海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > モスクワ特派員ブログ > 日本のバリアフリーとモスクワのマナー

ロシア/モスクワ特派員ブログ 旧特派員 シャーミン&りり

ロシア・モスクワ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月22日

日本のバリアフリーとモスクワのマナー


メール プリント もっと見る

日本のバリアフリーとモスクワのマナー

一年で一番日の長い昨日の夏至、
モスクワの空は11時を過ぎても薄らと夕暮れの様な明るさでした。
最近は気温も毎日30℃に迫る程の暑さで、今モスクワは正に夏です。
そして、モスクワの一番の観光シーズンは、今!
赤の広場やアルバート通り等の観光名所では
様々な国の人がカメラを片手にモスクワを楽しんでいます。
このブログをご覧頂いているモスクワ旅行経験のある方々も、
夏にいらっしゃった方が多いのではないでしょうか?

近年、目覚ましい成長を続けているこの大都市では、
あちこちで開発が進められていて、
近代的な建物もかなり多くなって来ました。

しかし。。。
“バリア・フリー”という点に置いては、
まだまだ立ち後れていると言わざるを得ないのが現状です。

そんなモスクワの街を
旅行者が大きなスーツケースを持っていたり、
バギーに乗せたお子さんと一緒だったり、
ましてや車椅子を必要とする方々が歩き回るのは
そうとう大変だと思います。

地下鉄の入り口からホームまでは、
大抵の場所ではエスカレーターがあるものの
乗り換えで違う路線に移動する時は
ほとんどの場所では階段しかありません。

広い所では片道10車線もの大通りを横切る地下道は
階段にバギー用の補助がついている場所はあるものの

barrier1

こんな風に形が限定されていて
最近流行の3輪のバギーは、これでは使えないですよね。

そして、歩道も注意が必要です。
だって、縁石の高さがスゴいんです。

barrier2

20cmくらいの高さのある所も沢山あります。
場所によってはそれ以上の所も!

バギーやスーツケースは、大変だけど何とかなるとして、
車いすの人は、こういう場所どうやって乗り越えるんでしょう?

ある日、その答えを目撃する機会がありました。

車いすに座った男性は、人が通りかかるのを待って声を掛け
手伝ってもらって、その歩道をおり、
3m程先にある次の歩道に乗り上げるのを
また、手伝ってもらっていました。

私が見ていたのはそこまででしたが、
その10m程先では、その歩道は終わり
また高い縁石を降りて、道を渡らなければならないのです。

その男性は、きっと、そこでも誰かに声を掛け
助けを求めた事でしょう。
ほんの15m足らずの道のりを
あの男性は何度も他人の助けを借りなければ
移動できないのです。

いちいち誰かに助けを求めないと
場所によっては、たった数十メートルの場所も移動が困難って
やっぱり不便ですよね。

その点、日本では
だいぶバリアフリーへの意識が高まっていますよね。
駅のホームにもエレベーターが多くなって来ているし
車椅子を補助する機械も階段に取り付けられているし、
日本に帰る度に、バリアフリーが増えている気がします。

ところで皆さん、ロシア人って、どんな印象を持ってますか?
暗くて寒い時期の長い国に住むロシア人。
冬のモスクワがニュースで流れると、
みんな毛皮の帽子を被って、難しい顔をして歩いているし。。。
何だか取っ付き難い感じがしてませんか?

確かにロシア人の愛想は良くはありません。^^;
住んでる私から見ても、不機嫌な顔に見える人も多いです。

でもね。。。

例えば地下鉄の中です。
お年寄りはもちろん、自分より年配の人が乗ってくれば
躊躇なく席を譲る人がとっても多い!
その際、席を譲った方も、譲られた方も
当たり前のようにしていて、
『どうぞ』も
『ありがとう』も、ない事も多くて
相変わらず不機嫌な顔のままだというのが、
またロシア的であるとも思えるのですが、その行動が

“ありがとう”にも値しない程“当たり前の行為”

という意識が根付いてるとしたら
それは素晴らしいですよね。

一方、日本では。。。

目の前に、腰の曲がったおばあさんが立っていようが
知らんぷりの中年男性。
杖を持った男性が、全く目に入らない“様子”
大声でおしゃべりをしている女性達。
立っているのもやっとな位フラフラに具合が悪そうな女性に
全く席を譲る気配のない人達。
満員車内の優先席で、
ずぅぅ〜〜〜〜っと携帯メールを打っているサラリーマン。

本当に、日本に帰ってくる度に嫌な気分になります。

駅の階段も又然り。

上記の通り、エスカレーターやエレベーターの少ないモスクワですが
大きな荷物を持っていたり、
バギーを引いていたりする人が居れば
率先して手を貸す人が、必ず近くにいます。

一方、バリアフリー化が進む日本では、
バリアを取り除く工夫が様々にされてはいるものの、
やっぱりエレベーターや補助器具のない場所も
まだまだ沢山ありますよね。

そういう場所で、
大きな荷物を持っている人や、
バギーを引いている人はどうしているでしょう?

この状況も、私は帰国する度に何回も遭遇するのですが、
ほとんどの場合、
一人でエッチラオッチラと階段を上り下りしているのです。
他人が手を貸している場面には、あまり遭遇した事がありません。

『困っている人がいたら、率先して手を貸す。』

これはモスクワ(ロシア)のマナーです。

でも、実は日本でも基本中の基本のマナーですよね?

日本では便利過ぎるシステムに頼り過ぎて、いつの間にか
“人としてのマナーやルール”を忘れがちになって来ている様な気がします。
それはもしかしたら、
外から見たからこそ、良くわかる事でもあるのかもしれません。
そしてそれは又、まだまだ暮らしが快適とは言えないこの国だからこそ、
人々の“助け合う気持ち”が残っているのかもしれません。

この夏、モスクワにご旅行になる皆様、旅行中のほんの一時、
ぜひ、こんな角度からもこの街を見てみて下さい。
そして、階段等で立ち往生している人を見かけたら、
思いきって手伝ってみて下さい。
もしその行為を「気持ちイイ♪」と思えたら
その気持ちもロシア土産として、ぜひ日本に持ち帰って下さい。
そうすればきっと、日本はますます便利な国になる筈です。

りり

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年6月22日
« 前の記事「日本のロシア」へ
»次の記事「モスクワの夏」 へ
おすすめ記事
    モスクワ特派員 新着記事
    ありがとうございました。
    No.42 モスクワのお土産に~GUM百貨店オリジナル商品~
    No.41 モスクワ発のアメリカンカップケーキ店「Upside Down Cake」
    No.40 本場の味が楽しめる韓国料理レストラン「hite」
    No.39 パンケーキが自慢「Breakfast Cafe」
    No.38 日本未上陸【H&M HOME】でお買い物
    No.37 スープ専門店「ZUPPERIA」でホッと一息
    No.36 子供に嬉しいファミリーカフェ「Anderson」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    エリツィン杯 日本vsロシア
    モスクワ国際映画祭Московский международный кинофестиваль ☆
    Майкл Джексон(マイケル・ジャクソン) in MOSCOW
    辻井伸行さん、ヴァン・クライヴァーン国際ピアノコンクール優勝!Поздравляю(おめでとうございます)!
    тату (タトゥー)
    くしゃみをしたら・・・Будьте здоровы!
    赤チェブ情報☆
    フリーマーケット☆
    銀座大ロシア祭り、開催!
    Москва-река(モスクワ川)お散歩☆
    !島耕作社長、モスクワ出張へ!
    フレアリング☆
    のこぎり演奏家!?ПИЛИСТ☆
    @
    2014年冬季五輪開催地Сочи(ソチ)ってどんなところ?
    モスクワの花壇
    レストラン☆Китежъ(キーテシュ)
    ロシア政治経済ジャーナル☆
    6月12日 День России(ロシアの日)☆
    Матрёшка(マトリョーシカ)の世界☆ロシア歴代大統領
    Тополь(トーポリ)〜真夏に雪!?〜
    お話の小川☆
    大好きアイスクリーム☆Стаканчик(スタカンチク)☆
    Кузнецова(クズネツォワ選手)ローランギャロス制す!
    День Пушкина(プーシキン生誕記念日)☆
    Фаберже(ファベルジェ)の時代
    人参ジュースに・・・ミルク!?
    グルジア料理レストラン Мадам Галифе(マダム・ガリフェ)
    バレエ Чиполлино(チッポリーノ)☆
    КРОШКА☆КАРТОШКА(クローシュカ・カルトーシュカ)
    この木なんの木?

    ヨーロッパ 航空券情報


    ロシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ロシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集