海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントレー特派員ブログ > 食の異文化交流(?):カツ丼

アメリカ/モントレー特派員ブログ 龍野 舞

アメリカ・モントレー特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月29日

食の異文化交流(?):カツ丼


メール プリント もっと見る

食の異文化交流(?):カツ丼

今月のもう1つのお題が「丼物・ご飯もの」。


だからと言うわけでもないのですが、先日「カツ丼」を作りました。


我が家でたま〜に食卓に上るこのカツ丼は、食の異文化交流から出来ています!

というのも、私のパートナーがシェフをしていて、時々、
「トンカツ」の揚げる前の状態のものを職場から持って帰ってくるのです。

IMG_9010.jpg


日本では「トンカツ」として知られているこの料理は、「トン(豚)」と「カツ(カツレツ・Cutlet)」という2つの言葉から成り立っていることからもわかるように、本来はその調理法を西洋に由来している料理です。
(ちょっと調べてみたら、日本のカツレツは元々、フランスの"cotelette"から来ているとか。)


イタリア料理だと"Milanese"、ドイツ料理では"Schnitzel"と言った名前でメニューに載っていたりもします。


というわけで、アメリカでも人気のある「カツ」が、それを作るアメリカの料理のキッチンから、私のパートナーによって我が家へと連れられてくるのです。


しかし通常、いつかわからない未来の食事用のために、冷凍庫へ直行・・・


そしてしばらくして、「このカツを何とかしよう!」というときに私が作るのが日本の「カツ丼」です。
(カツを揚げるのは彼ですが・・・)

IMG_9018.jpg

(しかし、どんぶり用の器はないので、お皿・・・)


IMG_9013.jpg

こんなレトロな「日立製」の炊飯器でカリフォルニア産のこしひかりを炊きます。


IMG_9011.jpg

最近、鶏を飼っている彼の同僚のおかげで手に入るようになった「オレンジ色の黄身の卵」!


もちろん、どんぶり用のお鍋もないので、我が家で1番小さい平らなお鍋を使って、一人前ずつ料理をします。

IMG_9012.jpg

IMG_9016.jpg


1枚のサイズがアメリカらしく大きいので、1枚のトンカツを2人でシェアして2人分のどんぶりを作ります。

IMG_9019.jpg


肉厚なお肉は半分でも結構なボリュームがあるのですが、衣が薄めで少量の油で料理がされているのでサイズの割には重くなく、美味しくいただきました!
もちろん、具沢山のサラダと一緒に :)


10月のお題「丼物・ご飯もの」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2015年10月29日
« 前の記事「癒されスポット:エサレン・インスティテュート in Big Sur」へ
»次の記事「お花が身近にある生活 (ファーマーズ・マーケット)」 へ
おすすめ記事
    モントレー特派員 新着記事
    桜 in Japantown, SF
    ちょこっと旅:ナパバレー(アクティビティ編 #2- ワイン!!)
    ちょこっと旅:ナパバレー(アクティビティ編 #1)
    きのこのこのこ:Far West Fungiへ社会科見学&BBQ
    03.11. 海を見ながら東北のことを想う♥
    ちょこっと旅:ナパバレー (宿泊編)
    雨、あめ、雨、Rain...
    第51回スーパーボール(本編・ハーフタイムショー)

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/26更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モントレー特派員

      モントレー特派員
      龍野 舞
      同志社大学英文学科を経て、2002年、「アーティストになる!」と、カリフォルニア州モントレーへ留学。その後、サンフランシスコ・アート・インスティテュート大学院卒業、同校コミュニティー・エデュケーション部門アシスタント・ディレクター、及び、講師を経験。2015年より、モントレー地区のカレッジ2校でアートを教えながら、展示会などのアーティスト活動を行っている。
      Email
      Website
      Facebook DISQUS ID @mairyuno

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集