海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 三重特派員ブログ > 茶室・鈴松庵(椿大神社内)

日本国内/三重特派員ブログ な*る

日本国内・三重特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年2月 6日

茶室・鈴松庵(椿大神社内)


茶室・鈴松庵(椿大神社内)

今回は広い境内の中にある茶室・鈴松庵に行ってみようと思います。
                                     
椿大神社内にある延命長寿の神様を祀る行満堂神霊殿や弓道場、松下幸之助氏を祀る神社などを通り、茶室に向かいます。

道中、池堀の中に金色の鯉を見つけました。

IMG_1056n.jpg

茶室・鈴松庵の入口です。

IMG_1068.jpg

苔むして緑に染まった屋根がすでに【わびさび】の世界です。

IMG_1070.jpg

松下幸之助翁が日本庭園と共に寄進された茶室。
一流一派に偏らず、一般開放されています。

IMG_1071.jpg

門をくぐると、椿大神社らしい椿の花が咲いていました。
薄いピンクの椿もきれいでした。

IMG_1073.jpg

こちらは、定番の赤い椿。

IMG_1074.jpg

IMG_1077.jpg

茶室によく見受けられる網代天井です。

IMG_1078.jpg

この茶室は、小間(三畳台目)、広間(十畳書院)、立札席(六坪)の三室で構成されています。

IMG_1079.jpg

IMG_1081.jpg

さまざまなお茶碗が飾られています。

IMG_1083.jpg

まず小間の方が受付になっており、入場料800円でお呈茶をいただくことができます。
お抹茶にお菓子。いただいたお菓子の銘々皿も持って帰ることができます。

IMG_1086.jpg

先に和菓子が配られます。

IMG_1087.jpg

床の間に立派な茶釜。

IMG_1088.jpg

客人にお茶をもてなしされている和服姿の方に少しお話をうかがいしました。
和菓子や銘々皿にお茶碗のことなどを教えていただきました。
(ご協力ありがとうございました)

IMG_1090.jpg

まずはお菓子から。
先にお菓子をいただいてからお茶を頂戴します。

IMG_1089.jpg

このピンクの花をかたどった美しいお菓子は【寒椿】というそうです。
着物の柄と同じく、季節を少し先取りして表現するそうです。
                                     
たまたま【寒椿】だったのですが、椿大神社に相応しいお菓子でした。
甘く口の中で溶けていきます。
                                     
お菓子は季節とともに変化していくとのこと。
初霜(はつしも)、霜柱(しもばしら)、蛍(ほたる)などといった季節を表現したものだそうです。
前述したように1ヵ月から1ヵ月半くらいを目途に先取り表現していくそうです。
繊細な四季の変化をとらえてお菓子にそれを表現する......和菓子職人さんたちの心意気を感じます。
四季折々を愛でて文化に取り入れてきたとても日本らしいお話でした。

IMG_1091.jpg

出されるお茶碗もひとりずつ違います。

IMG_1092.jpg

特別に椿のお茶碗を用意していただきました。

IMG_1095azz.jpg

食べてしまうのがもったいないようなきれいなお菓子でしたが......

IMG_1097azzz.jpg

すっかり完食。
そしてそのあとにお抹茶をいただきました。

IMG_2207m.jpg

和菓子をのせていた銘々皿。
懐紙に包んで持って帰ることができます。
                                      
ちなみにこの濃い群青色のお皿は丸みを帯びているのですが、よく見ると三角形。
実はこの和菓子をのせるお皿は地元の万古焼だそうです。
                                      
京都建仁寺などの禅寺で見受けられる【○△□】まるさんかくしかくという禅の精神からきているそうです。
丸と三角形と四角形を毎年、神事に使われる五色絹の五色と組み合わせて、3×5の15周年サイクルで作っておられるとのこと。
                                     
ちなみに五色絹は紫(黒)、白、赤、黄、緑(青)の五色で、椿岸神社に祀られている芸事(茶道含む)の神様・天鈿女命(アマノウズメノミコト)が巻いていた布の色ともいわれているそうです。
また仏事にも五色布を使用します。
色も同じです。
                                    
禅思想といい、神仏が混合されているのもとても日本的に感じました。
                                      
よく有名ブランドの食器を毎年買い求められる方もおられますが、この小さな空間・茶室の15種類の銘々皿を15年かけてコツコツと集めていくのもひとつの趣のような気がしました。

私が今回、手にした銘々皿は深い群青色(多分、紫にあたる)の三角形のお皿。
次にこのお皿の色と形になるのは16年後......。
時の流れを思うと、少しロマンチックな感じがしました。

IMG_1094.jpg

わざわざ用意してくださった椿のお茶碗。
華やかなお茶碗でした。

IMG_1098az.jpg

一人ひとりていねいにお菓子とお茶を置いていかれます。

IMG_1099.jpg

IMG_1102.jpg

IMG_1104.jpg

日本庭園と茶室を寄贈された松下幸之助氏のことを記した石碑。
発明家であり、哲学者でもあり、経営の神様といわれた松下幸之助氏はこの椿大神社とのご縁が深いようです。

IMG_1103.jpg

......
......
次回は銘々皿も作っている万古焼の里を訪れてみたいと思います。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2021年2月 6日
« 前の記事「華やかなる椿岸神社」へ
»次の記事「萬古(ばんこ)焼体験①」 へ
三重特派員 新着記事
萬古(ばんこ)焼体験①
茶室・鈴松庵(椿大神社内)
華やかなる椿岸神社
美しい椿大神社
日永の追分・追記編
日永の追分(道と水のスポット)
四日市市のマスコットキャラクター【こにゅうどうくん】
大人気のまぐろレストラン(四日市港近辺)

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■三重県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 三重特派員

    三重特派員
    な*る
    京都・大阪・東京を経て、三重県にたどり着きました。既に23年在住しています。グラフィックデザイン、建築、パースと3つの学校を卒業後、デザイン事務所、建築設計事務所などに従事。その後、フリーに。三重県の有名どころから、地元ならではの少しマニアックな場所まで、楽しんで頂けるよう、お伝えできれば幸いです。 DISQUS ID @disqus-ikRtVgzLlp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集