海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテレイ特派員ブログ > 美食の街・プエブラの料理をモンテレイで味わう

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月15日

美食の街・プエブラの料理をモンテレイで味わう


美食の街・プエブラの料理をモンテレイで味わう

securedownload.jpg

「食は広州にあり」のように、メキシコきっての美食の街がプエブラ。日本だと、先のメキシコ中部地震でその名前を知った人も多いのではないでしょうか。メキシコシティから車で2時間半ほど行ったところにあり、スペイン文化を色濃く残す美しい世界遺産の街です(なんと、別名が「天使の街」!)。

20170923_165029.jpg
メキシコシティまで飛行機で1時間半かかるここモンテレイからは、プエブラは気軽に行ける距離ではありませんが、プエブラ料理の専門店ならあります。オープンテラスの席が可愛いエル・グスト・デ・プエブラ(El Gusto de Puebla)。やっと涼しくなってきた今、外で食べるのもお勧めですよ...と書きたいところですが、幹線道路沿いでかなり排気ガスが酷いので、季節・時間を問わず中で食べるのがお勧めです。

20170923_153606.jpg
店内は凝った装飾もなくシンプルなのですが、お客さんごとにかけかえられる真っ白なテーブルクロスに、ピアノの生演奏もあり、なかなか良い雰囲気。ただ、話すことを禁止されたら生きていけないメキシコ人、そんな環境でもお構いなしで大声でガハハハ!と大笑いしながら盛大に飲んで食べてしているので、店内はかなり賑やかです。お子様連れも沢山いました。

20170923_153319.jpg

これはお通しです。街の食堂でも高級店でも、メキシコ料理店なら必ずこのタイプのお通しが無料で出てきますよ。

20170923_153018.jpg
スペイン語ができない人にも嬉しい英語併記メニュー。これは前菜の部ですが、一番最後にgrasshopperとありますね。これ、何が出てくるか想像できますか?「かっぱ巻き」のようなイメージで付けられた料理名ではなく、そのものズバリ、ばったの素揚げです。私は苦手ですが、メキシコではかなりポピュラーな食材なんですよね、ばった...。

20170923_153358.jpg
ばったは置いておいて、まず私が頼んだのは、フリホーレス・ア・ラ・チャラ(frijoles a la charra、牧童風豆煮込み)。豆、たまねぎ、トマト、あらゆる豚の加工肉(ハム、ベーコン、ソーセージ、皮の素揚げ)をラードで炒め煮した濃厚なスープです。私の大好物で一度自作したことがあるのですが、大量に作らないと美味しくならないため、大なべと格闘の上、一週間以上毎日豆三昧に...。やはり手間のかかる料理は、店で食べるに限ります。笑

20170923_154333.jpg
同じく「手間がかかるから外で食べるもの」の代表料理と言えるのが、こちらチレ・エン・ノガーダ(chile en nogada、唐辛子の肉詰め)。片手に収まりきらないほど大きな唐辛子(辛くない)の肉詰めに、甘いクルミのソースをかけて、ザクロを飾ったものです。緑・白・赤でメキシコ国旗カラーなので、9月16日の独立記念日に合わせて、8、9の二ヶ月間の期間限定メニューにしているところが多いです。日本の「冷やし中華始めました」のように、メキシコでは8月になると、あちこちのレストランから「チレ・エン・ノガーダ始めました」の声が聞こえてきて、季節の移り変わりを感じるのです。ただ、プエブラを代表するメニューなので、こちらのレストランではチレ・エン・ノガーダは特に季節限定メニューではないようです。

20170923_155019.jpg
割ってみると、中は鶏肉を裂いて、干しぶどうと一緒に甘辛く煮たもの。お店によって中が豚肉だったり、味付けがスパイシーだったり、衣を付けて揚げてあったりするのですが、こちらのチレ・エン・ノガーダは衣なし、白ご飯にも合いそうなまろやかな甘辛味で、日本人の味覚にも合うと思います:)


一皿の量が凄く多いため、一皿に二つ載っていたチレ・エン・ノガーダのうちの一つはお持ち帰りにしたのに、この二品でギブアップだったのですが、お客の間を回って勧めてくれるデザートワゴンも魅力的でした。次回リベンジしたい!前菜からデザートまで一皿ずつ頼んで、二人で分けてちょうど良いくらいだと思います。実際、近くのテーブルでそのように頼んでいる人を食後に目にし、ああすれば良かったのか!と悔しい思いをしました。笑


メキシコ料理というとファーストフードのイメージが強いと思うのですが、せっかくメキシコにいらしたら、このような手間隙かけた伝統の味も是非お楽しみいただきたいです。


【データ】

名称:エル・グスト・デ・プエブラ(El Gusto de Puebla)

住所:Calle Lope de Vega 100, Anáhuac, 66450 San Nicolás de los Garza, N.L., México

※メトロ2号線アナウアック駅(Anáhuac)降りてすぐ

TEL:52 81 8352 0375

営業時間:月-土 12:00-25:00、日 12:00-24:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年10月15日
« 前の記事「季節のお菓子~ハロウィン、死者の日編~」へ
»次の記事「モンテレイでたこ焼き屋始めました」 へ
おすすめ記事
    モンテレイ特派員 新着記事
    Tabe-yaで熱々たこ焼き、お好み焼きを楽しもう!
    「現地に溶け込む服装」ってどんな格好?
    メキシコは本当に親日国なのか?
    健康志向のあなたに、オフィリアおばちゃんのオーガニックスーパーフード
    独立記念日前限定!メキシカンなお土産をゲットしよう
    メキシコの生理用品事情
    猫好きホイホイインスタ映えスポット!フィラデルフィアの猫のたわむれる噴水
    駆け上がれ!咆えろ!フィラデルフィアでロッキーになりきる

    メキシコ ツアー最安値


    2018/10/15更新

    メキシコ 航空券情報


    メキシコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モンテレイ特派員

      モンテレイ特派員
      Sayaka
      2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集