海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > フォトジェニックなビーチ・ボックス

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年5月10日

フォトジェニックなビーチ・ボックス


フォトジェニックなビーチ・ボックス

main.jpg 白い砂浜に並ぶ色とりどりの木製の小屋「ビーチ・ベイジング・ボックス(Beach Bathing Box)/ビーチ・ボックス(Beach Box)」は、メルボルンのガイドブックや写真集などでもすっかりおなじみです。ベイジング・ボックスで有名なビーチは州内にいくつかありますが、ブライトン(Brighton)は市内から気軽に行けるので観光客にも人気です。海外旅行が自由になりメルボルンを訪れたら、電車や車に飛び乗ってぜひフォトジェニックな1枚を撮りに行きましょう。


■メルボルン市内から電車

1.jpg

ビーチ・ベイジング・ボックス/ビーチ・ボックスは、日本で例えれば「個人所有の海の家」です。2m四方程度の小さな木造の小屋が、鮮やかな色に塗られているのが特徴です。メルボルンの流れるヤラ川の河口にあたるポート・フィリップ・ベイ(Port Phillip Bay)内には、1860棟のビーチ・ボックスやボートシェッド(Boatshed、ボート小屋)があるそうです。なかでも有名なのがブライトンとモーニントン(Mornington)半島ですが、とくにブライトンはメルボルン市内から電車で30分弱と近いため、海水浴や写真の撮影スポットとして年間を通じて人気です。


■海岸沿いをドライブしても

4.jpg

ブライトンへは、市内からはフリンダース駅からサンドリンハム(Sandringham)線に乗り、ブライトンにあるミドル・ブライトン(Middle Brighton)駅で下車します。ブライトンは美しいビーチと有名校、高級住宅地で知られる海沿いのサバーブで、チャーチ(Church)・ストリートを始めとする商店街には、高級ブティックやグルメ食材店、おしゃれなカフェやレストランが並んでいます。駅を出て15分ほど西へ向かって歩くと白砂の美しいビーチが広がっており、ビーチ・ボックスが並ぶのはデンディー・ビーチ(Dendy Beach)一帯です。公共の交通機関なら、観光地として有名なSt.Kilda(セントキルダ)から路線バスでも行けます。レンタカーならセントキルダ~エルウッド(Elwood)~ブライトンとビーチ沿いの33号線を南下するドライブがおすすめです。


■個人の「着替え場所」として

3.jpg

デンディー・ビーチに並ぶビーチ・ボックスは現在96棟。その歴史は古く、1860年代まで遡ります。当時は通りを水着姿で歩くこともビーチで着替えることも禁止されていたため、「着替え場所」として個人でビーチに小屋を建てたのが始まりと言われています。第一次大戦後、ビーチに点在する小屋が荒れ放題になっていたことから、1932年に一ヵ所にまとめて補修・管理することになり、集められたのがデンディー・ビーチでした。その後、ポート・フィリップ・ベイ湾岸に点在するビーチ・ボックスの撤去や解体は進みましたが、ブライトンにはブライトン・ベイジング・ボックス(Brighton Bathing Box Association)という団体が設立され、地元の人たちと協力してビーチ・ボックスの保護と管理をしていくことになりました。


■地元在住者のステイタス

2.jpg

ビーチ・ボックスの外壁の色や模様はさまざまですが、建物のサイズは2m×2.4m、高さ2m、横板張りの壁にトタン屋根の木造建築と100年以上前の規格が守られており、電気、ガス、水道はなく、居住、賃貸も許可されていません。所有できるのは地元居住の地方税納税者のみなので(残念ながら外国に住んでいる人は買えません)、地元居住者の家族や親族間で引き継がれていくことが多く、不動産物件として市場に出ることはほとんどないようです。それでも、年に数棟売りに出される価格は30万ドル前後と言われ、2018年のオークションでは33万7000ドル(約2900万円、2021年5月10日現在)の史上最高値がつき話題になりました。

フォトジェニックなビーチ・ボックスは、ブライトン在住者のステイタスでもあるのです。

〈参考サイト〉

・URL: https://www.bayside.vic.gov.au/brighton-beach-bathing-boxes

・URL: http://www.brightonbathingbox.org.au/

・URL: https://www.therealestateconversation.com.au/news/2018/08/28/should-you-invest-beach-box/1535417470

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2021年5月10日
« 前の記事「過去を忘れないための「アンザック・デー」」へ
»次の記事「ストリート・アート 人編」 へ
メルボルン特派員 新着記事
ミニチュアトイを集めよう
感染者数増加のなかロードマップを発表
長引くロックダウン、進むワクチン接種
ロックダウン6.0
メルボルンでもアウトレット
オーストラリアのMチョコ事情
メルボルン4度目のロックダウンへ
ストリート・アート 人編

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • メルボルン特派員

    メルボルン特派員
    加藤 伸美 さん
    神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
    Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集