海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/南三陸・宮城特派員ブログ

日本国内/南三陸・宮城特派員ブログ MINAMINA

日本国内・南三陸・宮城特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

~南三陸"絆ロールケーキ"ストーリー~
南三陸町にある民宿「ニュー泊﨑荘」の中にあるお店「パティスリーくりこ」。
東日本大震災直後、避難していた方たちに少しでも元気になってほしいという思いを込めて南三陸町や気仙沼市の方々に支援物資として冷凍庫にあったロールケーキを届けました。
後日、ロールケーキを食べた方々に「あのとき本当にうれしかった。ありがとう」と言っていただき、いったんは営業再開を諦めていましたが「また作ってね」と励ましの言葉をいただき逆に勇気づけられ、いまもがんばれています。皆さんとの絆が深まったロールケーキです。
pho_r35_R.jpg

~パティスリーくりこのこだわり~
南三陸の自然の恵みをお菓子にしました♪
パティシエールの技術と地元愛のもと誕生した「生わかめロール」に続き、これからも"地域の魅力をお菓子に込めて"製造販売していきます。
5年におよぶ試行錯誤の末にたどり着いた「ふんわりしっとり」の食感。
この、いつでもできたての食感を全国の皆様に届け、味わってもらいたい。
その想いから、あえて冷凍する製法を開発し、ご家庭でも「ふんわりしっとり」を味わえるようになりました。


~ニュー泊崎荘~
ニュー泊崎荘 は南三陸町の泊崎半島先端部に位置する、三陸の海の幸をふんだんに使った海鮮御膳やパティシエ特製のロールケーキが自慢の旅館です。おさんぽコースに釣りなど周辺には自然がいっぱい。ペットと一緒に宿泊できます。

■パティスリーくりこ(ニュー泊﨑荘内)
・住所: 宮城県本吉郡南三陸町歌津番所34
・電話番号: 0226-36-3315
・URL: https://kizunaroll.thebase.in/



~プレゼントキャンペーン実施中!!~
★現在、南三陸ファンクラブサイト「南三陸応縁団ウェブサイト 」にてプレゼントキャンペーンを実施中★
今回紹介したパティスリーくりこより、「絆ロール」を抽選で10名の方にプレゼント!


【震災から10年。皆様との絆にありがとうプレゼントキャンペーン】
★パティスリーくりこ「絆ロールカット詰め合わせ」を10名にプレゼント★

・プレゼント内容: 
パティスリーくりこ「絆ロール」を10名様へプレゼント
・内容: 【絆ロールカット詰め合わせ】全10カット入り(冷凍)
甘党に大人気のメープルカット3つ、こだわりクリーム使用の甘さ控えめでおいしいプレーンカット3つ、細かく刻んだ生わかめが癖になる南三陸ならではの生わかめカット4つ 

・応募期間: 2021年2月5日(金)~2月28日(日)
・応募方法: 南三陸応縁団ウェブサイトから:https://www.minasan-ouen.com/archives/campaign/29538/
・キャンペーンの問い合わせ: 南三陸町観光協会☎0226-47-2550


2021年2月12日

ec_マルヤ五洋水産-イメージ③.jpg

冬においしい海産物といえば、あわび!!!


《活アワビ取扱高 日本一》
マルヤ五洋水産は、昭和32年創業のアワビ専門問屋です。 三陸を中心に仕入れその取り扱い数量はトップクラス。 販路は、全国中央卸売市場50社。 長年培ってきた「活かす」蓄養技術で管理し、 年間通して高品質で活きのいい蝦夷アワビの安定供給を行っています。


《取り扱うのは「天然蝦夷アワビ」のみ》
「天然エゾアワビ」は、三陸沿岸の岩手県・宮城県の漁獲高が全国一で、両県で年間数100tの水揚げがあります。三陸のアワビは天然資源保護のため、毎年産卵期を終えた11月・12月の2ヵ月のみ解禁となり、日数にしてわずか7日間程度しか開口日がありません。その数日間で1年分のアワビを仕入れ、獲れたての品質を維持するには相応の設備とノウハウが必要です。


《自然に近い環境で「活かす」》
開口日に仕入れたアワビを、通年新鮮な状態でお届けするために必要なのが「蓄養(ちくよう)」です。マルヤ五洋水産では、天然アワビが生息している環境とほぼ同じ蓄養設備を設け、長年培って来たノウハウをもとに、自然に近い状態で「活かし」ながら安定供給に務めております。


《厳しい品質管理》
【アワビの目利きになるには、最低10年はかかると言われています】
アワビの解禁日には、多い日には1日で20tほどの水揚げがあります。
アワビの鮮度を落とさないために、ひとり2時間で1000kgのペースで一粒ひと粒選別していきます。 なかには10ヵ月以上蓄養する貝もあるため、死貝・弱った貝などの悪い貝を除き、いいものだけを選別し集荷します。

当社の熟練したスタッフは、病院の内科医のように、アワビの動きや色を見てどこに傷があるのか、あと何日ぐらい生きるのかを瞬時に判断することができます。 出荷時においてもよりいいものだけを厳選し発送します。


専門問屋の目利きが贈るあわびは身が締まった肉厚 刺身はもちろんステーキ等などで楽しんでください

丸ごと届く特別感は、「肝がついてくるところにある」といいます。そのおいしさを堪能するには、「あわびの殻から身を取り出し、殻の穴を味噌でふさぎ、肝と酒少々を入れ、グリルで沸騰させれば肝ソースのできあがりです。あわびの身を切って肝ソースにつけてもいいですし、殻にあわびを一緒に入れて焼いても」と肝を味わえるところが、肝とのこと!


■株式会社マルヤ五洋水産
・住所: 宮城県本吉郡南三陸町志津川字北の又7
・営業時間: 10:00~17:00
・電話番号: 0226-46-4237※受付時間: 平日(月曜~金曜)
・URL: https://goyo-suisan.co.jp/


★現在、南三陸ファンクラブサイト「南三陸応縁団ウェブサイト 」にてプレゼントキャンペーンを実施中★
今回紹介したマルヤ五洋水産より、「三陸産活あわび」を抽選で2名の方にプレゼント!

《南三陸お歳暮ギフトプレゼントキャンペーン》
★マルヤ五洋水産「三陸産活あわび」を2名にプレゼント★
・応募期間: 2020年11月20日(金)~2020年12月11日(金)
・応募は南三陸応縁団ウェブサイトから: 南三陸応縁団ウェブサイト
・キャンペーンの問い合わせ: 南三陸町観光協会☎0226-47-2550



2020年11月24日

待ちに待った、食欲の秋!
この季節になると無性に食べたくなるのが「はらこ飯」
「はらこ飯」は、宮城県に伝わる郷土料理。鮭の煮汁で炊いたお米に、優しく煮つけた鮭の身と、醤油いくらをのせたのが宮城の秋の味覚「はらこ飯」。その昔、伊達政宗が発祥元である宮城県亘理地方を訪れた際に献上したといわれています。

山内鮮魚店では、旬のいくらを使った「いくら醤油漬」、秋鮭の身を味つけし煮込んだ「はらこ飯の具」を詰め合わせ、一年中楽しめる「はらこ飯セット」を提供しています。

《地域に愛される魚屋さん、山内鮮魚店》▼以下山内鮮魚店通販ウェブサイトより抜粋
大切にしているのは「人」の力。創業以来、当店はこの「南三陸」という地に生きてきました。南三陸には、人と人がふれあい、助け合い、育んできた風土があります。私達にできることは生産者が大切に育てた海の幸を漁師が命がけで水揚した鮮魚を「確かな品質」でお届けし、食卓に「笑顔」をお届けすることです。大切にしているのは南三陸の「人の力」。海に生かされ、海と共に生きる港町からどこにでもある海産物ではなくここにしかない海の幸を自信をもってお届けいたします。


2017年3月「南三陸さんさん商店街」が常設商店街として新設され、オープンしました。
さんさん商店街内にある実店舗では、鮮魚や水産加工品の他、お総菜やお弁当、お酒なども取り揃えております。
第一回全国丼グランプリ金賞の『南三陸キラキラ丼』の提供店舗でもあります。
山内鮮魚店_秋旨丼2017WEB用.jpg


《鮭水揚げ宮城県No.1 サケの産地「南三陸町」》
南三陸町は、宮城県内での秋鮭水揚げ量1位を誇る港町。その理由は南三陸町の取り組みにあります。南三陸町では、毎年寒さ厳しい10月~12月の間、故郷の川に戻ってきた鮭を捕獲し、稚魚に育て放流する取り組みを十数年前から行っています。その数は数百万匹。自らエサを食べられる体長5cm、体重1グラムの大きさに成長した稚魚は2月~4月の間に南三陸町内にある二つの川に放流され、数ヶ月故郷の海で栄養を補給した後、オホーツク海、さらに北上しベーリング海、アラスカ湾を渡り、4年後数百万匹の稚魚のおよそ1%が故郷の川に戻ってきます。
salmon_sojyo01.jpg

そして冬、南三陸魚市場は数ヶ月もの間、サケ一色に変わります。魚市場にはたくさんの秋鮭(学名:シロサケ)が水揚され、港が一気に活気づきます。

当店ではイクラを原料として仕入れるのではなく、前浜の海で穫れた新鮮な秋鮭を厳選、自社工場で腹を開き、キラキラと輝く腹子を取り出し、醤油漬に使用しています。


《鮭とイクラを丸ごと楽しむ「はらこ飯セット」》
「はらこめし」は、宮城県に伝わる郷土料理。鮭の煮汁で炊いたお米に、優しく煮付けた鮭の身と、醤油いくらをのせたのが宮城の秋の味覚「はらこ飯」。
その昔、伊達政宗が発祥元である宮城県亘理地方を訪れた際に献上したといわれています。山内鮮魚店では、旬のいくらを使った「いくら醤油漬」、秋鮭の身を味付けし煮込んだ「はらこ飯の具」を詰め合わせ、一年中楽しめる「はらこ飯セット」を提供しています。
harakomeshi_set3-m-01-dl.jpg


《体に優しい円やかで飽きない味「イクラ醤油漬」》
三陸産の天然秋鮭のイクラを使用、保存料や化学調味料を使用しない「円やかでやさしい味わい」が特徴の「イクラ醤油漬」を直送。南三陸町が一から育てたサケを使い、大切に仕上げた手造りの醤油漬です。
harakomeshi_set3-s-01-dl.jpg


秘伝のタレが染み込んだ「はらこ飯の具」
秋から冬にかけて本番を迎える三陸産「天然秋鮭」の身を、秘伝の自家製タレでじっくり煮込んだ「はらこめしの具」。ふっくらホクホク♪鮭の身の煮込みが面倒な方でも手間もなく簡単に楽しめます!そのまま熱々のご飯にもぴったり。
harakomeshi_set3-s-02-dl.jpg

■山内鮮魚店
・住所: 宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町201-5(さんさん商店街内)
・営業時間: 8:00~17:00
・電話番号: 0226-46-2159
・定休日: 木曜日
・URL: https://www.yamauchi-f.com/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


現在、南三陸ファンクラブサイト「南三陸応縁団 」のウェブサイトにて
南三陸秋の味覚プレゼントキャンペーン」を実施中!
今回紹介した山内鮮魚店より、「はらこ飯セット」を抽選で3名の方にプレゼントします!
南三陸の秋の味覚をぜひ堪能ください♪ 

▼キャンペーンご応募は下記から▼
《プレゼント内容》
〇山内鮮魚店「はらこ飯セット(3本入)」を3名にプレゼント
・応募期間: 2020年9月20日(日)~2020年10月11日(日)まで
・応募はこちらから: 南三陸応縁団ウェブサイト(https://www.minasan-ouen.com/archives/campaign/27339/
・キャンペーン問い合わせ: 南三陸町観光協会☎0226-47-2550


2020年9月28日
2020年8月 9日
2020年7月10日
2020年6月10日
2020年5月22日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■宮城県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 南三陸・宮城特派員

    南三陸・宮城特派員
    MINAMINA
    生まれも育ちも宮城県南三陸町。南三陸町といえば…海?だけではありません。海・里・山、自然豊かな地元の素敵な景色や風景、心あたたかい町の人々、自慢のグルメ情報などなど。ここでしか味わえない「時間」を皆様にお届けします。 DISQUS ID @disqus_i7EdfUe6C1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集