海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/宮崎2特派員ブログ

日本国内/宮崎2特派員ブログ ゆりん

日本国内・宮崎2特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

IMG_5928.JPG
高千穂に旅行に来たら、まず高千穂峡へ。そして天岩戸神社、天安河原は外せませんよね。次は高千穂神社でしょうか。
高千穂神社は、約1900年前に創建され、高千穂十八郷八十八社の総称とされています。階段を登りきって、目の前に現れる建物が拝殿。本殿はその後ろにあり、1778年に再建され、国の重要文化財に指定されているんですよ。
IMG_5911.JPG

そしてその本殿の回廊には高千穂神社の祭神ミケイリノミコトが鬼八を退治した時の様子を木彫りにした脇障子があります。拝殿で参拝するだけでなく、本殿のこの脇障子を観て帰る事をお忘れなく。
IMG_5909.JPG
 
高千穂神社の神楽殿では、観光客のために、夜神楽が毎日公開されています。天の岩戸に御隠れになった天照大御神を外へ連れ出す物語が演じられています。
IMG_5903.JPG

IMG_5723.JPG

高千穂神社の見どころの一つは、夫婦杉です。
根元が一つになった杉の大木が2本立っています。この杉の木の周りを大事な人と手をつないで3回廻ります。すると、恋愛成就、家内安全、子孫繁栄などの3つの願いが叶うと言われています。ですから、恋人どうしに人気なんです。
IMG_5882.JPG
 
そしてもう一つ。国の重要文化財に指定されたものがあります。ですが、これを観るのはちょっと難しいんです。
鉄造狛犬一対です。鎌倉時代に源頼朝が奉納したと言われています。
IMG_5918.JPG
窓ガラス越しにしか観れないんです。ちょっと見にくいですよね。
 
私たちが泊まったホテルは、国民宿舎ホテル高千穂です。高千穂神社は、道の駅高千穂から国民宿舎ホテル高千穂に行く途中、車で2分の所にあります。ホテル高千穂も高千穂神社から車で2分です。高千穂神社のすぐそばには、ドラッグストアコスモスが有るので、ここでホテルで食べるお菓子や飲み物を買って行くといいですね。


2018年1月17日

IMG_6069.JPG
天岩戸神社の西本宮は、弟神スサノオノミコトの乱暴に耐えかねた天照大御神が御隠れになった洞窟「天岩戸」を御神体としている神社です。「天岩戸」を直接見るには、申し込みしないといけません。
IMG_6039.JPG
こちらの社務所で遥拝したい旨を伝えると、ご神職が「天岩戸」を観ることのできる遥拝所まで案内してくれます。
数組同時に案内して下さるので、10分程度待合室で待って、みんなでご神職の説明を聞きながら、西本宮の拝殿まで歩きます。
案内は20分程で、料金は無料です。
 
拝殿前でお祓いをしていただき、参拝をしてから遥拝所へ向かいます。岩戸川を挟み、対岸に天岩戸を観ることができます。
人は入れない神域という感じがひしひしと伝わってきます。
拝観は無料なので、是非見ておくべきだと思います。

もう一つのパワースポット天安河原は天岩戸神社を車道に出で案内板に従って進みます。岩戸川沿いの遊歩道を10数分歩きます。
川の流れる音を聴きながら歩き続きます。
IMG_1115.JPG
IMG_1144.JPG
こちらが、天照大御神に洞窟からどうやって出てきてもらうかを八百万の神々が話し合ったとされる天安河原
ここは、仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)とも言います。 
 
太陽神である天照大神が天岩戸に閉じこもってしまったため、世の中が真っ暗になったしまったのですから大変です。
神様たちは話し合って、まずアメノウズメが鶏の声に合わせて着物を振り乱して踊ります。それをみていた八百万の神様たちが大笑いして騒ぎたてます。
 
天照大御神は、自分が洞窟に閉じこもって外は暗くなってしまっているはずなのに、何故外はこんなに賑やかなのか?と不思議に思い、少し戸を開けて、外をのぞきます。そこをすかさずタヂカラオノミコトが力いっぱい戸を開けて投げ飛ばし、天照大御神を洞窟から連れ出す事に成功したのです。
 
天岩戸神社西本宮の駐車場奥には、タヂカラオノミコトの御神象があるので是非見てくださいね。
IMG_6194.JPG


天岩戸神社には、西本宮と東本宮があります。西本宮の御神体は天岩戸。東本宮の御祭神は、天照大御神です。
こちらが東本宮です。
IMG_1212.JPG

こちらは御神水。東本宮の本殿裏にある御神木の根元から湧き出ています。
IMG_6322.JPG
 
東本宮の階段の登り口には、アメノウズメの御神象があります。是非見てください。

IMG_1208.JPG


2018年1月10日

IMG_5024.JPG
高千穂は、見どころがたくさんある所です。特に高千穂峡には、日本の滝100選の一つである真名井の滝があります。
ボートで滝のそばまで行くと、マイナスイオンをたっぷり感じることができますよ。真夏でも涼しく感じます。
ボートを漕ぐのは簡単ではないので、できるだけ男性に任せた方が良さそうです。なかなか思う方向に進まなくて苦労するかもしれません。
ボート注意事項.JPG
3人乗りで、1隻30分2,000円です。
ボート乗り場は御塩井駐車場から階段を降りた所です。ボート乗り場で料金を払って救命胴衣を着けてもらい、ボートに乗ります。
 
時期的には、秋がお勧めです。紅葉と滝のコラボレーションが見ごたえあります。夜も、LED証明でライトアップされ、昼間とは違った美しさを表現しています。ただし、春と秋は観光シーズンなので、ボートに乗るには早い時間に来た方が良いでしょう。ゴールデンウィーク等は、朝から並ばないとボートに乗れないという話も聞きます。
滝や、ボートに乗る人を撮影するには、滝見台という撮影場所があります。

滝見台.JPG
ガイドマップ.pdf

真名井の滝は、アメノムラクモという神様が、アマテラスからもらってきた水の種であると言われています。
滝の他、柱状節理の岩肌も見どころの一つです。


2018年1月 5日
2017年12月28日
2017年12月20日
2017年12月14日
2017年12月 7日
⇒すべての記事を見る

九州旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■宮崎県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 宮崎2特派員

    宮崎2特派員
    ゆりん
    はじめまして、ゆりんです。九州の宮崎に生まれましたが、父親の仕事の関係で、小中学校時代は宮崎県や大分県、鹿児島県内を転々としておりました。高校卒業後は東京で2年ほど短大生活を送り、大好きな宮崎に戻って5年OL生活を満喫。結婚退社後、4人の子供に恵まれました。休日は小学生の子供と主人と一緒にドライブをしたり、美味しいものを食べに行ったり楽しんでいます。神話の里宮崎、サーフィンのメッカ宮崎をどんどん紹介していきたいと思ってます。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_R2bjudOfba

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集