海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > メキシコ/モンテレイ特派員ブログ

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


20180707_100602.jpg

メキシコでは、お店の商品全体にうっすら埃が積もっているような個人商店は勿論、全国展開している大手のスーパーでさえ、ちょくちょく賞味期限切れのものを売っているのが目に付きます。

20180707_095924.jpg

私の個人的な経験から言うと、パン、ハム、ヨーグルトは特に要注意!1日2日ならまだしも、私は某外資系スーパーで、1週間以上前に賞味期限が切れたヨーグルトが大量に売られているのを見たことがあります…

20180707_095150.jpg

自分で食べるものは勿論、人様にお土産に買うものは特に賞味期限が気になりますよね。日本同様、賞味期限はパッケージに印刷してあり、CADという印字に続く数字が賞味期限です。それを確認すれば良い訳ですが、さて皆さん、この日付は何月何日だと思いますか?

実はメキシコ、アメリカのお隣にありながら、日付の表記の仕方がアメリカ式ではありません。

アメリカ式 月/日/年
イギリス式 日/月/年 ←メキシコではこちらの表記
なので、例に挙げた写真の賞味期限は、「2018年3月7日」ではなく、「2018年7月3日」です。 この写真をスーパーで撮ったのは7月7日…はい、がっつり賞味期限過ぎてます。爆

20180707_095738.jpg
20180707_101053.jpg

このように月の名前がスペイン語表記になっているものも。これだと月日を混同しなくて済みますし、スペイン語の月の略称は英語に似ているので、スペイン語が分からない方にもパッと見て分かりやすいと思います。

【参考・スペイン語の月の略称】
ENE 1月
FEB 2月
MAR 3月
ABR 4月
MAY(MAYO) 5月
JUN 6月
JUL 7月
AGO 8月
SEP 9月
OCT 10月
NOV 11月
DIC 12月

20180707_100119.jpg

賞味期限に限らず、スポーツの試合や各種イベントの日程など、メキシコの日付の表記はどの場面でも「日/月/年」が基本です。慣れるまで紛らわしいので、うっかり日付を間違えた!なんてことのないように、慌てずしっかり確認して下さいね。


2018年7月 8日

7月1日のメキシコ大統領選を含む公職選挙に際し、候補者及びその関係者が120人以上殺害されている、というニュースは日本でも大きく取り上げられたようですね。驚かれた方も多いと思うのですが、これ、「メキシコの殺人事件について日本のメディアが取り上げる機会が選挙のときくらいしかない」というだけで、残念ながらメキシコに住んでいると、「殺人事件は頻繁に起こるもの」という認識なので、120人は氷山の一角、さして驚くことではありません。個人的には、(元々そんなに治安は良くありませんが)特に選挙戦が始まってから治安が悪化したという実感もありませんでした。

参考までに、2017年のメキシコの殺人件数は25,581件(在メキシコ日本国大使館、海外安全対策情報より)。日本の殺人件数は公式なデータが見つけられなかったのですが、メキシコと日本の人口はほぼ同じですから、感覚としてメキシコは桁違いに殺人が多いというのは分かっていただけるのではないでしょうか。

選挙に関しては、投票所付近でデモや放火があるかもしれないので近づかないように!なんて日本人コミュニティの中では言われていたのですが、他国の投票の様子を見る機会などそう頻繁にあるものでもないので、投票に行くメキシコ人旦那に同行して見学してきました。

20180701_082222.jpg

まずびっくりなことに、投票所が屋外!近所の公園にテントを張っただけの青空投票所なんです。ここが特別なわけではなくて、メキシコの投票所はどこもこんな感じなんだとか。雨が降ったら近所の家のガレージに非難するそうです。フリーダム!

20180701_085913.jpg

投票箱が透明なのは不正を防ぐためだそうですが、ただの組立式のペラペラのプラスチックの箱で鍵がかかっているわけでもないし、その場から動かないように止めてあるわけでもないし…持ち去ろうと思えば誰でも持っていけるので(なんたって青空投票所ですからね!現に選挙権のない私がウロウロしていても全く問題ありませんでしたし)、逆に不正し放題じゃない?と私は思ってしまうのですが。 写真は撮れなかったのですが、投票用紙はフルカラーで無駄にお金がかかっている感じでした。

20180701_082830.jpg

危険と言われた投票所ですが、我が家の近所の投票所は平和そのもの。なにしろのんびりしすぎて、公式に8時投票スタートとされているのに、実際投票所の準備が終わり投票ができるようになったのが、9時半過ぎていましたからね!選挙の運営が抽選で選ばれた一般人なので、とにかく手際が悪い…

20180701_085704.jpg

並ぶの嫌だから と8時ぴったりに到着したメキシコ人旦那の心労やいかに…と思いきや、選挙の手際の悪さはメキシコでは当たり前で、彼は投票までに3時間かかったことも、もっと待たされて結局投票できなかったこともあるそうです。私は成人してから日本で3つの自治体に住んだけど、どこでも選挙で行列作ったことなんてない!と言ったら、逆に驚かれました。汗

20180701_145643.jpg

一人で複数回投票する人を防ぐため、投票が終わると親指にインクを塗られます。選挙当日は、この親指のインクを見せると一品無料!という投票促進キャンペーンをやっているお店が結構ありました。写真はセブンイレブンで、インクを見せるとコーヒー一杯が無料でもらえました。投票所はぐだぐだで最悪でしたが、民間でも積極的に選挙に行くよう呼びかけているのは好印象ですね。

20180701_144043.jpg

政治家が一新されて、これからメキシコがどう変わるのか?または変わらないのか?今後の動向を見守りたいと思います。

20180617_153257.jpg


2018年7月 4日

メキシコでメジャーな英語の資格と言うと、TOEFL、IELTS、ケンブリッジ英検あたりで、残念ながら日本人の大好きなTOEICはかなりマイナーです。日系企業に勤めていて、会社で受験を勧められている…という人でもない限り、英語を勉強していても、TOEICの存在すら知らない人が大半だと思われます。それでも実はTOEICの受験会場はメキシコ全土にあり、会場によっては日本より沢山試験日が設けられていたり、試験結果が受験後一週間で受け取れたりと、メキシコでの受験は日本にはないメリットもあります。メキシコには仕事や留学で長期滞在の方も多いと思うので、スペイン語のついでに英語もブラッシュアップ!という方向けに、6月23日(土)に私がモンテレイで受けたTOEICの様子をレポートします。

①試験会場探し
メキシコのTOEICは各試験会場に直接申し込みなので、まずはTOEICの試験会場を公式ホームページでチェック…したのですが、さすがメキシコ、この公式情報が(少なくともモンテレイに関しては)全く正しくないです。ホームページに載っている連絡先が全く繋がらなかったり、ホームページに載っていないのに、うちで試験受けられます!とうたっている英語教室もあったり。さすが適当大国メキシコ…。私はホームページに載っているところ、載っていないところ含めていくつか問い合わせて、一番説明が丁寧・詳細で信用できそうだったこちらの学校で受験することにしました。

20180623_152127.jpg

名称:Instituto Mexicano Norteamericano de relaciones culturales de Nuevo León
住所:Hidalgo 768 Poniente, Col. Centro, Monterrey, CP.64000
※こちらの学校はTOEICの公式ホームページで試験会場として紹介されていますので、担当者の連絡先はそちらをご参照ください。問い合わせはスペイン語でも英語でもOKです。
※TOEIC試験会場検索ページ http://toeic.mx/centros.php

②申し込み
会場まで直接、受験料(1060ペソ=約5790円)と身分証明書(パスポートか在留許可証)を持って行き、申込書を書きます。申し込みは受験の1週間前まで可能で、試験は一ヶ月に2日か3日、土曜日の16時-と火曜日の18時-に設定されています。その場で試験日のカレンダーを見せてもらって、好きな日程を選べばOKです。

20180623_135210.jpg

受験票の発行はなく、この受験料の領収書が受験票の代わりになるので、試験当日必ず持参するように!という指示だったのですが、当日は身分証明書の確認のみで、領収書の出番はなかったです…

③当日
申し込みのときに使った身分証明書を提示し、本人確認をします。30分前には本人確認を済ませるように、という指示だったのですが、30分前に来ていたのは私だけ、10分前に特に急ぐ様子でもなく来る人も。最終的には私を含めて日本人2人、メキシコ人5人の計7人での受験でした。試験の流れや会場の使い方の説明などは全部英語なので、スペイン語の分からない方にも優しいです。逆に私のように普段英語を使う機会がなくてスペイン語の方が得意だと、いきなり英語で話し出されて焦りますが。笑

20180623_182224.jpg

20180623_182036.jpg

会場はこんな感じ。日本の小学校の教室の半分くらいの大きさで、席は決められておらず自分で選べます。椅子と机が一体型でスペースがないので、試験問題・解答用紙・筆記用具を使い勝手良く配置するのが結構難しかったです。
試験中に誰かの携帯が鳴る!(勿論試験前に携帯を切るように言われますが、メキシコ人は自分にも他人にも甘いので、鳴っても特に悪びれた様子はなし。鳴らしたペナルティもありません。)解き終わった受験者がどんどん席を立って落ち着かない!(日本だと、時間一杯確認に使う方がほとんどではないでしょうか?)試験中お菓子を食べ出す受験者にびっくり!(もしかして、日本のように公共の場では飲食禁止の環境の方が世界では少数派?)などの小さなトラブルもありつつも、試験は無事に終わりました。

④結果
結果は試験から1週間後(6月30日)にメールで送られてくるとのことです。「時間、期日を守る」という概念が存在しないに等しいメキシコですので、本当にそんなに早く届くのか、半信半疑ですが…。結果が届いたら、またレポートしたいと思います!

20180623_181923.jpg最後までお読みいただき、ありがとうございました:)


2018年6月26日
2018年6月16日
2018年6月11日
2018年6月 4日
2018年5月10日
⇒すべての記事を見る

メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モンテレイ特派員

    モンテレイ特派員
    Sayaka
    2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集