海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ミュンヘン2特派員ブログ > グリューワインとキンダープンシュの作り方と、燃える...

ドイツ/ミュンヘン2特派員ブログ トモリス

ドイツ・ミュンヘン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月18日

グリューワインとキンダープンシュの作り方と、燃えるグリューワイン


グリューワインとキンダープンシュの作り方と、燃えるグリューワイン

記事の更新が空いてしまってすみません(´;ω;`)


次男が肺炎になってしまい余裕がなかったのと、長く引きこもり生活が続き、皆さまにお伝えできるミュンヘン情報が無かったのです。
クリスマスという、ドイツに旅行に来られる方が1年でも一番多い時期に、情報をお伝え出来ずとても申し訳ない・・・


気を取り直して。

家から出られなかった間は、自家製のグリューワインとキンダープンシュを楽しんでいました。
とても簡単で、自分好みの味に作ることが出来るので、ぜひお試しあれ。


グリューワインの基本の材料はこちら。

DSC_2163.JPG

・ワイン 白ワインで作るグリューワインも見かけますが、主流は赤です。甘口と辛口の両方で試したところ、甘口だとお砂糖を加えずとも美味しく出来ました。


・右下、オレンジの横に見えるのが、ティーバッグ式のグリューワイン用のスパイスミックス。この時期にスーパーに並びます。茶葉コーナーではなく、お酒コーナーにあることも。中身は、乾燥させたオレンジの皮、シナモンス、クローブが、小さく砕かれた状態でパックされています。個別にスパイスを購入してももちろん良いのですが、シナモンは粉末ではシナモンの風味が強くなりすぎるので必ずスティックを!!

パッケージの作り方には、別途カルダモンを加える用にとの説明が。シナモン、クローブ、カルダモンが基本のようです。


・オレンジ、もしくはレモン。白いわたの部分が入ると苦みが出るので、わたしは皮を剥いて身の部分だけをカットして使いました。無農薬のレモンが手に入った時は、黄色い部分だけを薄くそぎ取った物を加えても。


軽く沸騰させたら火から下ろし、しばらく置いてワインに風味をうつします。ぐつぐつ煮込まないこと。
甘めに仕上げたい場合は、好みでお砂糖を加えます。

DSC_2164.JPG

こちらはアルコール無しのキンダープンシュ、Kinderpunsch。

DSC_2172.JPG

グリューワインと同じスパイスと、ベリー系のフルーツティー(紅茶ではなく、ハーブティー)を煮出します。
2カップの水にスパイス1袋とフルーツティーを2袋。

しっかりスパイスとフルーツの風味と味が出たら、ジュースを1~2カップ、お好みで。
DSC_2173.JPG

写真はオレンジジュースで作った時のものですが、ぶどうジュースの方が子どもに人気でした。


確かに、ぶどうジュースが主流かも。ぶどうジュースとリンゴジュースを混ぜても良いみたい。
最初はぶどうジュースでお試し下さい。
酸っぱければお砂糖を。わたしは、ヘルシーにフルーツティー多めのお砂糖無しで作っています( ̄▽ ̄)


そして、こちらがわたしが一番好きな燃えるグリューワイン、Feuerzangenbowle フォイアーツァンゲンボウレ。

DSC_2168.JPG


クリスマスマーケットで見かけたら、お酒に強い方はぜひお試し頂きたい1杯です。
Feuerzangenbowle については、個人ブログで動画と共に詳しくご紹介しているので、興味をひかれた方はぜひそちらをご覧ください。


2017年12月14日 【訂正あり】燃えるグリューワイン、Feuerzangenbowle

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年12月18日
« 前の記事「美味しい♡クリスマスマーケット」へ
»次の記事「これがミュンヘンの中世のマルクトです。」 へ
ミュンヘン2特派員 新着記事
謝肉祭は動物に感謝するお祭りじゃなかった
【プラ容器不使用】オシャレでエコな量り売りスーパー OHNE
観光に疲れたら美味しい珈琲でひと休み。Viktualienmarkt の珈琲スタンド
珈琲好きにおススメ、珈琲会社直営のレストラン・カフェ(ミュンヘン郊外)
これがミュンヘンの中世のマルクトです。
グリューワインとキンダープンシュの作り方と、燃えるグリューワイン
美味しい♡クリスマスマーケット
クリスマスマルクト、始まりました!!

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ミュンヘン2特派員

    ミュンヘン2特派員
    トモリス
    はじめまして。日本人の夫を持つ2才と5才の男の子ママです。2012年に、夫の海外赴任に伴いドイツ・ミュンヘンに引っ越してきました。生後4か月だった長男を抱えての新しい生活は、想像以上に過酷なスタートでしたが、簡単なドイツ語を覚え、6年目となった今ではそうそう普段の生活で困る事もそうそう無く割と平和に過ごしています。それでもびっくりさせられることがまだまだあるドイツ(苦笑)期間限定のドイツ生活もあと1年少し。特派員をやらせていただくことになり、旅行者の目線で観察してみたミュンヘンをお届けしたいと思います。趣味がお菓子作りなので甘い記事が多くなるかも?個人で書いているブログ「ミュンヘン発 わたしのお菓子な毎日」はこちらDISQUS ID @disqus_yKOBo3bdgp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集