海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 長野特派員ブログ > スノーモビル&スノーラフティングに乗ってきました。

日本国内/長野特派員ブログ 信州・長野県観光協会

日本国内・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年1月14日

スノーモビル&スノーラフティングに乗ってきました。


スノーモビル&スノーラフティングに乗ってきました。

スキー場で楽しむものと言ったら、スキー&スノーボード。
でも、これだけじゃあ、ありません!!
スノーモビルやスノーラフティングなども、ぜひ体験してみてください。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%281%29.jpg %83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%282%29.jpg


スノーモビル、乗ってみたかったんですよ〜。
だって、スキー場のスタッフの人達が雪の上を颯爽と走って行くのを見ていると、とっても気持ち良さそうなんだもの。
スノーモビルに乗るためには免許みたいなものが必要なのかな?と勝手に思っていたのですが、なくても乗れるんですね〜。


長野県信濃町にあるタングラムスキーサーカス では、ウェアーとグローブさえあればOK。
ブーツとヘルメットは用意されているので、気軽に体験できます。


スノーモビル初体験の私は、80ccの小型モビルに乗って、約200mコースを5周するミニオーバルコースにチャレンジ。
原付バイクみたいなスノーモビルですね。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%283%29.jpg %83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%284%29.jpg


右手はアクセル、左手はブレーキっと操作方法を教えてもらって、まずはインストラクターの後についてコースを走ってみることに。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%285%29.jpg %83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%286%29.jpg


子供専用モビルだと5歳から乗れちゃうスノーモビルですが・・・、わたくし、センスがないようです・・。
アクセルの加減が分からず、カーブが曲がれなくて、雪へ突っ込んでしまう。。。
思ったように動いてくれない(涙)。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%287%29.jpg %83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%288%29.jpg


こうやって写真でみると、私はスノーモビルにしがみつくように乗ってますねぇ(笑)。
それに比べ、インストラクターさんの乗ってる姿は、やっぱりカッコイイ!
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%289%29.jpg


それでもコツを教えてもらって3周ぐらいコースをぐるぐる走っていたら、雪に突っ込むことなく走れるようになりました。
下手なりに楽しかったけど、雪の上を疾走できるようになれば、もっと気持ち良いんでしょうね〜。


コースの中をぐるぐるしているだけじゃつまらないよ。という方は、ライセンスの取得をオススメします。
学科と実技の講習を受けてヤマハスノーモビルライセンスを取得すると、森林コースを走るツアーに参加できたり、2人乗りもできる250cc以上のモビルに乗れるようになるんです。
タングラムスキーサーカスタングラムスキーサーカス でライセンスをとることができるので、森林の中を颯爽と駆け抜けてみたい方は講習を受けてみてください。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%2810%29.jpg


続いて、スノーモビルに引っ張られたラフティングボートに乗って雪上を疾走するスノーラフティングに挑戦。
先に言っておきます。
まだ乗ったことのない方は、ぜひ一度は乗ってみてください。
子供も大人も、とっても楽しいから!!
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%2811%29.jpg


じゃあ、4人まで乗れる黄色いラフティングボードの一番後ろに乗って出発しまーす!
因みに私の前に乗っているのは、ホテルタングラムの多田さんでございます。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%2812%29.jpg %83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%2813%29.jpg


雪の上をスルスルと滑るように走るスノーラフティングは爽快!と思っていたら・・・。
スノーモビルがカーブに入る度に、すごい遠心力が!!!!
加速したり、減速したり、ジグザグに走行したりと、スノーモビルをイイ感じで走らせてくれるので、ラフティングボードの中の私達は振り回され放題。
「キャー」とか「うわ〜っ」とか、思わず声が出ちゃいます。
ラフティングボードから振り落とされそうになるので、乗っている最中の写真は撮れませんでした。


バナナボート型のラフティングボートもあるんです。
こちらは更なるスリルが味わえます。
%83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%2814%29.jpg %83%5E%83%93%83O%83%89%83%80%82%C5%83%82%83r%83%8B%81%95%83%89%83t%83e%83B%83%93%83O%20%2815%29.jpg

「落ちないように、しっかりつかまっていてくださいね。」
言われたとおり、しっかりつかまっていましたが、おしりが重いせいか4回ほど振り落とされました。
振り落とされても、すぐに拾ってくれるから大丈夫。


こりゃ楽しい♪
スノーモビルがまきあげる雪が、痛いぐらいばんばん顔にかかるけど。
ゴーグルはあった方が良いと思います。
スリルを味わいたい人は、遠心力が強く働く後ろに乗った方が良いですね。


スノーモビル
・子供専用周回コース:600円(子供専用のモビルを使用。約200mコースを2周。)
・子供専用ミニツアー :1,600円(子供専用のモビルを使用。約800mコースを3周。)
・ミニオーバル:1,100円(80ccのモビルを使用。約200mコースを5周。)
・メインコース:2,100円(80ccのモビルを使用。約800mコースを3周。)
・ヤマハライセンス取得コース:4,200円(ヤマハ公認ライセンス発行)
・樹林ツアー:4,200円(約8kmのコース。250cc以上のモビル使用。要ライセンス。)


スノーラフティング
・周回コース(約7分)  :1人500円、2〜4人1,500円
・ツアーコース(約15分):1人1,000円、2〜4人2,000円


料金は、このようになっています。
詳しくは、タングラムスキーサーカスのHP をご覧くださいね。

〒389-1302
長野県上水内郡信濃町古海3575-8
TEL:026-258-3511(ホテルタングラム受け)
FAX:026-258-3669

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2010年1月14日
« 前の記事「戸隠スキー場には、魔法の粉雪がいっぱい!」へ
»次の記事「「信州を味わおう」ガイドブックを作りました」 へ
おすすめ記事
    長野特派員 新着記事
    特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」
    2014季刊信州 秋号 発行しました!!
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その4
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その3
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その2
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その1
    季刊信州 2014夏号 発行しました!
    風情豊かな鬼無里へお出かけください!!

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集