海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ Truong 説子

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月29日

メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近


メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近

メルボルンの夏と言えばテニスの全豪オープンですが、2017年の開催は、1月16日(月)~ 1月29日(日)になっています。この期間はオーストラリアの学校が夏休みのため、国外はもちろんのこと国内からも観戦客でにぎわいます。と、かく言うこの私、まだ全豪オープンを見に行ったことがありません。東京に住む人が東京タワーに行ったことがないように(ほんとうでしょうか?)、「いつでも行ける」という安心感がそうさせているのだと思いますが、いつもはもっぱらテレビのお世話になっています。

Tennis, Rod Laver Arena, Australia Open

https://pixabay.com/en/photos/?q=australia+open&image_type=&cat=&min_width=&min_height=



全天候型のスタジアム「ロッド・レーバー・アリーナ」



Melbourne Park 1.jpg

中央に見える白い建物がロッド・レーバー・アリーナ。左に見える円いスタジアムはメルボルン・クリケット・グランド


そんな訳で、全豪オープンは見に行ったことがないのですが、天井が開閉する全天候型のスタジアム「ロッド・レーバー・アリーナ」には行ったことがあります。何で行ったかと言いますと、1997年に日本から曙とか小錦などの大相撲のトップクラスの方々がやってきて相撲とはどんなものかをメルボルンとシドニーで公演してくれたのです。その時は夜の公演でしたから、ロッド・レーバー・アリーナの天井は閉まっていましたが、大きな会場だなと言う印象がありました。公演では、簡単なトーナメントが行われ、大変な盛況でした。それ以来、こちらでは相撲を身近に感じる人が増えたように思います。「アケボノ」というのを自分のニックネームにしたり、Sumo Saladなんていうサラダ屋さんができたり、テレビのコマーシャルで相撲の力士に扮した人が力強く何かを持ち上げたりといった具合です。



メルボルン・パークの発展


さて少し横道それてしまいましたが、メルボルン・パークでのテニスの話に戻りたいと思います。自分のことで恐縮ですが、以前こちらの「日豪プレス」という日本人向けの新聞に通信員としてメルボルンのニュースを寄稿していたのですが、1996年の1月号には「'96全豪オープン開催迫る」という記事を寄稿しています。もう20年も前の話なんですが、その記事を読み直してみると、メルボルン・パークの変遷がわかります。まず「メルボルン・パーク」という名前ですが、以前は「フリンダース・パーク」という名前でした。名前が変わったのはちょうどこの記事を書いた年で、1996年のトーナメントの後に、時の州知事であったジェフ・ケネットが国際的な大会である全豪オープンに併せて、メルボルンの国際性を高めるため、「メルボルン・パーク」という名前に変更したのです。


メルボルン・パークの充実した施設

Melbourne Park 2.jpg

建設当時のメルボルンパークのロッド・レーバー・アリーナ。当時は「センター・コート」と呼ばれていました。


そして、ロッド・レーバー・アリーナですが、このスタジアムも以前は「センターコート」と呼ばれていました。当時このパークにあった施設は、センターコートおよび19面のコートの他に、観客席のあるショー・コートが2面、マッチ・コート8面、クレー・コート1面1500人収容可能な会館、車500台収容可能な駐車場が追加され、全部で30面のコートを持つテニスパークでした。その後、更に改造され、観客席の付いた「ショー・コート1」と呼ばれていたショー・コートが今では、開閉式の屋根を持つ建物に大きく改築され、名前も「マーガレット・コート・アレーナ」と変更されました。これに伴い、もう一つのショー・コートも「ハイセンス・アレーナ」に変名されました。また、ナショナル・テニス・センターが作られ、テニスのトレーニングなどに利用されています。このナショナル・テニス・センターには、屋内コートが8面、屋外コートが5面、イタリアン・クレー・コートが8面あります。現在、メルボルン・パークは隣接のオリンピック・パークと合併して運営されていますが、パーク内の詳細は以下のリンクを参照ください。


https://www.mopt.com.au/arriving-and-access/precinct-map/


メルボルン・パークの今後


さて、以上は現在の状態ですが、メルボルン・パークには更なる開発プロジェクトが計画されています。主な開発内容は、ロッド・レーバー・アリーナの改築ですが、その中には隣接路であるバットマン・アベニューとの間に歩道橋を作り、会場へのアクセスを向上しようという計画があります。


メルボルン・パークへのアクセス


メルボルン・パークには駐車場がありますが、予約をした方が良く、料金は$20。予約なしの場合は$30掛かります。ですので、メルボルン・パークへのアクセスは徒歩、またはトラム(市電)を利用するのが一番でしょう。

【徒歩】

メルボルンの中心地「フリンダース・ストリート駅」から出発すると、ヤラ川の南側の歩道を通って徒歩15分で着きます。


トラム(市電)】

フリンダース・ストリート駅でトラム番号70に乗って、「ロッド・レーバー・アリーナ」停留所で下車。徒歩2分。このトラムは、全豪オープン開催中、チケットを見せると無料で利用できます


全豪オープンの熱戦に期待します


Australia Open.jpg


https://pixabay.com/en/rafael-nadal-australian-open-2012-288554/


今日のニュースで、以前女子のテニスでNo.1にもなったことのあるアナ・イバノビッチがケガのため、テニスのトーナメントから現役引退するという報道がありました。全豪オープンを3週間に控え大変残念ですが、参加する選手の皆さんには、今回も、熱戦を期待したいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り スポーツ・観戦 交通・鉄道・航空
2016年12月29日
« 前の記事「メルボルンの日帰り旅行なら、歴史とヨットハーバーの町、ウィリアムズタウン」へ
»次の記事「愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近
    1年前の同じ月に投稿された記事
    オーストラリアに来たらマクドナルドへ!の理由
    レアなティムタム?パティシエコラボや各スーパー限定フレーバー特集
    日本のパン屋?人気の日式パン屋「Bread Top」とは

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/10/16更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      Truong 説子
      1977年、当時婚約者だった夫が、オーストラリアに留学することになり移住。最初の8年はアデレード、その後夫の仕事の関係でメルボルンに引っ越。今年で31年。日本とオーストラリアをつなぐ仕事がしたく、日系企業で翻訳・通訳・庶務を担当。趣味は旅行・油絵・執筆・コンサート鑑賞。ブログを通して、メルボルンの魅力を伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UMLv016If5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集