海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > メルボルンの日帰り旅行なら、歴史とヨットハーバーの...

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ Truong 説子

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月17日

メルボルンの日帰り旅行なら、歴史とヨットハーバーの町、ウィリアムズタウン


メール プリント もっと見る

メルボルンの日帰り旅行なら、歴史とヨットハーバーの町、ウィリアムズタウン

IMG_0595.jpg

メルボルンから西に車で15分くらい行ったところにウィリアムズタウンという町があります。ウィリアムズタウンは、イギリスの王ウィリアム4世の名前にちなんで、「ウィリアムの町(タウン)」ということで名づけられ、1837年に時の総督により正式に承認されました。それ以降港町、そしてゴールドラッシュで移り住んできた人々やヨーロッパから来た移民などの居住地区となっていました。常に労働者階級の住宅地と考えられ、つい30年ほど前までは、あまり注目されていませんでしたが、近年になり、その魅力が認識されるようになり、今では観光地としてだけでなく高級住宅地の一つとして脚光を浴びています。



古い建物が残る歴史の町


ウィリアムズタウンには、歴史を感じさせる100年から150年くらいの古い建物がたくさん残っています。ブルーストーンと呼ばれる濃い灰色の岩をブロック状に切り出し、それを煉瓦のように積み上げて作った重々しい装いの教会やユニークな建築様式の郵便局を初め、メイン通りには2階建ての古い建築様式の建物が昔のままの姿を残しています。教会はまだそのまま教会として使われていますが、そのほかの古い建物は、内装を改築し、レストランやギフトショップとし生まれ変わっています。最近では郵便局もその姿を保ちながら、レストランに改築されました。また、ギフトショップでは、海をテーマにしたものや芸術作品などを売っています。


IMG_0562.jpg

IMG_0564.jpg

ウィリアムズタウンのメイン通り

IMG_0563.jpg

昔は郵便局でしたが、今は、昔の面影を残しながら、屋内はギリシャ料理のレストラン「サントリーニ」に改築されました。ここのギリシャ料理は、おいしくてしかも量がい多いです。

・基本情報

名称 : サントリーニ (Suntorini)

住所 : 1 Parker St, Williamstown, Victoria 3016, Australia

電話 : +61 3 9399 8520

公式サイト : http://www.santorinirestaurant.com.au/





Santorini dinner.jpg



Santorini dinner 2.jpg

4人以上でシェアすると、一人55ドルでセットメニューの食事が楽しめます。


メルボルンの高層ビルが見える風景とヨットハーバー


こんな歴史の残るメイン通りとは対照的に、海側にはモダンなヨットハーバーがあります。そして、メルボルンで唯一、海の向こう側にメルボルン中心街の高層ビルを臨むことのできる場所となっています。また、少し南に降りていくと、今度はメルボルンの東に広がるモーニングトン半島の全貌を見ることもできます。海の向こうに見える高層ビルを背景に、町の東側のジェム桟橋付近には高いマストを立てた白いヨットやボートがたくさん停泊しています。息を呑むほどの美しい風景です。

IMG_0580.jpg

IMG_0576.jpg




海岸沿いにはメイン通りが走っていますが、その両側にはレストランや喫茶店などが並んでおり、シーフードやステーキなどの食事やコーヒーやケーキが楽しめます。おすすめは通りの北の端にある「アンカレッジ」というレストランです。昔のボート小屋をレストランに改築したため、レストランの裏は水辺になっており、内装もボート小屋の特徴を残しています。窓越しにメルボルンの夜景を見ながらの食事はロマンチックな雰囲気でいっぱいです。

11142930_1637613693139356_1175334591_n.jpg

出典元 : https://www.instagram.com/p/BJ46m06gsE2/?taken-at=252443967&hl=en

・基本情報

名称 : アンカレッジ(Anchorage)

住所 : 34 The Strand, Williamstown 3016, Australia

電話 : +61 3 9397 7799

公式サイト : http://www.anchorage.com.au/


メルボルン市街からクルーズでアクセス


ウィリアムズタウンに行くには、レンタカーで行くのが便利ですが、メルボルンの市街地にあるサウスバンクからフェリーに乗って行くこともできます。所要時間約1時間。その間、クラウンカジノ、ボルティ橋、ウエストゲート橋、ドックランズなど川沿いの様々な風景を楽しむことができます。次のオンラインサイト(Viator)で予約がきます。

https://www.partner.viator.com/en/1744/tours/Melbourne/Melbourne-City-and-Williamstown-Ferry-Cruise/d384-3013SIGHTCD

ツアーの名称 : The City and Williamstown Ferry Cruise

料金 :片道22ドル、往復29ドル

乗り場 :メルボルン市内のヤラ川沿いにあるSouthbank Promenadeの5番乗場( Berth No 5)「 Langham Hotel.」の近く。

市内からの出発時刻 : 10:30, 11:30, 12:30, 13:30, 14:30, 15:30

ウィリアムズタウンからの帰りの時刻:11:30, 12:30, 13:30, 14:30, 15:30, 16:30

気を付けなくてはいけないのが、ウィリアムズタウンからの最終便が16:30であるため、ディナをレストランで取りたい場合は、帰りはタクシーを利用した方が良いでしょう。




IMG_0614.jpg

メルボルンの市街地から、車で15分、フェリーだったら1時間で行けるウィリアムズタウンは、歴史を感じさせる古い建物とモダンなヨットハーバーがうまくマッチしたところです。海岸や桟橋から市内の高層ビルを眺めたり、メイン通りを散歩したり、レストランでランチやディナを食べたりと、1日をゆっくり過ごせる観光スポット、ぜひ訪ねてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年12月17日
« 前の記事「メルボルンのレジャー/スポーツイベントの中心、ヤラ川周辺の紹介」へ
»次の記事「メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近
    1年前の同じ月に投稿された記事
    オーストラリアに来たらマクドナルドへ!の理由
    レアなティムタム?パティシエコラボや各スーパー限定フレーバー特集
    日本のパン屋?人気の日式パン屋「Bread Top」とは

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/5/27更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      Truong 説子
      1977年、当時婚約者だった夫が、オーストラリアに留学することになり移住。最初の8年はアデレード、その後夫の仕事の関係でメルボルンに引っ越。今年で31年。日本とオーストラリアをつなぐ仕事がしたく、日系企業で翻訳・通訳・庶務を担当。趣味は旅行・油絵・執筆・コンサート鑑賞。ブログを通して、メルボルンの魅力を伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UMLv016If5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集