海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテレイ特派員ブログ > メキシコ・三賢者の日

メキシコ/モンテレイ特派員ブログ Monica

メキシコ・モンテレイ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年1月 8日

メキシコ・三賢者の日


メキシコ・三賢者の日

こんにちは、モンテレイ特派員のMonicaです。


クリスマス・正月が終わっても、メキシコのホリデーシーズンはまだ続きます。


1月6日は「三賢者の日」で、イエスキリストの誕生を祝うために、祝いの品を持った三人の賢者が象、馬、ラクダに乗ってはるばる星に導かれてキリストの生誕地までやってきた日とされています。


祝いの品にちなんで、子供たちにプレゼントを渡す習慣があります。


クリスマス、三賢者の日と続くので、友達の家では6日はもうおもちゃは渡さない、と言っていましたが、一方で、クリスマスは何もなしで、6日におもちゃを渡す家もあるようです。

行事が終わると瞬時にディスプレイが変わる日本に慣れていたので、12月25日が過ぎてもツリーもおもちゃ売り場もそのままだった町に違和感がありましたが、背景を知って納得しました。


その他にこの日の楽しみとなっているのが、「ロスカ」という、王冠を模したドーナツ状の大きなパンを食べることです。
20200106_103518.jpg


パンの中にはイエスキリストの子供時代と言われる小さな人形が4~5体入っています。
20200107_180327.jpg


順番に切っていき、人形が当たった人は幸運、そのおすそ分けとして、2月2日にタマレス(トウモロコシの粉をペースト状にして肉や豆を挟み、それを葉で包んで蒸した伝統料理)を皆に振る舞うのが習慣です。
2月2日にもまだイベントがありますが、クリスマスシーズンは1月6日をもってようやく終了します。
20200106_104200.jpg

職場では、この日は仕事始めで、皆充実した休みを過ごした様子で出社してきました。
ロスカ食べるかな~と思ったら、やっぱり食べました。
ええ、就業時間中に。
初めていただきましたが、ほんのり甘くて食感はメロンパンに似ていました。


残念ながら人形は当たらなかったので、2月2日のタマレスを楽しみにしたいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2020年1月 8日
« 前の記事「季節の行事 ポサーダとは?」へ
»次の記事「メキシコの食事時間」 へ
モンテレイ特派員 新着記事
メキシコの食事時間
メキシコ・三賢者の日
季節の行事 ポサーダとは?
メキシコ・モンテレイで、クリスマス時期になるとよく見る飾り
メキシコ流のクリスマス準備とは?
メキシコ人に人気の日本のお菓子
メキシコはレモネードがうまい
モンテレイ南西部のサンペドロ地区とは? 日本食レストラン「Hanaichi」情報も

メキシコ ツアー最安値


2020/1/24更新

メキシコ 航空券情報


メキシコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■メキシコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モンテレイ特派員

    モンテレイ特派員
    Monica
    結婚と同時にモンテレイに移住。現在は会社勤務をしながら、日本人がより快適で安全に過ごせる方法や週末に楽しめるスポットを開拓中。 趣味はバックパック旅行。ダウンタウンよりも自然豊かな郊外、おしゃれなレストランよりも屋台メシ、ただのドライブよりも車を降りて実際にその土地を歩くことが好き。 日本での海外営業部勤務、中南米での青年海外協力隊を経て現在に至る。 DISQUS ID @disqus_JLmGB1Nn9U

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集