海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > オーストラリアに来たらマクドナルドへ!の理由

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月23日

オーストラリアに来たらマクドナルドへ!の理由


オーストラリアに来たらマクドナルドへ!の理由

IMG_3230.JPG


「せっかくオーストラリアに来たのだから、ファストフードも現地だけにしかないところに行ってみたい!」ですよね。
ですが、あえて今回はマクドナルド推しです。

マクドナルドといえば、世界のあらゆる国で展開しており、中には「ご当地メニュー」があることで知られています。
ここオーストラリアでもオージービーフを使ったグルメバーガーなどを食べることができます。でも、それだけだったら、、、と思いきや
なんと!アメリカとオーストラリアの店舗ではハンバーガーをカスタマイズできるのです。早い話が「自分の好みでハンバーガー作っちゃってください」なのです。

好きなハンバーガーつくろう(Create your taste)

注文はなんとタッチパネルで選んでいくだけ。なんとなく直観的に操作できるので、間違えても始めからやり直せばいいのです。


IMG_3201.JPG

IMG_2566.JPG

ではさっそく世界に一つだけの自分のハンバーガーを作ってみます。
日本のラーメンでもおなじみ「全部乗せ」ももちろんできるのですが、完食する自信がないのと、かなりのお値段になるので、こじんまりと...挑戦してみました。


create1.jpg

まずはバンズを選びます。「ブリオッシュ」「ベーカーズ」そして、なんとレタスという選択があります。

create2.jpg


次にチーズです。「チェダー」「スイス」「マクドナルドオリジナル」など5種類の中から選べます。もちろん量を増やすも入れないも自由。なにしろ自分好みにカスタムできます。
そしてビーフパテの美味しさをアップするベーコンや目玉焼きなども足してしまいましょう。

create3.jpg

次は野菜です。苦手なものは入れなくてもいいし、逆にヤラペーノをマシマシで辛?いメキシカン風に、トマト増量でイタリアン風にと、こちらも自由自在。
最後にソースを選んびます。いつものケチャップでも、ハーブマヨ、ガーリックマヨ。チリにBBQとこちらもお好みで。

IMG_3210.JPG

IMG_3213.JPG

店舗によっては、なんと席で待っているとサーブしてくれるところもあります。その場合は、タッチパネルのそばにあるこのディスクをとって、入力します。
テーブルにこのシールが貼ってあるところに、さきほどのディスクを置いておくと、スタッフがそこまで運んできてくれるというわけです。
なんだか普通にレストランっぽい感じで、いつものマクドナルド感が薄い...。

IMG_3221.JPG

こんな感じで出てきました。ポテトとドリンク(マンゴースムーチー)を足したので、$14(約1,200円)ほどとなりました。
バンズに存在感があって、なんだかおしゃれでカフェ飯っぽい感じです。
オーダーしてからつくっているので、確かにフレッシュな食感ではあります。
値段もそうですが、やはり普通のハンバーガーとは違います。

IMG_3223.JPG

そして最近はビーフパテだけではなくチキンの胸肉も選べます。セットにする場合、付け合わせもポテトではなくコールスローにすることもできます。

オーストラリアでマクドナルドに行くことがありましたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


【データ】
マクドナルド(MacDonald)
クリエイト・ユア・テイスト(create your taste)

URL:https://mcdonalds.com.au/create-your-taste
※サイト内でシュミレーションができます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年12月23日
« 前の記事「レアなティムタム?パティシエコラボや各スーパー限定フレーバー特集」へ
»次の記事「オーストラリアの夏休みの風物詩!ビーチの移動遊園地と花火」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集