海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテレイ特派員ブログ > 【サン・アントニオ】世界遺産サン・アントニオ・ミッ...

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Sayaka

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月16日

【サン・アントニオ】世界遺産サン・アントニオ・ミッションズをバスで巡ろう


【サン・アントニオ】世界遺産サン・アントニオ・ミッションズをバスで巡ろう

20180331_114603.jpg

18世紀にスペイン帝国が先住民をキリスト教化するためにサン・アントニオに築いた5つの伝道所と1つの牧場が、テキサス州初の世界遺産「サン・アントニオ・ミッションズ」です。メキシコに暮らしていると、日本人は世界遺産好きだよな~と実感するのですが(メキシコ人は全くと言っていいほど世界遺産に関心がないです。ユネスコの存在自体あまり知られていない気が...)、サン・アントニオ・ミッションズは2015年7月に登録された比較的新しい世界遺産なので、日本ではまだあまり知られていないかもしれません。

20180330_140028.jpg
この5つの伝道所のうちの1つが、「アラモの砦」として知られるミッション・バレロ。こちらはダウンタウンのど真ん中にあるので、簡単に行けます。平日でもかなり観光客がいるので、オープン時間の9時にあわせて行くのがお勧めです。入場料は無料で綺麗なトイレもありますし(以下のミッションも、入場料は全て無料、トイレも綺麗でした)、ギフトショップも充実しているので、特に歴史に興味がなくても、とりあえず覗いてみると良いかもしれません。


牧場については車がないと行けないので今回はパスしましたが、残り4つの伝道所についてはダウンタウンから出ている40番のバスで回ることが出来ます。ライドシェアの自転車もあり、道も綺麗に舗装されているのですが、どのミッションのステーションにもほとんど自転車がありませんでしたし、それぞれのミッション間はマウンテンバイクなら爽快でしょうが普通のママチャリで走るような距離ではないので、ミッション巡りにはあまり向いていないと思います。


ダウンタウンに近いほうから、

20180330_111725.jpg20180330_105827.jpg
ミッション・コンセプシオン

20180330_122016.jpg20180330_115108.jpg
ミッション・サン・ホセ

20180331_114919.jpg20180331_114733.jpg
ミッション・サン・フアン (冒頭の写真も、ここで撮ったものです)

20180331_112123.jpg20180331_112004.jpg
ミッション・エスパーダ


何しろバスが30分に1本しかない(しかも時間通りに来ない)ものですから、全部を見ようと思うと一日がかりです。周りに食事をできるところがないので、一日で全部回るつもりなら、食事の携帯も忘れずに!私は不謹慎にも、同じようなものばかり見ても飽きるよなあ...と思ったのと、寒かったので温かいものが食べたくて、1日目の午前中にミッション・コンセプシオンとミッション・サン・ホセ、次の日の午前中にミッション・サン・フアンとミッション・エスパーダと二日間に分けて回り、ダウンタウンに戻って昼食をとっていました。

20180330_115751.jpg20180330_115418.jpg
時間がなくて全部は見られない、またはそこまで興味はないけど、とりあえず有名どころは押さえておきたい...という方には、この中で一番大きなミッション・サン・ホセがお勧めです。芝生や樹木はかなり念入りに手入れされているのですが、建物自体は廃墟感満載で、写真の撮り甲斐がありますよ。

20180330_122110.jpg20180330_121757.jpg
眩しい緑が本当に綺麗で、ピクニックなどしたら気持ちの良さそうな場所でした。「ヒアリがいます」と注意書きがあったので、腰を下ろすのには要注意ですが。

20180330_141250.jpg
どこのミッションも、当時の暮らしがどのようなものだったのか詳しく説明したパネルがあちこちにあるのですが、私が驚愕したのが、ミッション・コンセプシオンで見た、「スペイン人修道士は、時間割に従って粛々と行動することを先住民に厳しく教えた」という一文...。では何故、「時間を守る」「予定を立てる」という概念が、今のスペインにもメキシコにもないんでしょうか?それは世俗の世界の話で、今でも宗教施設に行ったら、きちんと時間が守られているんですかね...。使役されていた先住民の悲哀に想いをはせてアンニュイな気分になっていたのが、一気に吹っ飛びました。

20180330_115853.jpg
ちなみに...私は今回が初めてのテキサスの旅だったので、旅行前は「テキサス=カウボーイ」と思っていたのですが、こんな感じで実用ではなく街中でおしゃれとしてウエスタンルックをしている人、実はサン・アントニオの方が我が街モンテレイよりずっと少なかったです。笑 一言でテキサスと言ってもかなり広いので、牧畜業が盛んな街に行けばまた雰囲気が違うのでしょうけど、これもまたカルチャーショックでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年4月16日
« 前の記事「【サン・アントニオ】空港・市内間を公共バスで移動」へ
»次の記事「甘すぎて生食に向かないフルーツ、マメイ」 へ
おすすめ記事
    モンテレイ特派員 新着記事
    Tabe-yaで熱々たこ焼き、お好み焼きを楽しもう!
    「現地に溶け込む服装」ってどんな格好?
    メキシコは本当に親日国なのか?
    健康志向のあなたに、オフィリアおばちゃんのオーガニックスーパーフード
    独立記念日前限定!メキシカンなお土産をゲットしよう
    メキシコの生理用品事情
    猫好きホイホイインスタ映えスポット!フィラデルフィアの猫のたわむれる噴水
    駆け上がれ!咆えろ!フィラデルフィアでロッキーになりきる

    メキシコ ツアー最安値


    2018/10/18更新

    メキシコ 航空券情報


    メキシコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モンテレイ特派員

      モンテレイ特派員
      Sayaka
      2013年よりメキシコ在住。メキシコシティでの語学留学を経て、現在の拠点は北部の工業都市・モンテレイ。通訳、翻訳、日本人の生活相談等にあたっています。スペイン語は話せても、常識が違いすぎて「言葉は通じても話が通じない」状況に陥ることは未だに度々。親日国と呼ばれながらも街に溢れる間違った日本文化に苦笑いしつつ、カルチャーショックに溢れた毎日をお届けします。 DISQUS ID @disqus_NTVjnfN6FE

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集