海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > メキシコ/モンテレイ特派員ブログ

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

20180508_095556.jpg

メキシコの母の日は毎年5月10日で固定されています。国の祝日では無いのですが、会社によっては丸一日、半日休日にしているところも。会社から働くお母さんにはプレゼントが配られたり社内で母の日を祝うパーティーが開かれたりして、何で個人的なことをそこまで会社が祝わなきゃならんのだ?と、私には未だに馴染めない風習なのですが…まあ皆さん楽しまれているようです。

20180508_095017.jpg

20180508_095042.jpg

メキシコで母の日の定番の贈り物と言えば、

・スイーツ

・お花

・食事に連れていく

なのだそうです。選択肢はあまり日本と変わりませんね!ただ、母の日=カーネーションというイメージはないそうです。そして、「人工着色料=避けるべきもの」という発想もメキシコにはないので、母の日が近付くとこんな派手派手なケーキがショーウィンドウを賑わわせております。

20180508_095746.jpgお花は日本と比べると結構高い!そしてアレンジが雑です…。日本で同じ値段を出したらもっと可愛い花束が買えるのにな~と思うのですが、メキシコは基本何でも「質より量」なので、茎の長さを揃えたり葉を落として小奇麗にまとまったものより、とにかくボリューム感のある花束が好まれるようです。

20180508_095634.jpg

スーパーの野菜売り場が花束売り場に早変わり。普段、りんごなんかが置かれている棚が花束に占拠されています… 詰めが甘くて、棚の上にトマトが載ったままですが。笑

20180508_095505.jpg

野菜売り場の母の日の光景②。「母の日おめでとう風船」がずらっと並べられているのですが、この並べ方では全くお客さんの視界に入りません!こちらもやっぱり詰めが甘い、メキシコあるあるです。

20180508_095646.jpg

日本のように「今年は何を贈ろうかな?」と悩めるほどの選択肢が無いのが悲しいところですが、日本ほどではないにしろ、メキシコも母の日商戦はそれなりに盛り上がっているようです。

20180508_095053.jpg私は近所のスーパーが母の日のデコレーションで賑わってくるまで母の日の存在を忘れており、昨日急いで日本の母にネットでプレゼントを手配しました。今年はメキシコの母の日が日本の母の日より早くて良かった!

それでは、皆様も素敵な母の日をお過ごしください。


2018年5月10日

以前、別媒体で「メキシコのオレオはフレーバーが豊富」と紹介したことがあるのですが、また新商品が出ているのを見つけましたよ!その名も「ライムパイ(パイデリモン、Pay de limón)味」。
※参考「あなたが食べてみたいのは金?白?日本未上陸のオレオをメキシコで」
http://tabiisara.com/column/eating/South_America/Mexico/103_992601_1465735221.html

20180508_094645.jpg

ライムパイはメキシコ含むラテンアメリカ諸国で非常にポピュラーな、メレンゲたっぷりのお菓子です。ライムと聞いて浮かぶ爽やか~なイメージとは程遠い、日本のケーキを想像して食べるとびっくりするくらい甘い!ライムはどこへ行った?と訊きたくなる、頭が痛くなるくらい甘いのが特徴の一品です。まあメキシコのお菓子は何でも日本人には甘すぎるのですが、どうしてもライムと聞くとすっきりした味を想像して食べてしまうので、ギャップが大きいんですよね~

20180505_151936.jpg

さて、そんなライムパイをオレオ化するとどうなるか?…はい、甘いです。クリームはうっすら黄色く、柑橘系の香りもするのですが、酸味はほとんど感じません。私は甘いものは嫌いではないんですが、もっと甘さ控えめでライムの酸味や苦味を全面に打ち出した方が日本人好みな気がします。

20180505_151847.jpg

小さいサイズがないのでちょっとだけ試すわけにはいかないのですが、メキシコでは珍しい個包装になっているお菓子なので(上の写真の6枚入りの袋×6袋=36枚入りで1箱)、お口に合わなかったらばら撒き用お土産にしてしまえばOK!笑 私は残念ながらまだ食べたことがないのですが、日本では先日「オレオクリスピー レモンムース味」が発売になったと聞きましたので、メキシコのライムパイ味と日本のレモンムース味、食べ比べてみても面白いのではないでしょうか。

20180508_094650.jpg

オレオのライムパイ味は限定商品と箱には書いてあるのですが、公式ホームページを見ても販売期間の記載がないのが、いかにも時間にルーズなメキシコらしいです。欲しい方は、お早めにどうぞ。


2018年5月 9日
20180415_133943.jpg
モンテレイの旧市街、いかにもメキシカンな街並の中に、「Thai Thai」という非常に分かりやすい名前のタイ料理店があります。まだオープンして1月ほどの、とても新しいお店です。
20180415_134323.jpg日本ではタイ料理はかなりメジャーですが、メキシコではほぼ認知度ゼロ。日本におけるメキシコ料理より、メキシコにおけるタイ料理の方がずっとマイナー、と言えば伝わるでしょうか?日本だと本国から来た料理人が腕を振るう本格タイ料理店も多いですが、タイからわざわざ太平洋を超えて移民しよう!と思ったら、メキシコよりアメリカやカナダを目指すであろうことは明白ですからね…。
20180415_134311.jpgこちらのお店の料理人がタイ人なのかどうかは聞きそびれたのですが、お味はなかなか良かったです!メキシコで一番メジャーなアジアンフード、「メキシコ人向け中華料理」のように、全部甘酢味でやたらと脂っこい…ということもなく、味も見た目も抵抗なくおいしくいただけました(お店でいただいたらもっと美味しそうな写真が撮れたと思うのですが、今回は職場にお持ち帰りしたので、使い捨て容器ですみません!)。
20180415_0.jpg私達が食べたのは、ピーナッツのカレーとパッタイ。驚いたことに、カレーに添える米は白ご飯かチャーハンを選べました。勿論白ご飯と即答しましたけども、食べてみてもやっぱり、カレーにチャーハンは合わないだろうと思いました。笑 カレーもパッタイも辛さ控えめ・野菜ごろごろで、肉肉しいメキシコ料理に疲れたときには非常にほっとできる優しい味です。
20180415_140635.jpg20180415_140638.jpg味は日本人好みでも量はメキシコ人好み、かなり盛りが良いです!3人でメイン2品を分ける感じで良いと思います。
20180415_134235.jpg
友人が「デートに良いお店を探しているときに見つけた」と言って教えてくれたお店なので、内装も小奇麗にまとめられていてgood。こちらのアジア料理店にありがちな、壁は赤と黒!招き猫に仏像に竹に水晶!のような、「思いつく限りのアジアのイメージ全部突っ込んでみました」なカオスな感じではないのは好感が持てます。
20180415_134222.jpgこの旧市街に住む友人いわく、ここは飲み屋街なので人出は見込めるものの、家賃がかなり高いので飲食店が長続きするのは難しいのだとか。ましてや食に関して非常に保守的なメキシコ人相手に、マイナーなタイ料理がどこまで頑張れるでしょうか…。まだお店の存在自体あまり知られていないのか、私が行ったときは日曜日のお昼時にも関わらず静かなものでしたが、是非繁盛・長続きしてもらいたい!貴重なタイ料理を楽しめるレストラン、皆様にも応援していただけると嬉しいです。
【データ】
名称:タイタイ(Thai Thai)
住所:Calle Diego de Montemayor 1022, Barrio Antiguo, Centro, 64000, Monterrey, Nuevo León
TEL:81 1992 2174
営業時間:月休み、火-木 13:00-21:00、金・土 13:00-22:00、日 13:00-20:00
20180415_134011.jpg

2018年5月 7日
2018年5月 1日
2018年4月17日
2018年4月16日
2018年4月 8日
⇒すべての記事を見る

メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モンテレイ特派員

    モンテレイ特派員
    Sayaka
    2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集