海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > モスクワ特派員ブログ > 生まれ変わって益々見逃せない!ボリショイ劇場

ロシア/モスクワ特派員ブログ 旧特派員 槌谷 ゆーり

ロシア・モスクワ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月 8日

生まれ変わって益々見逃せない!ボリショイ劇場


メール プリント もっと見る

生まれ変わって益々見逃せない!ボリショイ劇場


6年の歳月のかけ、2011年10月にようやく改装が完了したモスクワ・ボリショイ劇場。

昨年10月末の再オープンから、その人気振りとチケットの高騰のおかげで行くことができていなかったけれど、このたびようやく行くことが叶った!

生まれ変わって益々その魅力を増したボリショイ劇場。

行くならやっぱりここ。

その魅力を余すところなくご紹介!!

2011 Russia 835.jpg


重厚な外観は以前よりも綺麗になり色がワントーン明るくなったよう。


ヨーロッパの街にそれぞれある伝統的な劇場。

その佇まいが街の雰囲気を作り、今も昔も変わらぬモスクワの「顔」であり続けるボリショイ劇場。

その起源は18世紀までさかのぼり、モスクワを襲った戦火で歴史的に被害を受けつつも、堂々とした姿を見せ続けてきました。

その内部に入ると。。


2011 Russia 1405.jpg  まるでどこかの宮殿に来たかのよう!
重厚で繊細な内装。その細部にわたり装飾が施され、その美しさと雰囲気に思わずため息。

2011 Russia 1404.jpg  大きく豪華なシャンデリア、クラシカルな赤い絨毯。
劇場に来るには特に厳しいドレスコードはないけれど、ここはさすがロシア一のボリショイ劇場。地元のロシア人も観光客もみなドレスアップ。ここに来る人たちもまさに優雅な佇まいで、雰囲気の一部となっています。

劇場に来るということは、劇を見るためだけではないということを実感。その雰囲気に酔いしれること、しばし。


そしてこのボリショイ劇場の劇場としての魅力は、観劇のメインホールに結集されます。

2011 Russia 1424.jpg

この豪華絢爛振りをご覧あれ。

その全てが、まさに「劇場に来る」という歓びそのものを裏切らない要素で溢れています。

その装飾はここまでキンキラにしなくても。。と最初は思ったけれど、この豪華ぶりとその重厚な造りにロシアの意地すら感じます。

2011 Russia 1417.jpg  この日の席はオケピットが良く見える、バルコニー席のロージャ。舞台からも近く、非常に良い席でした。

2011 Russia 1450.jpg  入り口脇の座席を示す案内もこんな豪華に。つい、カメラでぱちり。


本日の演目はバレエ「ロミオとジュリエット」。2011 Russia 1442.jpg  誰でも知っているシェークスピアの作品のバレエで、ボリショイ特有の華やかで見ごたえのある振り付けと優雅で世界最高峰を誇るダンスが魅力。
プロコフィエフの重厚、かつ時に繊細な楽曲に心を躍らせたり、胸が締め付けられる思いをしたり。
バレエというとやはりダンスが主役ですが、このオーケストラの素晴らしさも聞き逃せない。プロコフィエフのような重厚なオーケストラはやはり本物を聴くとその迫力に寒気が止まりませんでした。


2011 Russia 1446.jpg  そしてなんといってもダンサーたちの素晴らしいこと!ロミオ役の端正な顔立ちの若手イケメンダンサーにメロメロ。個人的にはロミオの友達役の高い技術力を見せ付けるソロダンスに心を打たれました。彼がカーテンコールで登場した時、観客の興奮は最高潮に!


劇間にはビュッフェで休憩。
2011 Russia 1429.jpg  劇場では「ソビエト」シャンパンが定番だけれどもここのビュッフェは高級なものしかおいておらず。。。赤ワインを頼んで終わりにしました。それでも一杯400ルーブル(約1000円)程度となかなか高級。

2011 Russia 1409.jpg 外のホールには過去のバレエ舞台の衣装や写真なんかも展示されていて、短い休憩時間はあっという間に過ぎてしまいます。


6年間の間、ずっと改修が続けられてきたボリショイ劇場。
当初の予算を遥かに超えての改修工事に批判もありました。

けれど、ここまでの改修を行い、ロシア最高の劇場としての位置づけを保つボリショイ劇場に、ロシアの意地を感じます。

今回のチケットは約5000ルーブル(14000円程度)とロシアではなかなかのお値段。
でも日本で見ればもっと高いでしょうし、これはモスクワに来たら絶対必見。


チケットが取れれば、見るのはやはりバレエがお薦め。
ロシアでしかみられない、ボリショイの白鳥の湖やスパルタカスなどは、一生心に残るものになると思います。

2011 Russia 1410.jpg  世界最高峰の芸術を、ドレスアップして是非堪能しに来て。
世界の中でも指折りの劇場であることを、絶対実感するはず!


2011 Russia 1400.jpg  【Information】
Bolishoi Theatre
Большой театр
Tel: +7 499 608-7317
Fax: +7 495 692-0050
Email: sales@bolshoi.ru
http://www.bolshoi.ru/en/ (英語サイト)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2012年5月 8日
« 前の記事「お手頃なのに本格派- ウズベキスタン料理「ババイ・クラブ」」へ
»次の記事「スタバのロシア限定タンブラー・ちょこっとアップデート」 へ
おすすめ記事
    モスクワ特派員 新着記事
    ありがとうございました。
    No.42 モスクワのお土産に~GUM百貨店オリジナル商品~
    No.41 モスクワ発のアメリカンカップケーキ店「Upside Down Cake」
    No.40 本場の味が楽しめる韓国料理レストラン「hite」
    No.39 パンケーキが自慢「Breakfast Cafe」
    No.38 日本未上陸【H&M HOME】でお買い物
    No.37 スープ専門店「ZUPPERIA」でホッと一息
    No.36 子供に嬉しいファミリーカフェ「Anderson」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ちょっと変わったお土産に
    初めて見る、あの日以降の日本。
    ナイトミュージアム 2011
    戦勝記念日

    ヨーロッパ 航空券情報


    ロシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ロシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集