海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ Truong 説子

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月 7日

愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情


メール プリント もっと見る

愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情

メルボルンのタバコ事情は、一言で言うと、「愛煙家にとってはかなり厳しい」ということになります。今の職場に入社した30年前、事務所内の私の席の周りでは3人の人がタバコを吸っていました。毎日モクモクとした空気の中で仕事をしていたわけですが、現在のクリーンな状況を考えると、その頃の光景は信じられないほどです。今、職場では屋内は完全に禁煙で、屋外でも所定の場所以外での喫煙は禁じられています。クリーンな空気に慣れてしまったので、二度とたばこの煙が充満した職場では働けないと思います。こうした建物内での禁煙は、オーストラリアに限らず、今や世界的に一般的な傾向にあると思いますが、メルボルンには、もう少し細かい規制があります。

注記 :オーストリアでは、州毎に定める法律が多く、喫煙関係もその一つです。そのためこのブログの内容はメルボルンというよりは、メルボルンの州であるビクトリア州での喫煙に関する法律ということになります。



【喫煙が禁じられている場所】

・自宅以外の建屋内

・電車、市電、バスなどの公共交通機関内

・ホテル全館、全室

 注記 : 一部喫煙者用の客室のあるホテルもあり、バルコニーやベランダで喫煙できるホテルもあります。

・レストランやバーなどの飲食店

・フェスティバルなどで食べ物を取り扱っている露店などでは、露店から10m以内。

 ただし、この屋外での喫煙禁止令は、今年2017年8月1日から有効になります。


また、ビクトリア州では、青少年や高齢者のような弱者がタバコの副次的な被害を受けないよう、更に次のような場所での喫煙が禁止されています。

・学校などの教育機関、病院などの医療機関、政府の諸機関の建物の入り口付近4m以内

・幼稚園、小中高等学校の園庭や校庭

・公共のプール

・監視人がアテンドしているビーチ

・電車や市電、バスなどの公共交通機関の駅や停留所

・未成年者を対象としたイベントの会場

Quit.JPG


出典元 : Quit Victoria (http://www.quit.org.au/)


このほか、政府は、「Quit(やめる)」という機関を作って、タバコを止めるよう、テレビやラジオでキャンペーンを実施したり、禁煙教室などを積極的に開いてより多くの人がタバコを止めるよう勧めています。その効果あってか、Quitの調査によると、喫煙者の率は1980年が36%だったのに対して、2001年は23%、そして2013年には更に13%にまで減っています。


このような禁煙運動に合わせ、タバコの値段は日本よりもかなり高くなっています。

以下、スーパーマーケットのオンラインショップで提示されたタバコの値段の例です。

Tabako price.JPG


このタバコの値段を見て、びっくりされる方も多いと思いますが、オーストラリアのタバコの値段は世界で一番高いそうです。実際、この20年間で、たばこの値段は3.5倍近くも上がりました。それはもちろん、タバコ税が上がったためですが、それを見ても、政府の禁煙への姿勢がどんなに強いかを感じ取ってもらえると思います。


20170107_135905-COLLAGE.jpg

さて、ブログを大体書き終えて、この内容に関する場面を写真に収めようと近くのエリアのショップや公共の建物、公園などを30分ほど車で廻ったのですが、タバコを吸っている人を一人も見かけませんでしたし、禁煙呼びかけのポスターも見かけませんでした。唯一見つけたのが、近くのショッピングセンターの入口に貼ってある禁煙のロゴです(写真参照)。


このロゴの下には入口から5m以内の喫煙を禁止するというコメントが書いてありました。規制ではショッピングセンターの入口付近の喫煙は禁止されていないのですが、経営者が敢えて規制を適応し、更に入口からの距離も実際には4m以内で良いのですが、自主的にさらに1m増やして5mにしたようです。禁煙キャンペーンのポスターを見かけなかったのは、タバコを吸う人がかなり減って、もうあまりキャンペーンを展開する必要がなくなったからだと思います。


以上のように、メルボルンはタバコを吸わない人にとっては天国ですが、愛煙家にとってはかなり厳しい所だと思います。ただ、タバコを止めたいけどやめられない人にとっては、励みになるところのように思うのですがいかがでしょうか。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2017年1月 7日
« 前の記事「メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近」へ
»次の記事「オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々」 へ
おすすめ記事
    メルボルン特派員 新着記事
    「同性愛者の結婚」の国民投票で賛成票6割超過
    メルボルンと日本の時差は何時間?サマータイムとの関係は?
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!②注意事項
    メルボルンの交通事情、日本との違いを知って安全な車の旅を!①交通法規
    メルボルンの菜園地帯にあるウェリビーパーク、誰でも楽しめる観光スポット
    オーストラリアの建国記念日「オーストラリア・デー」、受け止め方も様々
    愛煙家にはかなり厳しいメルボルンのタバコ事情
    メルボルン・パークでの全豪オープン、開催間近
    1年前の同じ月に投稿された記事
    LCCのAir Asia Xのプレミアムフラットベッドに乗ってみた
    電車でいけるメルボルン郊外の穴場的アウトレットモール
    オーストラリア限定発売!日本の低糖質ビール「爽快」
    オーストラリアの夏休みの風物詩!ビーチの移動遊園地と花火

    オーストラリア ツアー最安値


    2018/5/22更新

    オーストラリア 航空券情報


    オーストラリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • メルボルン特派員

      メルボルン特派員
      Truong 説子
      1977年、当時婚約者だった夫が、オーストラリアに留学することになり移住。最初の8年はアデレード、その後夫の仕事の関係でメルボルンに引っ越。今年で31年。日本とオーストラリアをつなぐ仕事がしたく、日系企業で翻訳・通訳・庶務を担当。趣味は旅行・油絵・執筆・コンサート鑑賞。ブログを通して、メルボルンの魅力を伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UMLv016If5

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集