海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 世界で最も住みやすい都市、メルボルンから「はじめま...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ Truong 説子

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月23日

世界で最も住みやすい都市、メルボルンから「はじめまして」


世界で最も住みやすい都市、メルボルンから「はじめまして」

はじめまして。この度「地球の歩き方」のメルボルン特派員を担当することになりましたTruong説子です。
よろしくお願いします。こちらに来たいきさつなどはプロフィールに書いてありますが、
日本に住んでいた期間よりも長い期間をこちらで過ごしていることになります。
心はいつまでたっても日本人だと思いますが、生活習慣はずいぶん「こっち化」しているかもしれません。
大の旅行好きですが、これまで行った国はまだ10か国ぐらい。
もっとあちこち行きたいのですが、あまり時間が取れないのが悩みです。
旅の目的は主に世界遺産を訪ねることです。生きているうちにできる限りたくさんの世界遺産を訪ねてみたいと思っています。


1. City and garden.jpg

世界で最も住みやすい都市


メルボルンは、オーストラリアの南海岸沿いの東寄りにありますが、
「メルボルン」と聞いてどんなイメージをいだくでしょうか。
「地球の裏側」「地の果て」「オリンピックが開かれた街」
(メルボルンでは、なんと1956年にオリンピックが開かれているんです)等々
いろいろあると思いますが、実際には、あまり知られていないのではないでしょうか。
でも、長年住んでみると、気候が温暖で、広々とした街づくりがされていて、
公園が多く、年中様々なイベントが開かれ、食べ物がおいしいと、
たくさんの魅力に溢れた街であることがわかります。

Picture 023.jpg


英国の経済メディア「ジ・エコノミスト (The Economis)」が行った評価では、2011年以来6年続けて「世界で最も住みやすい都市」に選ばれています。
そんなメルボルンを、これから「地球の歩き方」の特派員として、時には厳しい?現実もみつめながら、いろいろな角度から紹介していきたいと思います。
今回は初回ということですので、メルボルンの市街地の概要をお伝えします。


image001.png


評価基準:安定性、インフラ、教育、厚生、環境


出典:http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2016/08/daily-chart-14
出典元:http://www.economist.com/


メルボルン市街地の概要


メルボルンと一口に言っても、実際には2つのことを指します。一つは、中心街、もう一つはメトロポリタンです。
東京がいくつかの区からできているように、メトロポリタンのメルボルンは、31の市から成っています。
人口は約450万人ですが、人口密度は東京の138分の1です。


ゆったりと街中を走る市電


中心街はポートフィリップ湾 (Port Phillip Bay)の近くにあり、
ちょうど京都の町のように碁盤の目のようになっています。
縦・横にそれぞれ9本の通りがありますが、主要な通りのほとんどには市電が走っています。
高層ビルが立ち並ぶあわただしい街の中を、我が物顔でゆっくりと走る市電こそが、
メルボルンを優雅で親しみのある街にしていると言っても過言ではありません。


4. Tram.jpg


グリーン地帯を形成しているヤラ川


街の南側にはヤラ川が流れていますが、川の南東部はグリーン地帯となっていて、
両岸に王立植物園を初めとするいくつかの公園が作られています。
ヤラ川は、そこからメルボルンの街の南側を流れながらポートフィリップ湾に注ぎ込みます。
街からポートフィリップ湾までは、遊覧船が出ていますので、それに乗って周りの風景を楽しむことができます。


3. River.jpg


スポーツ・文化施設


その他、メルボルンには、世界的に有名なF1のレース場「アルバートパーク (Albert Park)」や
テニスの4大国際大会の一つ「全豪オープン」が開かれるスタジアム「ロッド・レーバ・アリーナ(Rod Laver Arena)」
そして、世界中のアーティストがやってくるアーツセンター(Arts Centre)などがあります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年9月23日
« 前の記事「【ごあいさつ】メルボルンからクアラルンプールへ」へ
»次の記事「1日に4つの季節?メルボルンの気象情報」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近
    1年前の同じ月に投稿された記事
    軽食からスイーツまで!夜遅くまでやってるアジアンカフェ
    メルボルンで公共交通に乗る時に必要な交通ICカードmyki(マイキー)
    バラまきみやげにもなる子どもたちに大人気のオーストラリアなスナック菓子
    今年から無料乗車区間が拡大されたメルボルン市内のトラム
    オーストラリアのヴィクトリアンアルプスでスキーや雪遊びを楽しむ

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      Truong 説子
      1977年、当時婚約者だった夫が、オーストラリアに留学することになり移住。最初の8年はアデレード、その後夫の仕事の関係でメルボルンに引っ越。今年で31年。日本とオーストラリアをつなぐ仕事がしたく、日系企業で翻訳・通訳・庶務を担当。趣味は旅行・油絵・執筆・コンサート鑑賞。ブログを通して、メルボルンの魅力を伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UMLv016If5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集