海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテレイ特派員ブログ > 二日酔いの朝には何食べる?

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月 7日

二日酔いの朝には何食べる?


メール プリント もっと見る

二日酔いの朝には何食べる?

¡Feliz año nuevo! (=Happy new year!) メキシコからあけましておめでとうございます。

本年も皆様楽しく旅行ができますように!このブログが少しでもそのサポートになれば幸いです。今年もよろしくお願いします。20180102_142317.jpg
さて、皆様年末年始は盛大に飲んで食べて...を満喫されましたでしょうか?飲みすぎてまだ体調が優れない方もいるかもしれませんね。笑
日本だと二日酔いには柿が良いとか蜆の味噌汁が良いとか言いますが、メキシコで二日酔いに効くとされているのが、こちらのメヌード(Menudo)というスープ。 軟らかく煮込んだ牛の胃(日本で言うところのセンマイ?)がごろごろ入っており、これに生の玉葱とパクチーのみじん切りをかけ、ライムを搾っていただきます。 私は飲まないのでしらふのときに食べたことがありますが、真っ赤な見た目に反して辛くはないのですが、かなり塩辛く脂っこい一杯。
20170806_100004.jpg
二日酔いで気分が悪いところへ、よくこんなこってりしたものを入れられるな~と思うのですが、土日の朝はあちこちにこのメヌードを提供する屋台が出て、前夜しこたま飲んだであろう人たちで賑わっています。
20170806_095950.jpg
我が家の近所の屋台では、大(グランデ=grande)が65ペソ(約380円)、小(チコ=chico)が60ペソ(約350円)。大抵、小でも大き目のカフェオレボウルくらいのサイズで出てきますから、食べ慣れない人が一人で飲みきるのはちょっと大変かもしれません。
定番メニューとして出している場合も時々ありますが、多くの場所ではこのメヌードの提供は週末のみ。旅先で羽目を外しすぎてしまった...という場合には、是非挑戦してみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 生活・習慣・マナー
2018年1月 7日
« 前の記事「民芸品×快適空間のヒントをもらえる、Etnia Café」へ
»次の記事「七つの大罪を打ち払え!大興奮のピニャータ割り」 へ
おすすめ記事
    モンテレイ特派員 新着記事
    甘すぎて生食に向かないフルーツ、マメイ
    【サン・アントニオ】世界遺産サン・アントニオ・ミッションズをバスで巡ろう
    【サン・アントニオ】空港・市内間を公共バスで移動
    rice cakeは、餅に非ず
    幻の高額紙幣
    愛されて58年、老舗シーフードレストランCoctelería Pequeño
    とってもアルゼンチン!甘党なら押さえておきたいアルファホル
    夢の大人買い!お菓子の問屋街に行ってみた

    メキシコ ツアー最安値


    2018/4/27更新

    メキシコ 航空券情報


    メキシコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モンテレイ特派員

      モンテレイ特派員
      Sayaka
      2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集