海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > メルボルン特派員ブログ > ロックダウン6.0

オーストラリア/メルボルン特派員ブログ 加藤 伸美 さん

オーストラリア・メルボルン特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月17日

ロックダウン6.0


ロックダウン6.0

1chaddy.png

2021年8月5日夜から6度目のコロナウイルス感染防止対策のロックダウン(外出制限措置)下のメルボルンは、当初予定していた1週間の期限を7日間延長していましたが、数時間前にさらに2週間の延長と制限内容の強化が発表されました。昨年の約4ヵ月間にわたる厳しいロックダウンの後、メルボルンは少しずつコロナ禍前の生活に向けて動き始め、4月にはマスク着用も人数制限もない元通りの社会活動を始めていました。自粛に頼る日本とロックダウンを繰り返すメルボルン、終息のカギはやはりワクチン接種なのでしょうか。


サーキット・ブレイカーのはずが

glen.jpg 今回のロックダウンは当初、感染力の強さと感染速度の速さが懸念されるデルタ株新規感染者8人のうち3人の感染経路が不明なため、サーキット・ブレイカー(遮断措置)として7日間の予定で始まりました。5日昼過ぎの保健省の記者発表を受ける形で当日午後4時にダニエル・アンドリュー州知事の記者発表が開かれ、当日午後8時からの実施という異例の早さにデルタ株の脅威を感じました。今回の制限内容では、外出範囲を自宅から半径5km以内としたうえで、5つの外出理由①食料品などの生活必需品の買い物(1世帯1日1人1度まで)②介護、受診③許可された通勤・通学④屋外での運動(1日2時間以内。同伴者は1人まで)⑤ワクチン接種、のみが認められています。また、自宅訪問、屋内外での集会は禁止、ジムやプール、図書館などの屋内施設の閉鎖、飲食店は持ち帰りのみとなっています。


■伸び悩むワクチン接種率

3tramstop.png 7月中旬に始まった今年3度目(昨年から通算5度目)、14日間のロックダウンが無事に解除され感染者ゼロとなった矢先での今回の措置は、筆者も含めてほとんどの人にとって予想外のものでした。ダニエル・アンドリューズ州知事の発表に記者からは厳しい質問が飛び交いましたが、「ビクトリア州民のワクチン接種率20%という現実では、ロックダウン以外の方法がないでしょ。接種率が60、80%と上がれば選択肢も増えてくる。ロックダウン以外の方法も見つけられるということです」と伸び悩むワクチン接種率に知事もいら立っているようでした。また、州内一部の地域の下水処理施設からウイルスが検出されていることも、今回の措置の理由となっています。5日夜にはメルボルン市内で反ロックダウンのデモも行われ、警官隊との衝突で負傷者も出ました。


QRコードで感染経路追跡

2coles.png

ビクトリア州のコロナ感染対策は市中感染者数をゼロに抑え込むことで、海外や州外からの入州者には厳格な隔離措置が取られています。また市中の感染拡大を防ぐために7月から義務化されたQRコードが大きな役割を果たしています。それまで各店舗で違うアプリでの読み取りをしていたものが、5月からは州政府が新しく開発したシステムに一本化され追跡調査が容易になりました。店舗の入口では係員がマスクと消毒薬を持って見張りをし、読み取りをしていない人(入店期間にかかわらず)を見つけて読み取りを促すほか、読み取りができない人たちは名前と連絡先を記帳しなければなりません。QRコードの設置をしていないビジネスは罰金を科せられ、利用者が拒否した場合は入店を拒否することができるという徹底ぶりです。


■感染可能地域は2週間で530件に

新規感染者が確認されると、感染者の入店時間帯と場所が州政府の専用サイトに「感染可能地点(Exposure Site)」として地図とリストで随時更新され、SNSでもアップされます。リストは緊急度別に、①リストに掲載された場所、日時に訪問した人はただちに14日間の自己隔離をして検査を受ける②リストに掲載された場所、日時に訪問した人はただちに検査を受け陰性の結果が出るまで自己隔離をする③症状を観察して症状があれば検査を受け陰性の結果が出るまで自己隔離をする、の3つに分かれています。今回もロックダウン開始当初は十数件だったリストは2週間後の現在で530件にまで増えています。そして検査とワクチン接種を奨励し、感染経路の不明なものについては感染拡大を防止するために早急なロックダウンで人の流れを遮断するというのが、これまで行ってきた州政府の対策です。

この記事をアップしていた16日、過去24時間の新規感染者22人、うち感染経路不明者5人が判明したことから、州政府はさらなる2週間の延長と制限内容の強化を発表しました。17日午後11時59分から、夜間(午後9時~午前5時)の外出禁止、通勤時の就労許可証の携帯、屋外遊具施設の閉鎖が加わりました。州内の2回目のワクチン接種完了者は未だ26%に留まっています。


〈参考サイト〉
https://www.abc.net.au/news/2021-08-05/victoria-covid-19-lockdown-restrictions-tightened-/100352444
https://www.coronavirus.vic.gov.au/covid-19-vaccine-data
https://www.dhhs.vic.gov.au/victorian-coronavirus-covid-19-data
https://www.theguardian.com/australia-news/datablog..
https://www.vic.gov.au/coronavirus-covid-19-information

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2021年8月17日
« 前の記事「メルボルンでもアウトレット」へ
»次の記事「長引くロックダウン、進むワクチン接種」 へ
メルボルン特派員 新着記事
ミニチュアトイを集めよう
感染者数増加のなかロードマップを発表
長引くロックダウン、進むワクチン接種
ロックダウン6.0
メルボルンでもアウトレット
オーストラリアのMチョコ事情
メルボルン4度目のロックダウンへ
ストリート・アート 人編
1年前の同じ月に投稿された記事
外出できないメルボルン③ 8月30日は入植記念日
外出できないメルボルン② オーストラリアの簡単おやつ
外出できないメルボルン①  集めてみました、ぜーんぶ「オレオ」
ビクトリア州・夜間外出禁止と店舗の閉鎖へ

オーストラリアとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

オーストラリア 航空券情報


オーストラリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オーストラリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

オセアニアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • メルボルン特派員

    メルボルン特派員
    加藤 伸美 さん
    神奈川県藤沢市出身。1999年に結婚を機に来豪し、パース、シドニー、メルボルンと転居。以来ライター兼翻訳者として働きながら、実はパティシエへの野望を抱いて資格を取得。大昔に旅行記、少し昔に翻訳児童書を出版。数年前から学生時代の続きとして海外旅行を再開し、おもに現地発着ツアーへの参加を趣味としている。特技は似顔絵ケーキ作りで、オーストラリアのスイーツに造詣が深い。
    Instagram: https://www.instagram.com/noboo2017/ DISQUS ID @disqus_5AFVjJFvWv

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集