海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/南三陸・宮城特派員ブログ

日本国内/南三陸・宮城特派員ブログ MIYUKI

日本国内・南三陸・宮城特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_0969-2.jpg
1976年に、世界で初めて始まった銀ざけ養殖。実は、銀ざけ養殖発祥の地が(南三陸町)志津川です!


IMG_0894.jpg
△銀ざけイカダ
IMG_0993-1.jpg
△銀ざけ養殖

養殖銀ざけの特徴があり、特定のエサによって管理された銀ざけは寄生虫による感染確率が低く、
一度冷凍してから刺身にしなければならないはずの鮭は生のまま刺身でも召し上がれます!


IMG_1371-1.jpg
△銀ざけ

そして脂ののりもとてもよく格別と言われており、今や宮城を代表とする魚となっております。
南三陸の銀ざけの最大の魅力は品質と鮮度!その銀ざけの旬の時期がまさに今!
水揚げは8月ごろまで続きますが、食べ頃は6月の後半です♫

ここで朗報!今が旬の銀ざけを冠としたお祭りが6月17日に銀ざけまつり福興市として開催されます!
IMG_3153-2.jpg
△昨年の銀ざけ祭りの様子

中には
☆サーモン!銀ざけ海苔巻き!
☆銀ざけの一本売り
☆銀ざけの試食
☆銀ざけのりまき 

などなど!新鮮でおいしい銀ざけが福興市の各店舗にならびます。
皆様に笑顔と元気、美味しい鮭をお届けするイベントとなっておりますので、是非いらしてください!
みなさまのご来場を心よりお待ちしております!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
志津川湾銀ざけまつり福興市の詳細はこちらから⇒https://www.m-kankou.jp/event/201374.html/
お問い合わせ:南三陸福興市実行委員会☎090-7077-2550


2018年6月10日

南三陸町には、チリのイースター島から贈られた本物のモアイ像があることをご存知でしょうか?
さらに目の入ったモアイ像は、世界に2体しかないのです。
さんさんモアイ.jpg


なぜ南三陸町にモアイ像?
約17,000 キロメートルの距離を越えて、南三陸町とチリは、友好関係を深めていました。

モアイ像が南三陸町に寄贈されたきっかけは、1960年に起こったチリ地震。
チリ地震による津波で、旧志津川町内では41名が犠牲となり、312戸の家屋が流失、倒壊 653戸、
半壊 364戸、浸水 566戸の壊滅的な被害を受けました。

この津波の記憶を未来に伝えようと、30年後の1990年に国鳥コンドルの碑がチリから贈られ、
1991年には南三陸町がふるさと創生事業の一環としてチリ人彫刻家に依頼して創ったイースター島のモアイが、
志津川地区の松原公園に設置されました。


しかし、東日本大震災により公園は被災、流出したモアイ像の頭部は発見され、
現在は志津川高校の敷地内に移設されています。

そして2013年5月25日、東日本大震災の復興を願ってチリより本物のモアイ像が贈呈されたのです!

モアイ式典.jpg


本日で、2018年5月25日はモアイ像が寄贈されて5周年!昨日5月24日で、チリ地震の日から58年。
そして本日、南三陸町に本物のモアイ像が寄贈されて5年が経ちました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現在モアイ像は、南三陸さんさん商店街に設置されています。

モアイには「未来に生きる」という意味が込められています。
これからも未来に生きる南三陸町の人々を、遠い未来まで勇気づけ、見守り続けることでしょう!

本物のモアイ像だけじゃない!モアイスポットがある?モアイグッズも豊富!
ある橋の欄干をよく見るとモアイ?海の上に浮かぶ岩をよく見るとモアイ?
このほかにもよ~く探してみるとモアイ像がちらほらと?隠れモアイをぜひ探してみてくださいね。


館下橋モアイ.jpg
△館下橋に立つ2体のモアイ(入谷)
モアイ岩.jpg
△袖浜のモアイ岩(志津川)


そして、お土産として人気のモアイグッズも数多く取り揃えています♪
当協会のショップみなみな屋でもお買い求めいただけますので、ぜひお立ち寄りください。
モアイグッズ①.jpg

モアイグッズ③.jpg

モアイグッズ④.jpg

モアイグッズ⑤.jpg

モアイグッズ.jpg

◆みなみな屋 ☎090-7073-9563(南三陸町志津川字御前下51-1)
◆モアイグッズ通販サイトはこちらから⇒南三陸モアイファミリー公式HP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モアイ寄贈5周年を記念に、世界に2体しかない本物のモアイ像を
ぜひ皆さまも一度ご覧ください♪南三陸町でお待ちしています!


南三陸町とモアイ像のつながりについて詳しくはこちらから!

【お問い合わせ】南三陸町観光協会☎0226-47-2550


2018年5月27日

南三陸町における毎月最終日曜日の定番イベント「南三陸福興市」。

第79回となる今月は「志津川湾牡蠣・ホヤまつり福興市」を開催します!
そうです!主役はタイトル通り、今シーズン最後!ぷりぷり濃厚な「牡蠣」と、旬を迎える鮮度抜群の「ほや」!
蒸し牡蠣②.jpg
ホヤ①.jpg

☆ほや企画…ほや詰め放題
一袋500円にて詰め放題いただけます!※売切れ御免となっておりますので、お買い求めはお早めに!
ホヤの詰め放題.jpg

☆牡蠣企画…蒸し牡蠣の販売
蒸し牡蠣①.jpg
などなど、牡蠣・ほや好きにはたまらない飲食ブースが勢ぞろい!みなさまのご来場お待ちしております!


【ここで牡蠣のうんちく◎実は牡蠣が一番美味しい時期は「3月~5月」?!】
牡蠣はよく「海のミルク」と言われます。その理由は、身が乳白色であること、加えて
ミルク=牛乳と同じように様々な栄養素を含んでいることからこう呼ばれるようになったと言われております。
その栄養の中でも特に、人間が生活するうえで必要な必須栄養素の「亜鉛」、「タウリン」をあらゆる食材の中で一番多く含有しています。
亜鉛が不足すると、成長や発育の遅れ・肌荒れ・味覚障害・肝臓の異常などを引き起こすと言われています。
実は3月から5月の牡蠣は、排卵期を迎える準備をするため、旨味成分であるグリコーゲンを多く含んでいるので美味しい!
そんな美味しい牡蠣を存分に味わっていただけるのが「蒸し牡蠣」!!
福興市会場では、今シーズン最後の蒸し牡蠣の発売を行う予定ですので、ぷりぷり濃厚な牡蠣を召し上がってみてはいかがでしょうか!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【牡蠣・ほやまつり福興市】
日時:5月27日(日)9:00から13:30まで
会場:志津川仮設魚市場特設会場
住所:〒986-0700 宮城県本吉郡南三陸町志津川旭ヶ浦8
お問い合わせ:☎090-7077-2550(南三陸福興市実行委員会)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【おまけ】
南三陸里山×里海サイクリング「みなチャリ!
牡蠣・ほやまつり福興市当日、南三陸町観光協会新プログラムをご紹介PRします!
南三陸町の豊かな自然とあたたかい人々とふれあいながら、ぐるっとゆるっと楽しめる自転車散歩を楽しみませんか?
当日は「みなチャリ!」で実際に使用するクロスバイクの展示とパンフレット配布の他、
特典満点の予約申込受付も行います。
さらに、クロスバイクの試走できますよ!もちろん無料!南三陸町の浜辺を走りましょう!
みなチャリ.jpg


2018年5月22日
2018年5月13日
2018年5月12日
2018年5月 3日
2018年5月 1日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■宮城県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 南三陸・宮城特派員

    南三陸・宮城特派員
    MIYUKI
    生まれも育ちも宮城県南三陸町。南三陸町といえば…海?だけではありません。海・里・山、自然豊かな地元の素敵な景色や風景、心あたたかい町の人々、自慢のグルメ情報などなど。ここでしか味わえない「時間」を皆様にお届けします。 DISQUS ID @disqus_i7EdfUe6C1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集