海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントリオール特派員ブログ > ケベックシティのB&B、ココなら間違いありません(...

カナダ/モントリオール特派員ブログ 旧特派員 カオリ

カナダ・モントリオール特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 4日

ケベックシティのB&B、ココなら間違いありません(>_<)!


ケベックシティのB&B、ココなら間違いありません(>_<)!

こんにちは。
モントリオールはここしばらく
時折激しい雨が降るなど、どんよりした
天気が続きましたが、ようやく晴れ間が
戻ってきています。


街は、夏のバケーションを利用して
観光に来ている人々で賑わっています。
モントリオールに観光で来る方は、
せっかくなのでケベックシティまで
足を伸ばす方も多いようですね。


★晩秋のケベックシティの様子はこちらから★


★晩秋のケベックシティ(プチ・シャンプラン通り)の様子はこちらから★


★冬のケベックシティ(昼)の様子はこちらから★


★冬のケベックシティ(夜)の様子はこちらから★


QCB&B_1.jpg

ということで、今回はちょっと
(かなり^^)素敵なケベックシティの
B&B(Bed & Breakfast)をご紹介します。
※今回の記事は少し長めです^^


名前は『Le 253』(ル・253)。


単刀直入に言って、ここは私が
今まで利用したB&Bの中で
一番素敵でした(>_<)!
(特に報酬をもらったりはして
いませんのでご心配なく^^;)


QCB&B_2_1:2.jpg QCB&B_2_2:2.JPG

観光地の中心部。オールドケベック
から徒歩20〜30分の距離の、便利の
良い場所にあります。


中に入ると、アーティスティックで
おしゃれなリビングが目に飛び込んで
きます。


到着時間をきちんと確認して待って
いてくれるオーナーが、「明日の朝食の
場所ははここだよ」(写真右)、と
フレンドリーに説明してくれます。


QCB&B_3_1:2.jpg QCB&B_3_2:2.jpg

お部屋は2階にあります。
陽の光がさす明るいお部屋が
素敵すぎて、ここに住みたいと
思ってしまいました。。


お部屋に飾ってあるこのムードある
絵画は、画家であるオーナーのお1人
マイケルさん(オーナーは2人です)の
作品だそうです。

QCB&B_4.jpg

窓からは、可愛らしくお手入れされた
ガーデンが見えます。晴れていれば、
ガーデンでくつろぐこともできます。


QCB&B_5.jpg

2階の壁紙はシンプルだけど温かみの
ある色合いで、おしゃれな雰囲気を
さりげなく醸し出しています。
そして、特筆すべきは、
何と言ってもとても清潔!


QCB&B_6_1:2.jpg QCB&B_6_2:2.jpg

全4部屋共同のバス・シャワー室も
掃除が隅々まで行き届いており、
ホテルさながらです。


シャワー用のバスマットも、
1人ずつ別々に使えるよう、何枚も
用意されています。


QCB&B_7.jpg

宿泊翌朝、朝食を食べに行くと、
テーブルはこんな風にセッティング
されていました。


QCB&B_8.jpg

ジュースは、オレンジ・アップル・
クランベリーから選べます。
コーヒーもなんと注文制!
カフェラテとカプチーノを頼むと、
1つずつ違うカップで
用意してくれました。


QCB&B_9.jpg

メニューも、オムレツ・パンケーキ、
それからあと1つ忘れてしまいましたが、
注文制・・!すごい。。ココって
B&Bじゃなかったでしたっけ・・?!


私はオムレツとフルーツ盛り合わせを
お願いしてみました。すごい・・。
(朝食代は宿代に含まれています)


QCB&B_10.jpg

オムレツが本当に上品な味!ベーコン、
アスパラ、セロリ、パプリカ・・等など
に、スイスチーズをのせて巻いたとか。


食べさしで恐縮ですが、
この美味しさを伝えないわけには
いかず・・^^;これだけ食べに
また行きたいくらいです。


このサービスクオリティで
1泊CAD80/人〜とは、正直
驚きです。


QCB&B_11.jpg

ダイニングにもオーナーの作品が。
雰囲気ありますねえ・・。


QCB&B_12.jpg

あ、booking.comサイト評価が
なんと10点中9.7!
いやはや、深く納得です。


QCB&B_13.jpg

こちらがオーナーの
マリオさんとマイケルさん。
2人とも本当に親切でいつもニコニコ。
宿泊施設で感激したのは、いつぶり
でしょうか。。


ケベックシティに行かれる機会が
あれば、ぜひこのお2人の、センス
溢れるホスピタリティーに触れて
みて下さい!


QCB&B_14.jpg

ちなみに、Le 253から歩いてすぐの
所にはレストランやお店がある通りが
あるので、夕飯も安心です:-)


-----------------------------------------------------------
Le 253.com
couette et café bed & breakfast

(ル・253)
住所: 253, rue de la Reine, Quebec, QC G1K 2R1
アクセス:オールドケベックから徒歩約25〜30分。
電話番号:418-647-0590
宿泊費:CAD80/人・泊〜
Email: info@le253.com
URL: http://www.le253.com/
-----------------------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2017年7月 4日
« 前の記事「モントリオールに来たら、モントリオールスタイルベーグルを食べないと!」へ
»次の記事「憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.1) 」 へ
モントリオール特派員 新着記事
モントリオールから行ける湖畔のリゾート【Esterel resort】
モントリオールで抹茶シュークリームが食べられる!【Alice and Theo】
モントリオールに誕生した新しいパティスリー【Farine&Cacao】
モントリオールで新型コロナワクチンの接種をしてきました。
モントリオールに新しい日本食材店がオープン!【亀鶴商店】
Lavalに咲き乱れるチューリップ畑
モントリオールにオマール海老シーズンが到来!
モントリオールの冷凍食品専門店【Cool & Simple】
1年前の同じ月に投稿された記事
8/13(土)『祭ジャポン』開催予定!
夏のモントリオールでひと味違う体験をしたいなら、ワイナリーへ!
只今『モントリオール国際花火大会』開催中!
モントリオール滞在中に素敵なブランチを楽しみたいなら・・

カナダとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

カナダ 航空券情報


カナダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モントリオール特派員

    モントリオール特派員
    カオリ
    結婚を機に2015年よりモントリオール在住。主婦業のかたわら、海外関連記事執筆やコーディネーターも。米大学院で環境学修士号取得。美しいカナダの自然の様子を伝えるべく、本格的に写真の勉強中。自然はもちろん、街歩きやグルメ、旅行情報をお届けできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_IUATY400JV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集