海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 長野特派員ブログ > 上高地へ行き、大正池~河童橋~明神池を歩いてきまし...

日本国内/長野特派員ブログ 信州・長野県観光協会

日本国内・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月19日

上高地へ行き、大正池~河童橋~明神池を歩いてきました!


メール プリント もっと見る

上高地へ行き、大正池~河童橋~明神池を歩いてきました!

昭和9年に「中部山岳国立公園」に指定された上高地
優れた景観と環境を誇る上高地は、特別名勝・特別天然記念物にも指定されています。
001.JPG


7月7日(木) 天気は雨。
週間天気予報をみると、向こう1週間はずっと雨マーク。
上高地へ行く予定の7月8日(金)だけは、かろうじて曇りのち雨。
うーん。。。。


7月8日(金) 天気は曇り。
晴れなくてもいいから、せめて雨だけは降りませんように(ナムナム)と祈りつつ、公用車で県庁を出発!


ご存知の方も多いと思いますが、上高地へマイカーでは入れません。
上高地の自然を次代へ継承(自然保護)するため、マイカー規制にご協力いただいております。


自家用車(自動二輪含む)は釜トンネルより通行禁止となるため、長野県側から上高地へ向かう際は、沢渡(さわんど)という所の駐車場 に車を停め、シャトルバス若しくはタクシーに乗り換えて上高地へ向かいます。
岐阜県側から上高地へ向かう際は、平湯(ひらゆ)という所で乗り換えになります。
私は1人だから、沢渡からシャトルバスに乗るかな・・・。


↓ ↓ 因みに、料金はこんな感じ。↓ ↓
○シャトルバス運賃
沢渡~上高地 片道1,200円 往復2,000円
平湯~上高地 片道1,130円 往復2,000円
○タクシー運賃
沢渡~上高地 片道4,000円
沢渡~大正池 片道3,200円
平湯~上高地 片道4,500円
平湯~大正池 片道3,500円
○駐車料金(沢渡・平湯/1日)
普通車 500円
二輪車 300円
大型車 2,000円


沢渡からバスに揺られること約30分。
大正4年の焼岳の大爆発によって、梓川がせき止められてできた大正池に到着です。
002.JPG 003.JPG

上高地に入って最初に目にするのが、穂高連峰と林立している枯木が幻想的な大正池の景観なんです。
でも、厚い雲がかかっていて、穂高連峰が見えない。(涙)
ま。雨が降らないだけ、良しとするか。


今回の私の使命は、写真を撮りながら明神池まで行くこと!
大正池→河童橋→明神池→河童橋のコースを歩くと、通常、約3時間ちょっと。
午後の予定も詰まっているので、ガンガン歩くぞー!


ということで、大正池から自然研究路を歩いて田代橋へと向かいます。
この自然研究路は、湿原、水辺、森林など、様々な自然が体験できる自然観察のための遊歩道なんです。
平坦なコースなので、気軽に散策が楽しめます。
004.JPG 005.JPG

006.JPG 007.JPG


ところで最近、私、歩数計をつけているんです。
3時間以上歩くと、一体何歩になるのかしら?
大正池では、まだ1,500歩。


大正池のわずか上流、原生林の中、ポッカリとあいた草原に浅く広がる田代池まで来ました。
流れこむ土砂のため、年々少しずつ、湿原化が進んでいるんだそうです。
田代池からの霞沢(かすみざわ)岳や穂高連峰の眺めは素晴らしいのですが・・・、雲で見えない。(涙)
008.JPG  009.JPG

010.JPG  011.JPG

自然研究路の横を流れているのは梓川。
雨が降り続いていたせいで、かなり水が多いですね。
遊歩道も所々で、水びたしになっていました。
012.JPG 013.JPG


田代橋へ向かう途中、水がきれいだったので、思わずパチリ!
014.JPG


田代橋到着!やっぱり山は見えないな・・・。(悲)
でも、雲が薄くなってきたような????
015.JPG 016.JPG


田代橋から5分! ウェストン碑まで来ました!
ウォルター・ウェストンさんは、日本アルプスを世界に紹介してくれた英国人宣教師です。
ウェストンさんを偲び、岩壁にレリーフをはめこみました。
017.JPG


ウェストン碑から約15分で河童橋に到着します。
018.JPG 019.JPG


上高地のシンボルと言えば、幅3.1m、長さ36.6mの吊り橋・河童橋!
皆さん、河童橋から眺めた穂高連峰の写真を、どこかで1度は見たことがあるんじゃないかしら?
天気が良いと、とっても美しい景色なんだけど、↓
020.jpg


この日は曇りのため、ちょっと残念な景色。↓
021.JPG


さてさて、明神池へと先を急がねば。
022.JPG


ここは、河童橋からすぐの場所にある上高地ビジターセンター。
パネルや写真、映像で、上高地や北アルプスの自然について紹介しています。
素敵なお土産も販売しているので、ぜひ寄ってみてください。
私はここで、上高地散策ガイドをGET! 歩数計は8,500歩。
023.JPG 024.JPG


025.JPG 026.JPG


アルプスをめざす人たちに人気の拠点・小梨平のキャンプ場を越え、気持ちの良い森の中をどんどん進みます。
027.JPG 028.JPG


あれ? 猿が来た!


れれ? また猿が来た!!


ありゃりゃ? また来た!


群れなのかしら? 森の中からやってきて、森の中へとまた消えて行きました。
自然いっぱいの上高地は、すぐ近くでニホンザルや野生動物を見る事ができるけど、絶対に餌をあげちゃダメですからね。
029.JPG 030.JPG


ん? 明るい? もしかして晴れてきた?
何度もブログに書いておりますが、私、晴れ女です!
031.JPG 032.JPG


上高地でも晴れ女の力を発揮したみたいで、穂高神社奥宮への参道を抜け明神橋へ到着する頃には、おもいっきり晴れてくれたので、素敵な写真が撮れました♪
さすが私!
033.JPG 034.JPG


035.JPG 036.JPG


河童橋から歩くこと約50分。
明神池へ到着しました~。やっと着いた~。
037.JPG 038.JPG


なぜここに鳥居があるかというと、本宮を安曇野市穂高にもつ穂高神社の奥宮が明神池畔にあるから。
明神池は、穂高神社奥宮の境内にあるため、拝観料(300円)が必要になります。
039.JPG 040.JPG


ここまで来たのなら、ぜひ明神池まで見ていってほしいです!
明神岳からの土砂が湧水をせき止めて出来た明神池は、荘厳な雰囲気。
毎年10月8日の例大祭では、ここで幻想的なお舟神事が行われています。
041.JPG 042.JPG


背後に明神岳が迫る静寂な一の池と、大岩石が池中に立つ日本庭園調の二の池など、三つの池に分かれています。
マガモやオシドリがいるはずなんだけど、見かけなかったな。


池畔には、嘉門次小屋もあります。
嘉門次小屋とは、ウェストンを案内した名ガイド・上條嘉門次さんが住んでいた所。
前庭には、嘉門次レリーフがあるので、ぜひご覧ください。
043.JPG 044.JPG


予定の時間より、少し遅れ気味。
河童橋へ戻るのは、急いだ方が良さそう。。。。(疲)
歩数計は15,000歩。


河童橋へ戻るのは、明神池へ来た時と同じ道(梓川左岸道)ではなく、違う道(梓川右岸道)で帰ることにしました。
そうすると距離が長くなって、来た時より長い約70分もかかっちゃうんだけど。


でも違う道へ来て良かった!岳沢湿原など、趣の違う景色が見られました!!
045.JPG 046.JPG


047.JPG 048.JPG


049.JPG 050.JPG


急いだかいあって、河童橋へは70分かからずに到着。
よしよし。自分、よく頑張ったぞ。
河童橋から眺めた穂高連峰も天気が回復したおかげで、完全ではないけれど、だいぶ雲もなくなり、来た時より美しい景色を見る事ができました♪
051.JPG 052.JPG


今回の上高地での滞在時間、約3時間30分!
ただただ急いで歩いてきただけなのですが・・、それでもやっぱり自然の中を歩くのは良いですね~。


この日の長野市や松本市の市街地は、日中うだるような暑さだったのに、上高地の涼しいこと涼しいこと!
木々を通り抜ける風が爽やかで、とても気持ちよく歩けました。


それもそのはず!
上高地では、最高気温が25℃を超える日は、年に数日しかないんですって!!
まさに絶好の避暑地です!!!


梅雨が明けたこれからは、晴天に恵まれ、気高く美しい山々が、訪れる人を魅了してくれることでしょう!
素晴らしい景観を見に、爽やかな風を感じに、ぜひ上高地へお出かけください。


帰りのバスの中で。 歩数計は21,500歩でした。


***** 上高地観光アソシエーション(上高地観光旅館組合事務所) *****
〒390-1516
長野県松本市安曇上高地
TEL:0263-95-2405
FAX:0263-95-2236


***** 松本市アルプス観光協会 *****
〒390-1501
長野県松本市安曇209番地1号
TEL:0263-94-2221
FAX:0263-94-2239

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年7月19日
« 前の記事「よしもと芸人「こてつ」 長野県の観光地を勉強中!」へ
»次の記事「信州ぐるっと"ケータイ"キャンペーン2011」 へ
おすすめ記事
    長野特派員 新着記事
    特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」
    2014季刊信州 秋号 発行しました!!
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その4
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その3
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その2
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その1
    季刊信州 2014夏号 発行しました!
    風情豊かな鬼無里へお出かけください!!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ブルーベリー狩り・カシス狩りは原村へ
    池田町には「てるてる坊主の館」があります
    花見(けみ)ホタル祭り開催中です

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集