海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > モンテビデオ特派員ブログ > マリファナ合法化法案可決

ウルグアイ/モンテビデオ特派員ブログ Mariana

ウルグアイ・モンテビデオ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月22日

マリファナ合法化法案可決


メール プリント もっと見る

マリファナ合法化法案可決

さて、去る12月10日、ウルグアイでマリファナ合法化法案が上院で可決 され、日ごろ存在感の無い小国がにわかに世界で話題になりました。


このマリファナ合法化法案ってなんなの?という事に今回は触れてみたいと思います。


ウルグアイにおいて、医療以外の目的でもマリファナの栽培・製造・販売・購入・消費を合法としたものです。2014年に法制化される予定です。


この法律が出来た背景は、もちろんマリファナ愛好家の為でもないし、マリファナツーリズムを推進する為でもありません。


ウルグアイで近年急速に進んでいる薬物乱用を食い止めるべく、麻薬密輸・密売組織の資金源をたつ事による弱体化が目的です。マリファナの売上に課した税金による収入が目的とも言われていますが、政府は密売者より購入しないようにマリファナを格安(1USD/g)で販売する方針ですので、収入を第一の目的とはしてないと言って います。また、最初はマリファナ購入目的で麻薬が密売されている場所(Boca=ボカと呼ばれています)に通い始めたとしても、そこからパスタ・バセと呼ばれる安価ですが粗悪な薬物や、さらに中毒性の強い薬物に手を出してしまうというプロセスを食い止める事も目的です。


ですので、マリファナの使用を促進する目的はありませんので、使用に当たっては制限があります。

・栽培は登録の上6株もしくは上限480gまで(個人使用目的の栽培に限る)。

・購入者は登録のうえ、薬局で購入。

・一ヶ月の購入上限量は40gまで。

また、ウルグアイでのマリファナ購入にあたってはウルグアイの居住権が必要で、居住権の無い者には販売する予定は無い そうです。


ここで少し話が変わりますが、オランダのマリファナ合法とは何が違うの?という質問をよく受けます。そこで調べてみたところ、オランダではマリファナは合法 であるわけではないそうで。違法なのですが、寛容政策が取られているため、起訴されないだけとか。(マリファナの影響によって起こした騒乱・破壊行為に着いては、その行為に応じた法によって罰せられます。)


さて、ウルグアイではマリファナは合法化されますが、日本のマリファナ(大麻)関連の法律には「麻薬取締法」があり、特に個人使用については同法第24条 および刑法2条 により制限されていますので、ご注意下さい。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2013年12月22日
« 前の記事「今年は違ったモンテビデオの夏」へ
»次の記事「サッカー試合でまた暴動」 へ
おすすめ記事
    モンテビデオ特派員 新着記事
    サッカー試合でまた暴動
    マリファナ合法化法案可決
    今年は違ったモンテビデオの夏
    ノスタルジアを笑い飛ばせ!
    モンテビデオを旅する前に知っておいた方が良いこと
    語学習得 + 宿探しの旅スタイル
    メーデーの過ごし方
    matrimonio igualitario (結婚平等法)案、可決

    ウルグアイとその付近のエリア ツアー情報


    2017/9/21更新

    中南米 航空券情報


    ウルグアイ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ウルグアイの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • モンテビデオ特派員

      モンテビデオ特派員
      Mariana
      数年前にブエノスアイレス旅行のついでに、モンテビデオに立ち寄ったのが運の尽き。すっかりウルグアイに魅了されてしまい、2011年よりウルグアイ在住。まだまだ不自由なスペイン語を思うまま繰り出してウルグアイ人を煙に巻き、有り余る好奇心を持て余してあちこちを探索中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集