海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/三重特派員ブログ

日本国内/三重特派員ブログ な*る

日本国内・三重特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

日永の追分(道と水のスポット)
 
 
先日、【日永の追分】に行ってきました。
水先案内人(その名のとおり、水のスポットもありました)は、このあたりに詳しいN.Oさん。
心強い相棒を得て、いざ! 【日永の追分】へ。
 
 
IMG_08001.jpg
  
 
「追分」とは......道がふたつに分かれる場所をさした言葉。
街道の分岐点も意味しています。
甲州街道と青梅街道の分岐点である新宿追分など、各地に追分の地名が残っています。
 
 
「日永の追分」......江戸時代の街道の王道中の王道である東海道と伊勢街道の分岐点です。
東海道から歩いて行って「日永の追分」にたどり着いたら、左に行くと伊勢神宮へ繋がる道。
右に行くと京都や大坂(大阪)に通ずる道。
 
 
IMG_0799.jpg
 
 
東海道五十三次の四十三番目の宿場町として栄えた四日市にあるここ追分は、王道・東海道、そして当時大流行していたおかげ参りで有名な伊勢神宮への道との分岐点ということで多くの人々がここを通過して行ったに違いありません。
江戸(東京)にも京(京都)や大坂(大阪)にも伊勢にも行く道への魅力的な分岐点。
 
 
IMG_0794.jpg
 
この石碑文には、神宮遥拝鳥居の経緯が書かれています。
江戸時代、江戸に店を持つ当地出身の方が東海道を行き来するなか、参宮街道との分岐点にである日永の追分に鳥居がないことを遺憾に思い、尽力をつくして寄付を集め、この地に鳥居を建立された模様やその後が記載されています。
 
 
IMG_0550.jpg
 
 
IMG_0553.jpg
 
その思いを形にした鳥居。
実は伊勢神宮に昔あった鳥居を式年遷宮時にもらい受けたという代物。
つまり伊勢を想うこの鳥居は本物の伊勢神宮の鳥居でした。
ずっとこの地を見つめて来た鳥居でもあります。
 
 
時代は江戸。
大ブームであったおかげ参りの伊勢神宮は一生に一度は行きたい場所として有名でした。
多くの人々の夢であった伊勢神宮参拝。
しかし大半は夢で終わります。
そのなかで東海道を道行く人々も同じでした。
同じ夢を見て、しかし同じく参拝する機会がない。
この東海道と伊勢神宮に通ずる伊勢街道の分岐点「日永の追分」に鳥居を配することで、伊勢神宮参拝と同じご利益があるようにとの想いがあったようです。
忙しく東海道を行き来する人たちがこの鳥居を通じて、はるか彼方にある伊勢神宮参拝の夢を叶えたそうです。
 
 
IMG_0540.jpg
 
「日永の追分」は鳥居をくぐると真ん中あたりに湧水が出ている箇所があります。
 
 
IMG_0546.jpg
 
ついに(水のスポット)に到着しました。
湧水がふんだんに流れ落ちています。
 
 
地元の人々がたくさん訪れる名水スポットのようです。
周辺の丘陵地から引いてきた水が(もったいないくらいに)ずっと流れ出ています。
 
 
触ってみるとひんやりと冷たい。
横の柱には水の成分表もありました。
飲んでもおいしいとのこと。
多くの人たちが湧水目当てにここを訪れるそうです。
むしろいまは史跡に勝るとも劣らないくらい、水のスポットとして有名だそうです。
 
 
IMG_0552.jpg
 
 
道と水のスポットである【日永の追分】
ここは同時に東海道と伊勢神宮を結ぶ歴史的な史跡でした。
江戸時代から多くの人たちが伊勢への憧れや希望を持ったパワースポットでもありました。
 
 
水先案内人の地元N.Oさんとの旅は続きます(ご協力ありがとうございました)。
 
次回はあの有名なパワースポットかつ美しい椿神社へ。
そのあとは旧街道・関宿も予定しています。
 
 
今後もさまざまなところを紹介していく予定です。
また三重県ブログをよろしくお願いします。
 
 


2020年10月22日

・・・
・・・
ゆるキャラグランプリにも登場し、何かと話題を振りまいた【こにゅうどうくん】。
・・・
・・・

IMG_9733.jpg

(こにゅうどうくん)
・・・
・・・
なみいる(ゆるキャラ)達に勝るとも劣らない個性の持ち主です。
お父さんは大四日市まつりの名物・日本一大きいカラクリ人形【大入道】。
因みにお父さんの【大入道】は不思議な言い伝えを持っています。
・・・
・・・
むかし、むかしの大昔、四の付く日ごとに立つ市がしだいに大きくなり、商いをする人たちが住み着いて町になっていったのが始まりの四日市。
・・・
・・・
【こにゅうどうくん】のお父さんはその四日市の反物屋さんにある日突然現れた妖怪なのです。
善良な妖怪であったようで、突然現れ、お店を手伝い始めます。
そしてお店は遠方からも買い物客が来るほどの大繁盛になりました。
しかし、ある日、妖怪の正体がばれて姿をくらまします。
その行方不明の大男であった妖怪の無事を願って作られたのが四日市祭りで使われる【大入道】のからくり人形だそうです。
人々に愛されていた妖怪なのです。
・・・
・・・
別の説ではいたずらをしていたタヌキを追っ払う為に作られたとも言われています。
どちらにせよ、人間を味方している妖怪のようです。
・・・
・・・

IMG_7886.jpg

(こにゅうどうくんのお父さん【大入道】。駅前商店街にて。)
・・・
・・・
お父さんの【大入道】と6歳児の息子【こにゅうどうくん】の縞の着物はお揃いですね。
・・・
・・・
こにゅうどうくんは市制100周年の記念に公募で生まれた四日市の大スター。
お父さんの【大入道】と共に四日市の象徴です。
永遠の6歳児は四日市市内のいたるところで出会うことが出来ます。
商店街の入り口だったり、百貨店や駅周辺やスーパーなどでもこにゅうどうくんを発見することが多く、四日市に溶け込んだマスコットキャラクターです。
・・・
・・・

IMG_9224.jpg

(近鉄四日市駅の改札にいる萬古焼の【こにゅうどうくん】)
・・・
・・・
また四日市といえば、日本四大工業地帯・中京工業地帯の中でも四日市・石油化学コンビナートなどが有名です。
他には焼き物・萬古焼の産地。
この四日市のシンボリックな建物にも【こにゅうどうくん】や萬古焼を発見。
道路からはもちろん、近鉄電車・四日市駅近くの沿線上でも見ることが出来ます。(近鉄大阪線方向→四日市駅)
・・・
・・・

IMG_9304.jpg

(四日市の象徴である石油コンビナートや四日市港などが【こにゅうどうくん】と共に描かれています。)
・・・
・・・

IMG_9303.jpg

(【こにゅうどうくん】と萬古焼も描かれています。他にも伊勢茶など。)
・・・
・・・
この辺りでは【こにゅうどうくん】を知らない者はいない位の有名人です。
また、その伸びる長い舌を伸ばしたいことを願いながら触ると、願い事が叶うといわれています。
・・・
・・・

IMG_0032.jpg

(四日市駅ビル1階南側にある四日市物産観光ホールにいる【こにゅうどうくん】。ここは四日市の観光案内所です。)

・・・
・・・

IMG_0044.jpg

(東海道53次の43番目に宿があった四日市。【こにゅうどうくん】と共に街中・東海道の通り道に旗。)


2019年3月16日

・・・
・・・
・・・
お久しぶりです。
三重県ブログの更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
この春、新しい門出を出発された方もいらっしゃると思います。
大変お世話になった方もそうでした。
そしてなんと私も突然、新天地に。
忙しい日々があっと言う間に過ぎて、すっかり更新が遅れてしまいました。
・・・
・・・
ブログを読んで頂いている方々も含め、新しい出発がお互い良いものでありますよう願っています。
・・・
・・・
今回は三重県で有名な大遠会館(まぐろレストラン)に行ってみました。
・・・
・・・
ある日、このレストランの写真と情報を友人から入手。
実はかなり前のお話なのですが、今回やっと多忙な日々を抜け出して、念願の(まぐろレストラン)にたどり着くことが出来ました。
・・・
・・・
(こちらが提供して頂いた写真3点)
・・・

IMG_8270.JPG


・・・

IMG_8269.JPG

・・・

IMG_8268.JPG

・・・
・・・
写真通りのまぐろレストランに到着すると、三重県でも有名なお店のお昼時もあって、大変、混雑していました。
四日市港に程近い国道23号線にあるそのお店は、駐車場は満杯で既にずらりと行列が出来ていました。
・・・

IMG_8208.jpg

・・・
築40年以上のお店はレトロ風と言うよりもレトロそのもの。
そう例えるならば、昭和の頃、海水浴や潮干狩りに行った帰りに立ち寄った海の家に近い大衆食堂といった面持ちでした。
昭和生まれの方(明治生まれ?大正生まれ?も)なら、なんとも懐かしいような、今はセピア色の写真でしかお目に掛からないような佇まいのレストランです。
・・・

IMG_8209.jpg

・・・

列に並んでいると、やっとのことで順番が回ってきました。
どれも美味しそうで迷います。
店頭にあるショーケースの豊富なメニューの中から、何を食べるのかと決めた後、手売りのチケットを購入しました。
有名店ということで、テレビ局の取材や有名人達の色紙も見えます。

・・・

IMG_8210.jpg

・・・

IMG_8212.jpg

・・・

IMG_8217.jpg

・・・
・・・

チケットを食堂の方に渡します。

・・・
・・・

中とろまぐろ丼
・・・

IMG_8223.jpg

・・・

IMG_8224.jpg

・・・
・・・
(中とろまぐろ丼なので、当たり前なのですが・・・)鮪、まぐろ、そうマグロなのです。
マグロがてんこ盛り。存在感のあるマグロ。
もちろん、美味しいです。
しゃり(ご飯)の部分は、チケット購入時に酢飯または白ご飯を選ぶことが出来ます。
今回は、中とろまぐろ丼は白ご飯、海鮮丼を酢飯で注文しました。
熱い白ご飯にまぐろ尽くしとワサビ、そこに醤油・・・口の中でマグロがとろけていきます。
お代わりしたい位に美味しい・・・。
・・・
・・・
ちなみに余談ですが、お茶はセルフサービスで煎茶、ほうじ茶をHOTまたはCOOLで選ぶことが出来ます。
お隣のテーブルの方は、お料理が来る前に牡蠣フライをビールで堪能されていましたが・・・。
また沢庵のお漬物は取り放題です。
・・・
・・・
大人気・名物料理の海鮮丼定食
・・・

IMG_8211.jpg


・・・

見ての通りのゴージャスな内容の海鮮丼。
イカに海老にマグロ、マグロのたたき身、ビン長マグロ、赤貝、ホタテ貝柱、大葉にワサビ。
この内容(ボリュームや種類、新鮮さ等)で1000円のお値段はお値打ちもの。
中とろまぐろ丼と同じくつみれ(マグロを叩いてお団子にしたもの)が入ったお味噌汁と、店内でもお土産品で売っているマグロのそぼろが小鉢で付いていました。
こちらは酢飯で頂いたのですが、豪華ちらし寿司のようでした。
・・・
・・・
昭和三十数年頃から昭和四十数年頃、四日市港にまぐろの遠洋漁業の基地があったそうです。
遠洋漁業で捕れたマグロの水揚げをする漁師の宿泊兼食堂として(まぐろレストラン)は始まったとのこと。
今では漁師のみならず、長距離トラックの運転手の方や様々な仕事に従事されている方々の食事と休息の場として人気のあるレストランとなりました。
もちろん、仕事合間の利用客だけではなく、家族連れやカップル、友人連れ、バイク・ツーリングやドライブの休憩、観光ついで等、老若男女問わず憩いのお食事処となっているようです。
・・・
・・・
手軽でしかもお財布に優しい価格帯ですが、内容は今流行りのB級グルメをも越える本格派。
(確かにお仕事柄、津々浦々の美味しいところは熟知している長距離トラック運転手の方々が集う点からも間違いなし!!の太鼓判です。)
美味しかったです。
ご馳走様でした。
・・・
・・・
教えて頂いたK山さん御夫妻、ご協力ありがとうございました。
・・・
・・・
【大遠会館 まぐろレストラン】
住所:三重県四日市市富双2-1-4 大遠会館
(富田駅から約1㎞)
営業時間:10:00~20:00(ラストオーダー:19:30)
〇日曜日営業
〇無休(12月31日午後~1月3日除く)


2018年6月22日
2018年2月12日
2018年1月28日
2018年1月15日
2018年1月 1日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■三重県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 三重特派員

    三重特派員
    な*る
    京都・大阪・東京を経て、三重県にたどり着きました。既に23年在住しています。グラフィックデザイン、建築、パースと3つの学校を卒業後、デザイン事務所、建築設計事務所などに従事。その後、フリーに。三重県の有名どころから、地元ならではの少しマニアックな場所まで、楽しんで頂けるよう、お伝えできれば幸いです。 DISQUS ID @disqus-ikRtVgzLlp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集