海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 1日に4つの季節?メルボルンの気象情報

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ Truong 説子

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 3日

1日に4つの季節?メルボルンの気象情報


1日に4つの季節?メルボルンの気象情報

10月に入りましたが、10月は花粉症の季節の真っ盛りです。この季節は、8月の終わりに、黄色のワットル (Wattleアカシア属の原生植物)の花が満開になったときから始まります。つらい季節ですが、花が咲く美しい季節なので複雑な気持ちになります。南半球では季節が反対になるので、8月~10月は春にあたります。


1. Wattle tree a.jpg

2. Wattle tree b.jpg



旅をするときに、欠かせない気候・天候チェック。今回は、メルボルンの気象状況をお伝えします。
メルボルンの気候は温暖で、四季がありますが、暦の上では12月~2月が夏、3月~5月が秋、6月~8月が冬、9月~11月が春になります。といっても、冬は実際には6月と7月で、8月になるともう花が咲き始めます。冬の最低気温も5度前後ですから平野部では、氷が張ることもないし、雪も降りません(山岳地帯には3か月くらい、雪が降ります)。夏は少し熱く、40度を超えることもあります。ただ、雨が少ないのでからっとしていて、ほとんど汗をかきません。過ぎしやすいですが、日本とは異なった特徴が3つあります。


山火事の夏

下のグラフは、過去何年かの気温と降雨量の平均値まとめたものです。

weather graph.png

https://australianenvironment.wikispaces.com/Patterns+of+Weather+and+Climate

これを見ると、夏(1月、2月)と冬(6月、7月)の降雨量があまり変わらないのですが、夏は、気温が高いため、降った雨もすぐに蒸発し、空気が乾燥します。気温が40度前後で雨が降らない日が3日以上続くと、山火事が発生しやすくなります。この10年間に発生した山火事で一番大きなものは2009/2/7に起きたもので、173名の死亡が確認され、「ブラック・サタデー」と呼ばれています。残念なことに山火事はこれまで毎年発生しているので、夏の暑い時の山歩きや山でキャンプをするのは、お勧めできません。


一日に4つの季節

もう一つ注意が必要なのが、1日の内で、天気が良く変わることです。そのため、「1日に4つの季節がある」とよく言われます。

例えば、「四季がめぐる」1日のパターンはこんな具合です。

朝      風もなく良く晴れている

昼過ぎ    曇ってくる

1時間後  急に空が暗くなり、大雨が降りだす

夜     雨は止むが朝と比べると、温度が20度くらい下がり冷え込む 


これは、毎日起こるとは限りませんが、春の終わりから秋の初めに掛けてよく見られるパターンです。特に3日くらい40度前後の暑い日が続くと、その後で「クールチェンジ」と言って、急に気温が20度くらい下がり、冷たい風が吹き始めることがあります。暑い日が何位にも続いた後のクールチェンジは最高に気持ちがよいものです。それとは別に、夜になると、真夏でも必ず気温が下がりますから、外出時には上着を持って出なければいけません。移住してからしばらくは、日本でやっていたように衣替えをしようとしていました。でもすぐに意味のないことだとわかりました。夏でも、冬の服を用意して、気温の変化に備えなければいけないからです。最初は慣れないため、外出時にうっかり上着を忘れることが多く、そのたびに風邪をひいていました。


緑の冬枯れ

3. Green and tree.jpg



メルボルンの冬は、日本と比べると、雨が多いです。「寒くて雨」では気がめいるのではと思われるかもしれませんが、一日中しとしとと降る雨ではなく、30分くらいざっと降ってやみ、またしばらくするとざっと降るといったような雨です。「シャワー」と呼んでいます。その合間に太陽が顔を出すので、あまり暗い雰囲気はないのです。返って、湿度が高いので、喉の弱い人にとっては、過ごしやすい気候です。また、前にも書いたように冬の最低気温が5度前後で、それほど寒くないので芝生や草が良く伸びます。落葉樹も冬にはしっかり葉を落とすのですが、緑の芝生の上に葉の落ちた落葉樹が立った状態となり、日本の「冬枯れの美しさ」とは趣を異にします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2016年10月 3日
« 前の記事「世界で最も住みやすい都市、メルボルンから「はじめまして」」へ
»次の記事「メルボルンのシンボル「トラム(市電)」で無料の観光スポット巡り」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近
    1年前の同じ月に投稿された記事
    メルボルンのドラッグストア(ケミスト)で買えるプチプラおみやげ
    家族経営のイタリアンはマンマの味で大人気【メルボルン食探訪】
    新定番スポット!メルボルンスター大観覧車から街を見下ろしてみよう
    オープン以来メルボルンで大人気!小さな路地のマカロン専門店

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/10/22更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      Truong 説子
      1977年、当時婚約者だった夫が、オーストラリアに留学することになり移住。最初の8年はアデレード、その後夫の仕事の関係でメルボルンに引っ越。今年で31年。日本とオーストラリアをつなぐ仕事がしたく、日系企業で翻訳・通訳・庶務を担当。趣味は旅行・油絵・執筆・コンサート鑑賞。ブログを通して、メルボルンの魅力を伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UMLv016If5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集