海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > モスクワ特派員ブログ > №53 ロシアの国花- おやつとしても愛されている...

ロシア/モスクワ特派員ブログ 旧特派員 ヤーブラニャ

ロシア・モスクワ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月30日

№53 ロシアの国花- おやつとしても愛されているあの花


メール プリント もっと見る

№53 ロシアの国花- おやつとしても愛されているあの花

ここ数週間、秋のような要コートの寒さが続き、毎日数回雨が降るという気まぐれにも程があるお天気が続いていましたが、今週からもう少し夏らしい気温になるようです。昨日は久しぶりに一日中快晴でした!これからしばらく、からりと晴れた日が続きそうです。


ロシアの国花と言えば、少し前に日本の元フィギュアスケート選手の子供の名前で話題になり、ご記憶の方も多いかもしれない「ひまわり」ですが、意外に感じますよね。(実はロシアの国花は二つあるらしく、もう一つはこちらも意外な「カモミール」)


寒いイメージの国の国花がひまわりだなんて。でも、ロシアは世界で一番広い国だけあって、気候も様々で、世界一のヒマワリ油の生産地なのだそうです。もちろん私もたった今知りましたが、確かにスーパーの植物油コーナーにはヒマワリ油がずらりと並び、とても安価ですし、こんなのもあります。


▼ひまわりの種(おやつ用)
P1100615.JPG

P1100618.JPG


日本では、ひまわりの種と言えば、ハムスターのエサと決まっていませんか?私にとっては、子供の頃飼っていたハムスターが口いっぱいに頬張っていた姿とセットの思い出ですが、ロシア(や旧ソ連の国々)では、ひまわりの種=日常のおやつ、として愛されています。


モスクワではまだお目にかかっていないですが、カザフスタンに住んでいた時には、タクシーの運転手さんが運転席の横にひまわりの種を散らかしていたり、車内に殻が山をなしていたりしたことを思い出しました。


そう言えば、以前ご紹介した「ハルヴァ 」の主原料としてもひまわりが使われていますね。

今の季節、ロシア南部では、地平線まで広がる絵に描いたようなひまわり畑が見られるのだそうですよ。


300px-Sunflowers.jpg

ウィキペディア より≫


ひまわり=小学生の夏休み、ひまわりの種=ハムスターのエサ、という私のイメージを覆す、ロシアの国花のお話でした。


*1RUBは、現在のレートで約3円です


6月お題"国花"

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 自然・風景
2014年6月30日
« 前の記事「№52 ロシアのクレープ "ブリヌィ"専門店- テレモック - NYに上陸予定」へ
»次の記事「№54 ロシアンチョコの代名詞 あの"アリョンカ"ちゃん- ドイツへゆく」 へ
おすすめ記事
    モスクワ特派員 新着記事
    ありがとうございました。
    No.42 モスクワのお土産に~GUM百貨店オリジナル商品~
    No.41 モスクワ発のアメリカンカップケーキ店「Upside Down Cake」
    No.40 本場の味が楽しめる韓国料理レストラン「hite」
    No.39 パンケーキが自慢「Breakfast Cafe」
    No.38 日本未上陸【H&M HOME】でお買い物
    No.37 スープ専門店「ZUPPERIA」でホッと一息
    No.36 子供に嬉しいファミリーカフェ「Anderson」

    ヨーロッパ 航空券情報


    ロシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ロシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • モスクワ特派員

      モスクワ特派員
      ヤーブラニャ
      旧ソ連圏での生活は2ヶ国目、これまで訪れた国は40数ヶ国・30代旅好きの筆者がモスクワの"今"を綴ります。モスクワは、近代的な姿と時が止まったかのような味わいを併せ持つ不思議な街。光と影を漂いながら、きっと訪れたくなる最新情報をお届けします。08年‐11年カザフスタン在住。13年8月よりモスクワ在住。一番好きなロシア料理はブリヌィ、ロシア語は万年勉強中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集