海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > モスクワ特派員ブログ > 初めて見る、あの日以降の日本。

ロシア/モスクワ特派員ブログ 旧特派員 シャーミン&りり

ロシア・モスクワ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年5月25日

初めて見る、あの日以降の日本。


メール プリント もっと見る

初めて見る、あの日以降の日本。

実は今、震災後、初めての一時帰国中です。

海外放送やインターネットで、
今や海外に居ても日本の様子をリアルタイムで知る事が出来るご時世です。
それでも、海外で得られる日本の情報は限られており、
今の日本がどのような状態であるのか、
在外邦人は皆、多かれ少なかれ不安を抱えて最初の帰国を果たすのではないでしょうか。

日本で会うことの出来る、懐かしい面々の中には
私が経験せずに済んだ大きな恐怖と混乱の日々の記憶があるのかと思うと
日本人でありながら、その事を共有できなかった罪悪感の様なものと
それでもいつもの顔に会える嬉しさで、少し複雑に、少し感情的になってしまいます。

町の中を歩いてみた印象は、一見それほど変化はないのかな。。。
と感じました。
しかし、良く見てみると天井の明かりは間引きされていたり
地下鉄ホームの広告のバックライトが消えていたり
町中が節電モードである事がわかりました。

525_1

でもね。。。

よく見ないと気づきませんでした。

それでも、モスクワより明るい、と感じたのです。

東京の繁華街のネオンが消えた、とニュースで見た時も

それでも、モスクワより明るいし

多分、他のどの欧州諸国より明るい、と感じました。

おそらく、多くの人が感じているように
日本でも元々その程度の明かりで十分だったのではないでしょうか。
今が電力の危機であるから節電しているというのではなく
現状に近い状態で、常体化させる事に、異論のある人は少ないのではないでしょうか。

そしてこれは、私個人のブログでも書いた事なのですが
日本には、自動販売機が多すぎます。
ありとあらゆるものが自販機で購入できるというユニークさは
外国人にとっては日本独特の文化として受けている部分もあるようですが
そんなに電力資源のない国であるのなら、
少なくともコンビニの前の自販機はいらないんじゃないでしょうか。
ちなみに、モスクワでは飲料水の自販機を探す事は、非常に困難です。

それからもう一つ。。。

veges_mos2

これは、モスクワの一般的なスーパーの棚です。
閉店直前とかじゃなくて、週末の午前中です。

売られている商品は、例えばこんな感じ。

veges_mos1

中にはカビが生えていたり、腐っていたりするも物もありますが
全部立派に商品として並んでいます。

日本のスーパーやコンビニの棚では、閉店間際の時間や
仕入れ時間と仕入れ時間の間のわずかな時間以外は
『品切れ』という状況は、非常に珍しいですよね。
上の写真の様に、あまり見栄えの良くない野菜を見るのも
日本では難しいはず。

いつでもキレイな生鮮食品や作り立てのお弁当が潤沢に供給されているのは
言わずもがなですが、

無駄になっている部分が多いから

という事に他なりません。

しかし、日本の食料自給率は40%言われています。

一方、日本の食料廃棄量は平成17年では1134万トン
WFPが2007年に行った食料援助 は、
330万トン、80カ国分、8,610万人分です。

食料自給率の非常に低い日本が
世界で援助されている食料の3倍以上の量の食品を廃棄している計算です。
ちなみに、ロシアの食料自給率は調査されていないようですが
日本よりはかなり高いみたいです。
少なくとも、ロシアは穀物輸出国です。
その、食料の自給が日本よりも多いはずのロシアのスーパーの棚が
上記の写真の通りな訳です。

無駄なく売り切ろうと思えば、品切れになる時間があってあたりまえ。
無駄なく食べようと思えば、少々形が悪くても、気にせず食べるのがあたりまえ。
そんな"あたりまえ"が受け入れられなければ、
食料が足りなくなるのが"あたりまえ"。

日本に帰ってくる度に思うのです。

考え方だけ変えれば、日本の食料自給率は即座に上昇するのではないだろうか。。。

そして、忘れてはならないのは、私たちが捨てている食品は
エネルギーでもあるという事。

食材もエネルギー
調理もエネルギー
パッケージもエネルギー
運送もエネルギー

そして、廃棄する時に又、エネルギーを消費するのです。

電力資源の少ない国に住む私達が、湯水のごとく使ってきた電力
食料自給率の少ない国に住む私達が、有り余っているかの様に捨ててきた食料

どんなに便利にしても、まるで一生飽和しないかの様に
とめどなく利便性と豊かさを追求してきた日本には、あきらかに欠けたきた物もあります。

モスクワでの生活は何かと大変で不便ですが
それを補うかの様に、ロシア人たちのおせっかいなまでの親切に合う事がママあります。
車内で年配の人に席を譲るのはあたりまえ(老人じゃなくても)
バギーを抱えて階段を昇る人があれば、いくつかの手が差し伸べられてあたりまえ
道に迷う人が居れば、沢山の他人を巻き込んで
地図を囲んで場所を探してくれる事さえあります。
(その末に、結局場所が見つからない事もありますが。。。^^;)

不便だから、一人では誰も生きられないから、
だから他人が困っている事が、自分が困っている事の様に感じる。。。
そんなところじゃないかと思います。

日本に帰ってくる度に、電車の中で腰を曲げて立っているお年寄りを見かけます。
駅の階段で、必死にバギーを抱えている女性を見かけます。
見て見ぬ振り。。。って人も居るかもしれないけど
きっと、本当に見えていないのではないか、と思う様になりました。
人の事を気にせずに、自分一人で何でも完結できる世界では
他の人に目を配る必要がないですから。

しかし、ひとたび世の中が不便極まりない世界に変貌したら。。。

3.11。
都心から必死に家路を行く人々は、皆互いに声を掛け合い、気遣い、励まし合ったとか。。。
そんな人で溢れた道路脇に店やオフィスを構える方々の中には
炊き出しをしたり、トイレを貸したり、寝る場所を提供した方々も居たとか。。。

私達は、他人を思いやる気持ちを忘れたのではなく
他人に目を向ける機会を失っていただけではないのか、と感じました。

いろんな事が、複雑に繋がってます。
一つを考える事によって、次に考えるべき一つに繋がっていく。
あまりにも不幸な形で訪れてしまったキッカケだけど
絶対に、絶対にこれを無駄にしては行けない、と皆思ってると思います。


「日本は強い国だ。必ず戻ってくる。」

ロシア人は、そう言います。
もちろん、私達日本人も、それには全く異論はないはず。
しかし、完全復活した日本、イコール元の通りの日本でもない。

525_2

私も新しい日本を作る一人として、
考える事から逃げる事なく、忘れる事なく、
世界のどこに居ても、その事に向き合って行きたいと思います。

今回を持ちまして、私、りりの投稿は終了となります。
1年ちょっとの短い間でしたが、
貴重な機会を与えてくださった地球の歩き方の皆様、
パートナーのシャーミンさん
そして何より、
今までお付き合い頂きました読者の皆様に、心よりお礼申し上げます。
これからは、私も読者の一人に戻って「モスクワ特派員」の記事を楽しませて頂きます。

本当に皆様、ありがとうございました。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

りり

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年5月25日
« 前の記事「ナイトミュージアム 2011」へ
»次の記事「ちょっと変わったお土産に」 へ
おすすめ記事
    モスクワ特派員 新着記事
    ありがとうございました。
    No.42 モスクワのお土産に~GUM百貨店オリジナル商品~
    No.41 モスクワ発のアメリカンカップケーキ店「Upside Down Cake」
    No.40 本場の味が楽しめる韓国料理レストラン「hite」
    No.39 パンケーキが自慢「Breakfast Cafe」
    No.38 日本未上陸【H&M HOME】でお買い物
    No.37 スープ専門店「ZUPPERIA」でホッと一息
    No.36 子供に嬉しいファミリーカフェ「Anderson」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    世界卓球モスクワ大会、準決勝!
    ペリメニ
    モスクワ大学、博物館。
    サッカー ロシア公式ユニフォーム エコバック
    ナイトミュージアム 2010
    モスクワで落語
    モスクワのスターリン建築〜モスクワ大学〜
    戦勝記念日 本番
    戦勝記念日パレード(予行演習)

    メーデー

    ヨーロッパ 航空券情報


    ロシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ロシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集