海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 長野特派員ブログ > 新鶴(しんつる)の塩羊羹は美味しいよ

日本国内/長野特派員ブログ 信州・長野県観光協会

日本国内・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年11月 6日

新鶴(しんつる)の塩羊羹は美味しいよ


新鶴(しんつる)の塩羊羹は美味しいよ

「明日、諏訪へ行くの〜。」
「んじゃ、塩羊羹買ってきてよ。」
新鶴本店の塩羊羹は美味しいから、よく頼まれるんです。


諏訪大社下社秋宮のすぐ横にある新鶴本店。
歴史を感じる建物でしょ?
明治6年創業の和菓子屋さんです。

店員さんが、試食用の塩羊羹を用意してくれました。
こういう気配りがうれしいのよね〜。

塩羊羹に使われている茅野の寒天 は、特別にあつらえたもの。
茅野は、角寒天の生産量日本一ですもんね!
小豆は、北海道十勝産。
実りや艶の足りないものは使わず、粒選りだけを使っているんだとか。
楢の薪を焚いて、昔ながらの手法で練り上げていく塩羊羹は、全て手作りです。


塩羊羹と言っても、しょっぱいわけじゃありません。
ほんわかとやさしい上品な甘さの羊羹なんです。
お茶うけにピッタリ!


美味しいからでしょうね〜。
お店にはいつ行ってもお客様がいっぱいです。
みんな沢山買ってってるけど、お土産なのかな?
袋入り小サイズ(5cm×15cm)の塩羊羹が900円です。

塩羊羹は発送OKなので、諏訪へ行くには遠すぎるよって方は、1度注文してみてください。
でも、店頭のみで販売している生菓子も美味しいので、ぜひ下諏訪町のお店までお越しください。


午前中で売り切れてしまうという、新鶴もちまんじゅうを食べてみたいなぁ!!!

〒393-0014
長野県諏訪郡下諏訪町3501
TEL:0266-27-8620
FAX:0266-27-0825

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2009年11月 6日
« 前の記事「パワースポット「分杭峠(ぶんぐいとうげ)」」へ
»次の記事「日本でここだけ!時計が自分で作れちゃう諏訪湖時の科学館 儀象堂」 へ
おすすめ記事
    長野特派員 新着記事
    特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」
    2014季刊信州 秋号 発行しました!!
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その4
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その3
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その2
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その1
    季刊信州 2014夏号 発行しました!
    風情豊かな鬼無里へお出かけください!!

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集