海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > 都会で自然を満喫

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月19日

都会で自然を満喫


都会で自然を満喫

volcano.jpg 今年2020年は秋から初春にかけてほとんどを屋内で過ごしていたので、春の日差しが一段と眩しく感じられます。ビクトリア州内の移動は制限がなくなったものの、市内の各種屋内施設はまだまだ閉鎖されたままなので、今回は屋外施設の代表ともいえる市内の植物公園を紹介します。メルボルン中心部から徒歩圏内とは思えないほどの広大な敷地内の膨大な種類の植物を眺めながら、少し強めの春の日差しを満喫しましょう。



■州内ふたつの王立植物園
herbal.jpg


ロイヤル・ボタニック・ガーデンは州内に2ヵ所あり、ひとつはメルボルン、もうひとつは市内から車で約1時間南東にあるクランボーンにあります。クランボーンの庭園は公共の交通機関では不便ですが、オーストラリアの大自然を体感できる15ヘクタールもの敷地に「オーストラリアン・ガーデン」や数々のウォーキング・自転車のトラックがあり、アウトドア派におすすめです。一方、メルボルンの庭園は市内の南約2kmのところにあります。バスやトラムなどの公共の交通機関でも簡単に行けますが、時間と体力に余裕があって天気がよければ、舞台やコンサートなどで有名なアートセンターやアートギャラリーの並ぶ「芸術地区」を通り過ぎ、緑豊かなキングス・ドメイン、シュライン・オブ・リメンバランス(戦没慰霊塔)を通って徒歩で向かうのがおすすめです。今回、筆者は数年ぶりに訪れてみましたが、コロナウイルスの制限措置で屋内施設やエリアが閉鎖されていたり、遊歩道が一方通行になっていたりするほかは、人々がピクニックをしたり、野鳥が散歩をしていたり、そしてもちろんよく手入れされた植物が青々としていて都会のオアシスは以前と変わりありませんでした。



■もとは先住民族の聖なる場所


lake.jpg



1835年にヨーロッパ人の開拓団がビクトリア州に初めて上陸した頃、メルボルンの周辺には先住民族が住んでおり、現メルボルンのボタニック・ガーデンは彼らのための「特別な場所」として保護されました。そのあと1846年に湿地帯を利用して開園し、現在38ヘクタールの敷地内に約8500種、約5万本の植物が生育しています。開園時間は午前7時30分から日没までで、のんびりまわるなら半日かかりますが、正門正面のインフォメーションセンターへ行けば、園内地図とともに主要ポイントを親切に教えてくれます。園内にはツバキ、バラ、ソテツ、サボテン、熱帯植物、ハーブ、ニュージーランドや中国南部の植物などがエリア別に生育するほか、野鳥がのんびりと散歩をする姿も見られます。広い芝生の上でピクニックをするのが定番ですが、カフェやレストランのテーブルで植物を眺めながらひと息つくのもいいでしょう。また園内ウォーキングツアーや湖上の小舟ツアーもあり、夏季は屋外映画観賞会や各種公演でサマータイムを満喫できます。



■子供から大人まで満足できる


punt.jpg
見どころ豊富な園内のハイライトは、庭園内の貯水のために建設された「ギルホイルズ・ボルケーノ」。現在では「ワーキング・ウェットランド」という景観プロジェクトのひとつとして修復・復元されており、貯水池を取り巻くように設置されたボードウォークを含むこのエリア一帯には多肉植物が植えられています。見たこともないような花や形のサボテンは圧巻で、頂上からは市内のビル群を望むことができます。また、円筒形のユニークな形の建物「ナショナル・ハーバリアム」は、州内最古の科学教育機関で、世界中から集めた約150万種の植物、藻類、菌類の乾燥標本や資料が揃っています。館内での閲覧だけでなくデータベース検索もでき、専門家に幅広く活用されています。子供連れなら「チルドレンズ・ガーデン」が楽しいでしょう。エリア内には湿地帯や竹林、小川、野菜畑、オーストラリア絵本のキャラクターの銅像などが配置され、ワークショップやイベントなど子供たちが自然に親しめるホリデープログラムが用意されています。




■先住民の生活体感ツアーも


ferngully.jpg
さて、筆者のおすすめは「ファーン・ガリー」「アリッド・ガーデン」「トロピカル・グラスハウス」と「アボリジナル・ヘリテージ・ウォーク」です。ファーン・ガリーは「小渓谷」の名前のとおり、シダ類が茂る雨林のなかを小川のせせらぎを聞きながら散歩でき、真夏でも空気が冷んやりしています。アリッド・ガーデンは新しいエリアで、世界中から集められた3000種のサボテンをメルボルン市内のビル群を背景にフォトジェニックな1枚が撮れそうです。「トロピカル・グラスハウス」には、珍しい熱帯性植物が並んでいます。とくに世界最大の花と言われるタイタン・アラム(和名:ショクダイオオコンニャク)が5年前に開花したときは話題になり、開花中の数日間は多くの人が訪れました。温室内は常に高温多湿なので、冬場の来園の際はちょうどいい避難場所になります。また、土曜日以外毎日催行されている「アボリジナル・ヘリテージ・ウォーク」は、自然を敬い自然とともに生きてきた先住民族アボリジニーたちの生活を、園内の植物を通して体感することができるオーストラリアならではのツアーです。


cactas.jpg


現在ロイヤル・ボタニック・ガーデン内の施設やツアーには制限がありますが、ウェブサイト内のバーチャル・ツアーで楽しむことができます。


■Royal Botanic Garden:Birdwood Avenue, Melbourne, VIC, 3000


〈参考サイト〉

http://www.rbg.vic.gov.au/
https://www.visitvictoria.com/regions/Melbourne/Things-to-do/Nature-and-wildlife/Parks-and-gardens/Royal-Botanic-Gardens-Victoria-Melbourne-Gardens

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年11月19日
« 前の記事「時を刻む5つのアーケード」へ
»次の記事「オーストラリアでペットの最期を考える」 へ
メルボルン特派員 新着記事
オーストラリアでペットの最期を考える
都会で自然を満喫
時を刻む5つのアーケード
半年ぶりの外食は飲茶で
外出できないメルボルン⑫  祝・コロナ禍制限措置解除!
外出できないメルボルン⑪  いよいよ新規感染者ふたりに
外出できないメルボルン⑩  ウィルソンズ・プロモントリー国立公園
外出できないメルボルン⑨  コロナ禍でのビジネスの変化

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • メルボルン特派員

    メルボルン特派員
    加藤 伸美 さん
    神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
    Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集