る

レアなティムタム?パティシエコラボや各スーパー限定フレーバー特集

ティムタム(Tim Tam)といえば、オーストラリアのスーパーのおみやげの代名詞ではないでしょうか。

でも今や日本の輸入食品チェーンなどでも置いてあり、こちらと値段も変わらないという話も聞かれます。
そこで、今回は「本場ならでは!?オーストラリアだけでしかゲットできない?」なティムタムを特集してみたいと思います。


IMG_3262.JPG

一口ティムタム

ティムタムのカロリーはご存知のとおり1本=約100kcalです。なのでスイーツを控えている方のために出ました!かどうかはわかりませんが、2つ入りでも小さっっ!というサイズです。iPhoneと比べてみると、こんな感じになります。
職場や学校でバラまくのに直で渡さなくていいので、手も汚れないのはいいですね。



ホワイトティムタム

ティムタムと言えばチョコレート色!そんなイメージカラーの殻を破って登場したのが白いティムタム...すいません単にホワイトチョコレートでコーティングしただけです。
甘さも気持ちゆるめで、いつものティムタムを食べているという感じがしません。
味がマカロンっぽいという不思議な感想もチラホラ。



アドリアーノ・ズンボ(Adriano Zumbo)コラボの塩キャラメル味

日本では普通に有名パティシエとコラボしたスイーツがコンビニに並んでいたりしますよね。実はオーストラリアでは最近になってようやくコラボ商品にスポットがあたるようになってきたのです。
ここ数年オーストラリアでも人気の「塩キャラメル」味。一口食べると中からとろ〜と口いっぱいに広がる甘さがクセになりそう。
アドリアーノ・ズンボ氏は日本でいうスイーツの鉄人みたいなポジションで他にもカップケーキの粉やマカロン作成キットなどもプロデュースしています。

コールズ限定!バナナ味ティムタム

スーパーのコールズ(Coles)でしかゲットできないバナナ味。
かじるとその断面が黄色いのはもちろん、バナナフレーバーがお口の中に絶賛拡散します。
個人的ではありますが、冷蔵庫の中でキンキンに冷やして食べると、ちょっとイケてるデザート・ティムタムになるような気がします。


ウールワース限定!三種のコーヒー味ティムタム

スーパーのウールワースでしかゲットできないコーヒー味。
なるほど、ライバル・スーパーのティムタム対決はバナナvsコーヒー。ちょっとビターかと思ったのですが、まあコーヒーかな?甘さが少しだけ控えめかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

ティムタムはコールズとウールワース同時でセールになっていることはなく、順番のようです。
しかも!時によっては半額になっていたりするのでチェックです。
メルボルンでは両スーパーとも、セール品は毎週水曜あたりから入れ替わるので、店頭においてあるチラシをみて較べてお得にゲットしてくださいね。
なんだか節約情報のようになってしまいましたが...

またティムタムを製造しているアーノッツ(Arnott's)はオーストラリアでは有名な食品会社です。他にもビスケットやクッキーなど色々なスナック菓子を展開しているので、ぜひチェックです。

【データ】
ウールワース(Woolworth)
URL:https://www.woolworths.com.au
コールス(Coles)
URL:https://www.coles.com.au

アーノッツ(Arnott's)
URL:http://www.arnotts.com.au

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2015年12月 9日
« 前の記事「日本のパン屋?人気の日式パン屋「Bread Top」とは」へ
»次の記事「オーストラリアに来たらマクドナルドへ!の理由」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集