海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > モスクワ特派員ブログ > №16 グム百貨店にて- THE O DORの紅茶...

ロシア/モスクワ特派員ブログ 旧特派員 ヤーブラニャ

ロシア・モスクワ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月25日

№16 グム百貨店にて- THE O DORの紅茶 - ロシアンデザイン缶


メール プリント もっと見る

№16 グム百貨店にて- THE O DORの紅茶 - ロシアンデザイン缶

毎日毎日かなり寒いです。これからしばらく、マイナス20度を下回る日々が続きそうです。モスクワにいると、ダウンやコートのフードは、被るためにあるのだなーということを痛感します。東京にいると飾り的な扱いですけど、ほんと、存在意義を感じます。首の後ろと頭と耳をしっかり守ると相当暖か。


とはいえ昨夜、デニムにロングブーツという服装で1時間程歩いたら、帰宅後、膝だけが真っ赤になっていました。パンツの下にはもう一枚履かないとだめですね。上半身はダウンで暖かくても、足元が寒いなーとよく思います。これからモスクワを訪問予定の方は、くれぐれも防寒対策は念入りにしてお越しください◎


そんな寒い夜には、やっぱりおいしいお茶を淹れて温まるのが一番。先日、グム百貨店で新発見がありました。DSCF2456.JPGDSCF2448.JPG

このグムの1階には、Гастроном №1 (ガストロノム ノーメル アジン)という食料品売り場があり、キャビアやイクラなどロシアの高級食材を象徴するような生鮮品を始め、お菓子やワインなどなどデパ地下的な品揃えの高級店です。そこで見つけたこんなもの。
DSCF2440.JPG


グムオリジナルの缶入り紅茶。いかにもロシアな民芸品、ホフロマ塗り風の缶のデザインがかわいいなーと思い、よく見てみると、フランスのTHE O DOR (テオドー)の紅茶でした。確かに缶の形が同じです。


黄色缶がダージリンで966RUB、赤缶もあり、そちらはアールグレイで783RUB。なかなかのお値段ですが、テオドーは日本でも高価なので、ここはモスクワと考えると良心的な価格にも思えます。ロシアらしくて中身もちゃんとしている、バランス◎のすてきなお土産になりそうです。


■グム百貨店 1階 Гастроном №1 ガストロノム ノーメル アジン
住所: Красная пл. 3 赤の広場 3 (赤の広場に面して建っています)
営業時間: 毎日10時-22時


*1RUBは、現在のレートで約3円です


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2014年1月25日
« 前の記事「№15 ソチオリンピック- オフィシャルグッズあれこれ」へ
»次の記事「№17 Lay's ポテトチップス- ロシア味いろいろ」 へ
おすすめ記事
    モスクワ特派員 新着記事
    ありがとうございました。
    No.42 モスクワのお土産に~GUM百貨店オリジナル商品~
    No.41 モスクワ発のアメリカンカップケーキ店「Upside Down Cake」
    No.40 本場の味が楽しめる韓国料理レストラン「hite」
    No.39 パンケーキが自慢「Breakfast Cafe」
    No.38 日本未上陸【H&M HOME】でお買い物
    No.37 スープ専門店「ZUPPERIA」でホッと一息
    No.36 子供に嬉しいファミリーカフェ「Anderson」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お土産に!−チェブラーシュカのUSB (わにのゲーナ)
    本と音楽とお酒で至福の時間を‐Cafe / Club bilingua

    ヨーロッパ 航空券情報


    ロシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ロシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • モスクワ特派員

      モスクワ特派員
      ヤーブラニャ
      旧ソ連圏での生活は2ヶ国目、これまで訪れた国は40数ヶ国・30代旅好きの筆者がモスクワの"今"を綴ります。モスクワは、近代的な姿と時が止まったかのような味わいを併せ持つ不思議な街。光と影を漂いながら、きっと訪れたくなる最新情報をお届けします。08年‐11年カザフスタン在住。13年8月よりモスクワ在住。一番好きなロシア料理はブリヌィ、ロシア語は万年勉強中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集