海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > メルボルンでもアウトレット

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年7月21日

メルボルンでもアウトレット


メルボルンでもアウトレット

south gate.jpg

昨冬はコロナ禍の長引く外出制限措置(ロックダウン)でショッピングもままならず、すっかり寂しくなってしまったワードローブ。6月の半期に一度のバーゲンセールは見逃してしまったので、冬物衣料の買い出しにいつでもバーゲン価格のアウトレットへ行くことにしました。州内には大型アウトレットモールが4ヵ所ありますが、今回は観光の途中や帰途直前にも行かれる市内再開発地区に位置する2店舗を紹介します。ヤラ(Yarra)川沿いを散歩しながら、のんびりショッピングの一日もいいですね。と思っていたら、メルボルンは5度目のロックダウンが延長となってしまいました。


■海運業で栄えたウォータフロント

polywoodside.jpg


大型アウトレットモールチェーンのディー・エフ・オー(DFO=Direct Factory Outlet)は国内に7ヵ所あります。そのうちビクトリア州内には4つあり、メルボルン市内には利便性のいいサザンクロス(Southern Cross)駅と、観光スポットとしても人気のサウス・ワーフ(South Wharf)にあります。大きな駐車場もあるので車で行くのが便利ですが、相互に徒歩でも15分程度なので、ヤラ川沿いを散歩しながらふたつを一度に行くのがおすすめです。公共の交通機関なら、フリンダース通り(Flinders Street)とスペンサー通り(Spencer Street)の角でトラムを降り、ヤラ川を渡るとサウス・ワーフです。ヤラ川の河口にあたるドックランド(Dockland)、サウス・ワーフと呼ばれるこの辺りは、19世前半にデューク造船所を中心にオーストラリア最大の造船業地帯として栄え、1990年代にウオータフロントとして開発が進みました。



■国内外のブランドが140店舗以上

DFO.jpg


ヤラ川を右手にしながらデッキを歩いていくと、近代的なコンベンション・センターを背に、19~20世紀に活躍した貨物帆船ポリーウッドサイド(Polly Woodside)のレプリカと当時の水力発電所が展示されています。倉庫を再利用した飲食店並ぶサウス・ワーフ・プロムナードを歩いて行くと、左手に見えてくるのがディー・エフ・オー・サウス・ワーフです。カルバンクライン、ノースフェース、プーマ、アディダスなどの有名ブランドのほか、ビラボン、オロトン、アグブーツなどのオーストラリアのブランドが地階と1階に140店舗以上入っています。2階は日本への持ち帰りには不向きですが、家具や電化製品のメガストアが入っていて、週末には地元の人たちでにぎわっています。旅行者用の特別割引もあるので、出発前にウェブサイトのQRコードで登録しておきましょう。


■DFO South Wharf: 20 Convention Centre Place, South Wharf, Melbourne, VIC 3006




■重要拠点サザンクロス駅の隣り

southern cross station.jpg


プロムナードを戻ってクラレンドン通り(Clarendon Street)まで来たらヤラ川を渡り、高架下をくぐってそのまま真っすぐ緩い坂を上って行くと、左手にサザンクロス駅に隣接するスペンサー・アウトレット・センター(Spencer Outlet Centre)が見えてきます。2006年のコモンウェルス・スポーツ大会に合わせて作られたサザンクロス駅は、うねるような屋根にはめ込まれたガラスが特徴的な近未来的なデザインの駅舎です。16面のプラットホームは長距離列車のオーバーランド(Overland)やヴイ・ライン(V Line)の発着地と知られるほか、空港シャトルバスや中長距離バスのターミナルもあり、州内外からの利用客の重要拠点となっています。




■オーストラリアのブランドが豊富
Spencer front.jpg


アウトレットの入口は長いエレベーターを上がって2階にあります。100以上のブランドがワンフロアにループ状に並んでいるので、効率よく買い物ができます。日本でも知られているブランドよりも、オーストラリアのファッションブランドがさらにバーゲン価格になっていま す。とくに百貨店のハリス・スカーフ(Harris Scarf)、US発のディスカウント衣料店ティーケー・マックス(TK Max)、オーストラリア発祥のファストファション、コットン・オン(Cotton on)のメガストアが入っています。地上階のバスターミナルには大型荷物用のロッカーも完備しているので、空港へ向かう前に荷物を預けて買い忘れのおみやげを探しに立ち寄ることもできます。


■Spencer Outlet Centre: 201 Spencer Street, Docklands,Melbourne,VIC 3008



〈参考サイト〉

・URL: https://southwharfmelbourne.com.au/

・URL: https://www.south-wharf.dfo.com.au/

・URL: https://www.onlymelbourne.com.au/south-wharf-promenade

・URL: https://www.https://southwharfmelbourne.com.au/history

・URL: https://https://www.railway-technology.com/projects/southerncrossrailway/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2021年7月21日
« 前の記事「オーストラリアのMチョコ事情」へ
メルボルン特派員 新着記事
メルボルンでもアウトレット
オーストラリアのMチョコ事情
メルボルン4度目のロックダウンへ
ストリート・アート 人編
フォトジェニックなビーチ・ボックス
過去を忘れないための「アンザック・デー」
国民的ビスケット「ティム・タム」
フリンダース・ストリート駅いろいろ
1年前の同じ月に投稿された記事
ビクトリア州・新型コロナウイルス感染者数増加で再び外出制限
ビクトリア州メルボルン、冬だからこそ行きたいおすすめスポット

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • メルボルン特派員

    メルボルン特派員
    加藤 伸美 さん
    神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
    Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集