海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 外出できないメルボルン⑥  コロナ禍で日本に帰国

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月17日

外出できないメルボルン⑥  コロナ禍で日本に帰国


外出できないメルボルン⑥  コロナ禍で日本に帰国

1)main.png

メルボルンはステージ4の制限措置が2週間の延長となりました。外出については部分的に緩和されたこともあり、散歩やジョギングをする人たちや公園で遊ぶ子供たちが春の日差しを楽しんでいます。とはいえ、ビクトリア州の州境は閉じられたままで、国際線は減便のため日本はおろか国外へ出ることもままなりません。そんななか日本に帰国した人がいたので、出国から日本入国までの様子を聞いてみました。




■厳しい政府のガイドライン

2)airport.png


9月現在、日本とオーストラリアの直行便は全日空がシドニーと成田/羽田間を週3便運航しているだけの状態が続いています。そんななか、知人でシドニー在住のAさんは日本で就職が決まって日本に帰国することになりました。現在オーストラリア政府はオーストラリア国籍者と永住権保持者の出国は原則的に禁止しているので、政府機関に問い合わせをしたところ「出国許可」が必要であることがわかりました。Aさんは政府が定めたガイドラインに沿って、日本の就職先の雇用契約書といった英文の書類を添えてオンライン申請し、なかでも「3ヵ月以上の海外居住をともなう出国であること」という条件を満たしていたため、翌日には出国許可をEメールで受け取りました。そのあと、念のために日本側での入国手続きに必要な書類などについて在シドニー日本総領事館に問い合わせをしましたが、特に必要はないとの返答でした。




■マスク着用での空の旅

3)airport2.png
出国当日の8月15日、シドニー空港では通常の搭乗手続きと同様に航空会社のカウンターへ行き、Eメールとパスポートなどを見せて航空券を受け取りました。空港内はお店は開いているものの人はいつもの3割程度で、荷物検査・出国審査を終えてゲートへ向かうとお店はまったく開いていません。搭乗口ではソーシャルディスタンシングが厳格に守られ、縦列 (A、B、C......)ごとに搭乗しましたが、搭乗にあたっての乗客への体調確認は特にありませんでした。「乗客は日本人と白人が半々くらいでした。オンラインで席の予約をしたとき、なぜかどこも一列の真ん中席だけが無料で両側が有料だったんです。実際に機内に入ると、ほとんどの人が真ん中席だったので、並んで座れないように工夫されていんだなと思いました」(Aさん)。機内はいつもは満席の路線ですが、各列にひとりしか座っていないような状態だったので全席を使って横になることもできとても快適だったとのこと。ただ、機内乗務員はもちろん、乗客もマスク着用が義務づけられていたのが不便に感じたそうです。





■「陰性」の紙を渡されて

4)doc.png


翌朝、予定通りに羽田空港に到着すると機内で待機するようにとのアナウンスが入り、降機後の検査前後の流れ、入国後の滞在先などの記入用紙、今後2週間の隔離期間中の連絡先記入用紙、不調があった場合の連絡先が記された4種類の書類が配られました。数十分で乗客は飛行機を降り始め、搭乗ゲートに設けられた待機エリアで検査を待ちました。検査エリアは同じフロアにあり、誘導されて順番に移動すると各人が容器と漏斗を受け取ります。壁際に設けられた仕切りのついた場所で唾液を容器に入れ係員に渡すと引き換え番号を渡され、さらに場所を移動して検査結果を待つことになります。「1 ~2時間は待つようなことを聞いていたので覚悟していましたが、30分もしないうちに数人ずつ番号が呼ばれ、各々が別の係員のいる窓口に行くと「陰性」と印刷された紙を渡され、今後の予定について機内で記入した用紙を確認しながら聞かれました」。このエリアに来て初めて、係員はマスクに保護シート越しでの対応となり、それまではどの係員もマスク着用のみだったのが他人事ながら心配だったといいます。





■2週間の隔離とはいうけれど
そのあとは、通常通りに入国審査を受け荷物を受け取りました。空港からの移動手段は1時間ごとに出発する無料シャトルバス(「陰性」用紙を掲示)、帰国者用タクシー、自宅からの迎えで、公共の交通機関利用はできません。Aさんはシャトルバスですでに予約していた隔離用ホテルの最寄り駅まで行き、バスを降りてから徒歩でホテルに着くとチェックインまで(5~6時間)は部屋に入れないとのこと。もらったミールクーポンは近所のカフェやレストランのものでした。「2週間隔離されなきゃいけないのに、出歩いていいの?って思いました」。空港では係員に、直後の滞在先ホテルは告げたものの滞在日数までは聞かれてはいませんでした。「海外からの入国者への2週間隔離を守るつもりで宿泊費にかなりの出費をしましたが、それって結局は一部の業界が潤うだけなんじゃないのかなって思いました。検査が終わって空港を出たら、そのあとはまったく知られようがないっていうのにすごく驚きましたね」とAさん。それでも入国10日後には、保健所からの確認の連絡は携帯に入ったとのことです。



〈写真提供:Aさん〉

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報
2020年9月17日
« 前の記事「外出できないメルボルン⑤  5段階のロードマップを発表」へ
»次の記事「外出できないメルボルン⑦  これは何でしょう?」 へ
メルボルン特派員 新着記事
外出できないメルボルン⑦  これは何でしょう?
外出できないメルボルン⑥  コロナ禍で日本に帰国
外出できないメルボルン⑤  5段階のロードマップを発表
外出できないメルボルン④ 市内の公共交通機関
外出できないメルボルン③ 8月30日は入植記念日
外出できないメルボルン② オーストラリアの簡単おやつ
外出できないメルボルン①  集めてみました、ぜーんぶ「オレオ」
ビクトリア州・夜間外出禁止と店舗の閉鎖へ

オーストラリア ツアー最安値


2020/9/28更新

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • メルボルン特派員

    メルボルン特派員
    加藤 伸美 さん
    神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
    Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集