海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 三重特派員ブログ > 伊賀国・忍者(其の四)の巻  ~忍者の合言葉~

日本国内/三重特派員ブログ な*る

日本国内・三重特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月26日

伊賀国・忍者(其の四)の巻  ~忍者の合言葉~


伊賀国・忍者(其の四)の巻  ~忍者の合言葉~

伊賀国・忍者(其の四)の巻  ~合言葉~


・・・
・・・

前回は忍者の記憶術だったのですが、今回は忍者の合言葉を取り上げてみました。

・・・
・・・
忍者の合言葉は、命を掛けた言葉だったようです。
暗闇に潜み、一心に諜報活動を続けていた時、ふと人の気配が・・・・・。
・・・
・・・

IMG_3421 11.jpg

・・・
・・・

敵なのか?味方なのか?
・・・
・・・
あるいは、まだ会ったこともない味方に重要な情報を伝えたり、命運が掛かった密書を渡さなければならない・・・しかし当時は写真確認も出来ない時代、もちろん、携帯電話などの通信機器もなく・・・そのまだ見ぬ味方は、果たして本物なのか?あるいは敵の扮装による偽物なのか?・・・。
・・・
・・・
忍者は、合言葉でそれら上記を確かめたそうです。
・・・
・・・
あらかじめ仲間内で決めておいた合言葉で、目の前にした相手が本物の味方なのか?どうか?を確かめたとの事。
・・・
・・・
また昨日の味方は今日の敵にもなり得る戦国時代、敵にばれることないように合言葉は毎日のように変えられたようです。
・・・
・・・
合言葉を間違って答えてしまうと・・・敵とみなされ、攻撃されてしまう、そんな命がけの場面で、日々変わる合言葉を次から次に覚えては、とっさに使っていた忍者。
相当な記憶力と瞬発力も必要だったようです。
・・・
・・・
忍者の合言葉は、連想するもの(短歌から等)、自然に関するもの、反対語、シャレなど、敵側に見破られないよう、しょちゅう変えて使用していました。
・・・
・・・
(以下、一例)
・・・
・・・
山→→→→→森(自然・連想)
日→→→→→月(自然・反対語?!)
花→→→→→実(自然・連想)
海→→→→→塩(自然・連想)
谷→→→→→水(自然)
カエル→→→→→井戸(自然・関連?!)
火→→→→→煙(自然・関連)
松→→→→→緑(自然・連想)
山→→→→→波(自然・反対語?!)
森→→→→→里(自然・連想)
畳→→→→→縁(連想)
月→→→→→さらしな(歌ことば・信濃国の枕詞、月と共によく歌われる。)
花→→→→→吉野(短歌などから)
煙→→→→→浅間(短歌などから)
萩→→→→→宮城野(短歌などから)
雪→→→→→富士(短歌などから)


・・・
・・・

IMG_3424 1.jpg


・・・
・・・


IMG_3423 2.JPG


・・・
・・・


IMG_3423 1.jpg

・・・
・・・

忍者の記憶力の高さや利発さが上記の言葉からも忍ばれます。
・・・
・・・


・・・
・・・
女忍者『くノ一』は、中国の古い文書からのようです。
これには色々の説があるのですが、有名なのは漢字の『女』の書き順のようです。
これは(シャレ)に属するのでしょうか?!
・・・
・・・


IMG_3420 111.jpg

・・・
・・・

IMG_3420 1.jpg

・・・
・・・


(シャレ)と言えば・・・
忍者の隠語→→→→→『クリ』
忍術伝書〔万川集海〕に「伊賀・甲賀という言葉を使ってはならない。」と明言されているそうです。
何故なら、伊賀や甲賀出身者というだけで、忍者ではないか?と疑われるほど、伊賀忍者、甲賀忍者は当時から有名であったとの事。
そこで伊賀忍者が仲間に伊賀の者であることを知らせるために編み出したのが、『クリ』。
「私は『クリ』から来た。」と言い換えて知らせたそうです。
・・・
何故?『クリ』なのでしょうか?
「くり」=「栗」=「いが」=「伊賀」
う~~・・・イガ栗?!
これは、まさしく(シャレ)ですね。
・・・
・・・

IMG_3425.JPG


・・・
・・・


ちなみに伊賀国から京の都(現在の京都市)、南都(現在の奈良市)へはちょうど36㎞(九里)だったとの他説もあるようです。


・・・
・・・
合言葉以外には、隠語や暗号(←後述にて)や文字や絵を書いて二つに割ったものを合わせる「割符」、女性の髪飾りを細工したものもあったようです。
・・・
・・・


1IMG_3384 .JPG

・・・
・・・

(次号に続く。)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年8月26日
« 前の記事「伊賀国・忍者(其の三)の巻  ~忍法・記憶術~」へ
»次の記事「伊賀市散策  ~おうどん・おばんざいのお店『九重』~」 へ
おすすめ記事
    三重特派員 新着記事
    大人気のまぐろレストラン(四日市港近辺)
    名阪国道からへ【名阪関ドライブイン】へ。
    津の偕楽公園
    津餃子とラーメン【御麺 麦(おんめん ばく)一等兵】 BAKU
    新年、明けましておめでとうございます。
    おかげ犬(伊勢神宮にまつわるお話)
    人気の伊賀焼【窯元・長谷園】後編
    人気の伊賀焼【窯元・長谷園】前編

    東海旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■三重県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 三重特派員

      三重特派員
      な*る
      京都・大阪・東京を経て、三重県にたどり着きました。既に23年在住しています。グラフィックデザイン、建築、パースと3つの学校を卒業後、デザイン事務所、建築設計事務所などに従事。その後、フリーに。三重県の有名どころから、地元ならではの少しマニアックな場所まで、楽しんで頂けるよう、お伝えできれば幸いです。 DISQUS ID @disqus-ikRtVgzLlp

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集