海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > LCCのAir Asia Xのプレミアムフラットベ...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月27日

LCCのAir Asia Xのプレミアムフラットベッドに乗ってみた


LCCのAir Asia Xのプレミアムフラットベッドに乗ってみた

IMG_3524.jpg

オーストラリアでロー・コスト・キャリア(LCC)といえば、ジェットスター(Jetstar)。でもメルボルン発でアジア方面に向かう場合は多様な選択肢があります。
そして安くビジネスクラスに乗れるという点でも注目されています。


もちろんナショナル・フラッグ・キャリア(その国を代表する航空会社。オーストラリアの場合はカンタス航空ですね)と比べてしまうと、プレミアム・エコノミークラスといった印象かもしれません。
でも最近はLCC各社とも、機材など独自のサービスなど特徴を出して訴求しているようです。

今回利用したのは、メルボルン発、マレーシアのクアラルンプール行きエア・アジア・エックス=以下、エア・アジア(Air Asia X)のプレミアム・フラットベッドです。


IMG_3537.jpg

IMG_3538.jpg

個人的な感想ですが、エア・アジアのビジネスクラスは「ミールやドリンクのサービスはおいといて、居住性を重要視」のような気がしました。


ミールは搭乗クラスによっては有料です。プレミアムフラットベッドの場合はチケット代に含まれるので事前に予約をしました。前菜やデザートはなく、メインのみが出てきます。ミネラルウォーターはついてきました。
食事は主にアジア系のものが多く、いくつかの選択肢がありました。キッズミールも選べます。ただしスペシャルリクエストは事前予約のようでした。

IMG_3539.jpg

やはり注目すべきはビジネスクラスでも一部キャリアでしか提供されない「フラットベッド」です。

IMG_3542.jpg

IMG_3533.jpg

完全に180度フラットにはなりませんが、女性なら寝返りがうてるスペースのあるベッドではあります。コクーンのような形態なのでプライバシー感もあってリラックスできます。

枕の他に就寝時には薄いキルトのブランケットが配られました。通常は座席の上のある読書灯もシートに個別につけられているので、まぶしくありません。
肘掛けにはコントローラーがあって、角度などの微調整も可能です。

LCCのビジネスクラスの場合、一点豪華主義なのかもしれません。

夜便の場合、寝れる環境を確保できると現地に早朝着いた場合でも疲労感が確実に違うことがわかりました。


LCCは安いのが魅力ですが、ビジネスクラスに関してはこれからに期待したいと思います。いずれにせよ選択肢が広がるのはトラベラーにとってもよいことですね。


【データ】
エア・アジア・エックス(Air Asia X)
URL:http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2016年1月27日
« 前の記事「電車でいけるメルボルン郊外の穴場的アウトレットモール」へ
»次の記事「小腹が空いたなら、スーパーのヘルシーおやつの量り売りがオススメ@メルボルン」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集