海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 雨でも猛暑でも大丈夫!大人から子どもまで思う存分遊...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 旧特派員 逗子 マリナ

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月17日

雨でも猛暑でも大丈夫!大人から子どもまで思う存分遊べる屋内プレイエリア


雨でも猛暑でも大丈夫!大人から子どもまで思う存分遊べる屋内プレイエリア

IMG_3363.jpg

年間を通じて比較的気候のよいメルボルン。
でも夏は40度以上になる時もあるし、冬は雨が多かったりするので、ついつい家から出ないこともあります。
そのせいかわかりませんが、オーストラリア人はとにかく自分の家にいるのが大好きのようです。さっさと家に帰ってくつろぐの最高の幸せ!?

ただし、子どもは運動不足からの肥満が大きな問題となっています。学校への往復は車が多く、放課後も子どもたちだけで遊びに行くなんてことはできません。

IMG_3367.jpg

そんなオーストラリアで意外と充実しているのが、プレイエリアです。日本でもモールなどにある子供たちが気兼ねなく遊べる大型遊具などがある有料の施設です。

IMG_3368.jpg

特に小学生から中学生に人気なのがトランポリンで遊べるバウンス(Bounce)です。
誕生日パーティの会場になったり、学期と学期の間のターム・ホリデイ(Term Holidays)ともなると保護者同伴の上で友だち同士で存分に体を動かせるスポットとして人気があります。
なにしろ3歳以上から遊べ、ホームページによると「おじいちゃん、おばあちゃんの参加も大丈夫!」とのことなので安心ですね。

トランポリンは年齢などに応じて難易度が分かれています。また、常駐のスタッフは監視するだけではなく、ミニゲームなどを通じて子どもたちを盛り上げます。
安全にも配慮されていて、事前のネット予約で時間あたりの入場可能人数を制限しています。いわゆる「セッション制(プレイエリアやバイキング方式のレストランなどに多い時間制予約システム」のため、いきなり出向いて遊ぶのではなく事前に予約をした方が確実でしょう。

IMG_3362.jpg

初めて来た人は、受付でまず専用靴下を購入します。子どもたちはこちらに履き替えてからトランポリンエリアで遊びます。
1セッション=1時間です。こちらは入れ替え時間も含むので、予約の15分ほど前に会場に行くことをお勧めします。

IMG_3365.jpg

付き添いの保護者は飲み物や軽食を買って、休憩エリアでゆっくりとしていることが多いようです。

最初は怖がっていた子ども達も、中に入るとそれぞれ自分に合ったトランポリンで夢中になって遊んでいます。
そして大事なことですが、かなりの運動量で汗もかくので水分補給を忘れないにしてくださいね。

【データ】
バウンス(BOUNCEinc)
URL:http://bounceinc.com.au/

※オーストラリア国内に数カ所あり。ヴィクトリア州にはメルボルン郊外を中心に現在3ヶ所(新規オープン予定あり)。以下URLを参照。
http://bounceinc.com.au/locations

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー スポーツ・観戦
2016年2月17日
« 前の記事「ヘルシーな瓶入りサラダやオーガニックフードが自販機買える!?」へ
»次の記事「お酒からご飯まで楽しめるカフェ!crabappleでまったり時間を過ごそう」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/11/13更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      逗子 マリナ
      今まで訪れた国は25カ国。海外生活はアメリカ生活3年半、現在はオーストラリア・メルボルンで生活しています。旅の移動手段は陸路だったら可能なかぎり自分で車を運転する派です。道中は気のむくままに車を停めて食事をしたり散歩をしたりするのが趣味です。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集