海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > モントリオール特派員ブログ > 憧れのプリンスエドワード島へ!(B&B編)

カナダ/モントリオール特派員ブログ 旧特派員 カオリ

カナダ・モントリオール特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月26日

憧れのプリンスエドワード島へ!(B&B編)


憧れのプリンスエドワード島へ!(B&B編)

こんにちは!
3回続けてPEI旅行編を
お届けしてきましたが、
(ひとまず)最終回の
今回は、B&B編です。


Inn_1.JPG

『Cavendish Breeze Inn』
(キャベンディッシュ
ブリーズイン)は、シャーロット
タウン空港から車で約30分ほどの、
風光明媚な景色が広がる、キャベン
ティッシュにあります。


こちらはどこも、敷地が広く
優雅です^^ちなみにココ、
赤毛のアンで有名なグリーン
ゲイブルズ(*1)へ徒歩5分ほどで
行けてしまいます。
---------------------------------
(*1) https://www.tourismpei.com/green-gables-house


郵便局やお墓など、アンに
まつわる数個の施設から
徒歩圏内の立地は、車なしで
観光される方にはかなりポイント
高いです!PEIは、シャーロット
タウン以外、基本車なしでは
どこへも行けませんので・・。


Inn_2.JPG

大通りから少し奥に入るので
車の音も一切聞こえません。


風に揺れる木の葉の音と
鳥の声を聞きながら、デッキで
飲む朝のコーヒーも
贅沢なひと時です。


inn_3_1:2.jpg inn_3_2:2.jpg

朝食は1Fのロビーの横で
取ることになります。
晴れの日は、窓際から朝日が
差し込む中、優雅なブレック
ファストを楽しめます。


オーナー夫婦の奥さまの
かよさんは日本の方なので、
日本語もOKです。
個人旅行だけれど、言葉に
少し不安がある方も安心です^^


それもあってか、日本人の
お客さんにたくさん出会う
ことができました:-)

inn_4_1:2.jpg inn_4_2:2.jpg

こちらは私が泊まったお部屋
(room 5)です。想像していたより
広々として、窓から明るい光が
入り、とても過ごしやすかったです。


強いて言うなら、お隣の部屋と
直接(後ろの白いドアで)繋がって
いるらしく、そこに宿泊客がいる
場合は声や物音が結構響きます・・


最終日にお隣にお客さんが来て
それに気づき、私のイビキが
隣に響いて(?!)うるさいのでは・・
と心配しましたが、大丈夫だった
ようです^^;


お隣の方とも仲良くなって
しまえば心配も減りそうです。


inn_5_1:2.JPG inn_5_2:2.JPG

B&Bなので朝食がついています。
(コテージ宿泊にはついていません)
前日までに希望時間を伝えて
おくと、時間に合わせて席が
準備されています。


飲み物とパンはセルフ
サービスです。


inn_6.JPG

マフィンは手作りでしょうか。
可愛くて美味しい:-)


inn_7_1:2.jpg inn_7_2:2.jpg

inn_8_1:2.jpg inn_8_2:2.jpg

メニューは日替わりです。
4泊したので、4回分撮って
しまいました(笑)。


朝食の時間は、ご飯が美味しい
のはもちろん、他の宿泊客の
方達と、お喋りしたり情報交換
したりできるのも、楽しみの
一つでした。


「昨日はどこへ行ったの?」
「あそこが素晴らしかった」など
から始まり、お互いの話をし合う
のも旅も醍醐味の一つですよね^^


オーナー夫婦のお二人もとても
親切で、オススメ撮影スポットや
レストラン、行き方など細かに
教えてくださって大助かり!
またPEIへ行くときはぜひ、
お世話になりたいです。


inn_9.JPG

ちなみに、メインの建物の
後ろ側はこんな感じです。
私はデッキ付きの下の部屋
(room5)に泊まっていました。


PEIを車で観光するなら、
キャベンディッシュは最高の
宿泊立地だと思います。
赤毛のアン関連施設が近く、
また、国立公園や、風光明媚な
PEIらしい風景スポットへの
アクセスも良い所です。


-----------------------------------------------------------
Cavendish Breeze Inn
(キャベンディッシュ ブリーズ イン)
住所: 40 Memory Ln, New Glasgow, PE C0A 1N0, Canada
アクセス:シャーロットタウン空港から車で約30分。

電話番号:902-963-3385,866-963-3385
宿泊費:時期により変動。詳しくは下記リンク参照↓
http://www.cavendishbreezeinn.com/rates
Email: info@cavendishbreezeinn.com
URL: http://www.cavendishbreezeinn.com/
-----------------------------------------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年7月26日
« 前の記事「憧れのプリンスエドワード島へ!(Part.3)」へ
»次の記事「オールドポートに素敵なカフェが続々・・ :-)」 へ
モントリオール特派員 新着記事
モントリオールから行ける湖畔のリゾート【Esterel resort】
モントリオールで抹茶シュークリームが食べられる!【Alice and Theo】
モントリオールに誕生した新しいパティスリー【Farine&Cacao】
モントリオールで新型コロナワクチンの接種をしてきました。
モントリオールに新しい日本食材店がオープン!【亀鶴商店】
Lavalに咲き乱れるチューリップ畑
モントリオールにオマール海老シーズンが到来!
モントリオールの冷凍食品専門店【Cool & Simple】
1年前の同じ月に投稿された記事
8/13(土)『祭ジャポン』開催予定!
夏のモントリオールでひと味違う体験をしたいなら、ワイナリーへ!
只今『モントリオール国際花火大会』開催中!
モントリオール滞在中に素敵なブランチを楽しみたいなら・・

カナダとその付近のエリア ツアー情報

該当するツアー情報がありません

カナダ 航空券情報


カナダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • モントリオール特派員

    モントリオール特派員
    カオリ
    結婚を機に2015年よりモントリオール在住。主婦業のかたわら、海外関連記事執筆やコーディネーターも。米大学院で環境学修士号取得。美しいカナダの自然の様子を伝えるべく、本格的に写真の勉強中。自然はもちろん、街歩きやグルメ、旅行情報をお届けできればと思っています。写真のみに興味のある方はこちらへ、ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_IUATY400JV

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集