海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > メキシコ/モンテレイ特派員ブログ

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Monica

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは、モンテレイ特派員のMonicaです。


レストランに行ったとき、飲み物に迷ったらリモナダ(レモネード)がおすすめです。
日本人の口に合うと思います。

20190915_122643.jpg
20190913_191944.jpg


メキシコでは、レモンはとてもポピュラーです。
タコスなどトルティーヤ料理を食べる時は必ずレモンをかけるし、ビールにレモンを入れて飲む人もいます。


メキシコのレモンは緑色で、梅くらいの大きさがあるのが正解です。ライムといったほうがイメージが湧くでしょうか。
日本の黄色いレモンに慣れていると、緑色はまだ硬くてすっぱそうと思ってしまいますが、それで食べごろです。
びっくりするくらい果汁たっぷりでおいしいです。
20191117_132813.jpg


レストランでレモネードを頼むと、炭酸水(アグアミネラル)か普通の水(アグアナトゥラル)かを選べる店もあります。
個人的には炭酸水のほうが好き。

ステーキとかタコスとか、レストランでは肉料理を食べることが多いので、シュワッとした炭酸レモネードのほうが合う気がします。


ちなみにスーパーやコンビニで買えるジュースで、私が一番お気に入りなのは「Valle」のオレンジとリンゴです。
メキシコのジュースではかなり貴重な、果汁100%! 自然の甘み!!
「100% Jugo de Fruta」という表示があれば果汁100%です。
20190815_192358.jpg


マンゴーやパイン味もありますが、これらは果汁100%ではありません。とても甘かったです。。
歩き疲れた時にはうれしい甘さかも。


なお、こちらではコンビニでもレストランでも麦茶や緑茶のような砂糖なしのお茶は売っていません。
ちょっといいレストランでは、食後のコーヒー的に紅茶を選べるところがあるかもしません。


コンビニ等でも運よくペットボトル入りの紅茶が見つけられるかもしれませんが、砂糖がたっぷり入っています。
ティーバッグは売っているし、ホテルにもコーヒーと同様にサービスがあると思いますので、どうしてもお茶が飲みたい場合は紅茶で我慢してください。
(メキシコに長居する方は、日本から緑茶のティーバックを少し持ってくるのもありですね!)


2019年12月 6日

こんにちは、モンテレイ特派員のMonicaです。


モンテレイの南西部に「San Pedro Garza Garcia」(通称 サンペドロ)という地区があります。
ここは、中南米で最も裕福な地区といわれています(サンペドロに住む知り合いの大家さんはサッカーチームのスポンサーだとか!?)。


そのため治安はよく、この地区に限り、夜に歩いても問題ないといわれています。メキシコ初心者の方は、この地域のホテルを選ぶといいかもしれません。


高層マンションやホテル、カジノ、レストラン、ショッピングモールなどの商業施設が立ち並んでいるので、夜のほうが煌びやかで、ゴージャス感が増します。
20191012_195407.jpg

モンテレイで一番レベルの高い大学や病院があるのもこの地域。
住宅街の雰囲気は閑静で落ち着いており、他の地区でたまに感じるような殺伐とした雰囲気は一切感じません。
サンペドロは高いけど安心、というイメージです。


交友関係の広いセレブ(想像です)が集まる地区なので、レストランももちろん他の地区より格段にレベルが高いです(値段も高い)。
おいしいレストランを探すなら、やはりサンペドロになります。

先日行った日本食レストランで、本当においしい刺身や寿司をいただくことができたので紹介します。


■Hanaichi

20191018_192504.jpg
↑お通しの煮物

20191010_210849.jpg
↑サラダラップ(中央のごまだれが濃厚で本当においしい!)

20191010_205845.jpg
↑お刺身盛り合わせ


日本にいたら普通ですが、メキシコではめったに「日本の味に近い日本食」や新鮮な刺身を食べられないので、久しぶりに感動しました。


サンペドロにはオーガニックのスーパーとかオシャレなカフェとか、ほかの地域にはない店があるので、もっと発掘したいなと思います。


2019年11月29日

こんにちは、モンテレイ特派員のモニカです。


メキシコといえば、タコス!!!

メキシコに来たなら必ず食べてほしいです。
レストランではややおしゃれなタコス、屋台では庶民の味が激安で楽しめます。

タコスは、地域(または店)によってトルティーヤの調理方法や包む具材に特徴があり、そのバリエーションの多さはブラックボックスだといわれています。

今回は、モンテレイのタコスの特徴と、注文の仕方(注文の仕方は全国どこも同じ)を紹介します。
レストランではひと皿がオーダー単位で、たいてい3~5つ乗っています。屋台ではひとつから注文できます。


<注文のしかた>
① 皮(トルティーヤ)の種類を選ぶ
② 具を選ぶ
③ トッピングやレモン、ソースをお好みでかけて食べる!

20191026_154924.jpg
↑カジュアルな店では、壁にメニューが貼ってある場合が多い


① 皮は、たいていの店ではマイース(トウモロコシ)か、アリーナ(小麦)の2種類が選べます。マイースは、アリーナよりも香ばしくて歯ごたえがいいです。私は例えば5個頼む場合、3つをアリーナ、ふたつをマイースにして両方楽しんでいます。
モンテレイでは、何も言わなければ焼いたトルティーヤの上に具材が乗ってきます。


② モンテレイでポピュラーな具材は、
・カルネアサーダ(焼肉。部位はバラ肉や肩肉など)
・アラチェラ(牛のハラミ)
・バルバコア(BBQ。蒸し焼き?)
・トロンポ(豚肉。ケバブのように丸焼きを削いだ肉)
・カルニータ(牛または豚肉をサイコロ状に切って炒めたもの)
・チチャロン(豚肉の揚げ焼き)
・カベサ(牛の頭の肉)
・ポジョ(鶏肉)
・カンペチャノ(牛肉と豚肉のミックス)
・タコスドラーダ(U字型に揚げたトルティーヤに具を挟んだもの)
でしょうか。
「Tacos de 肉の焼き方or 肉の部位」というふうに注文します。

モンテレイは牛肉の産地なので、タコスも肉オンリー。ぜひ牛肉タコスを味わってほしいです。
わからなければ、「これ」と指させばOKです。


ちなみに私のお気に入りトップ3は、
・タコス デ アラチェラ
・タコス デ カルニータ
・タコス デ カベサ

です!


③ トッピングは、玉ねぎ・パクチー・トマトをみじん切りにしたものが、屋台の場合はテーブルに置いてあるはずです。
レストランではタコスと同時に持ってきてくれるはずです。

ソースは赤色と緑色の2種類があります。
両方ともスパイシーですが、赤色のほうがややマイルドです。

熱々のお肉だけ乗ったものを持ってくるので、あとは好きなようにアレンジしていただきます。


20191026_155221.jpg
↑このお店では4種類のソースと玉ねぎの酢漬け、パクチーが置いてありました。
辛いのもありましたがどれもおいしかった!

19-10-26-21-11-46-368_deco.jpg
↑みんな大好き♪

19-11-17-11-24-10-859_deco.jpg
↑持ち帰りもできます


今回は、夫とふたりでタコス10個+コーラ+レモネードをお腹いっぱいいただき、合計170ペソ(約850円)でした!


なお、メキシコに来ると、タコスに似たトルティーヤ料理がたくさんあることに気がつくと思います。
私もまだ把握しきれていないのですが、手のひらサイズ以外のものはタコスではなく、ほかの名前がついています(ブリートとかフラウタとか)。

もっと色々試し、またこちらで紹介したいと思います。


2019年11月22日
2019年11月19日
2019年11月15日
2019年11月 8日
2019年10月26日
⇒すべての記事を見る

メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モンテレイ特派員

    モンテレイ特派員
    Monica
    結婚と同時にモンテレイに移住。現在は会社勤務をしながら、日本人がより快適で安全に過ごせる方法や週末に楽しめるスポットを開拓中。 趣味はバックパック旅行。ダウンタウンよりも自然豊かな郊外、おしゃれなレストランよりも屋台メシ、ただのドライブよりも車を降りて実際にその土地を歩くことが好き。 日本での海外営業部勤務、中南米での青年海外協力隊を経て現在に至る。 DISQUS ID @disqus_JLmGB1Nn9U

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集