海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 長野特派員ブログ > 山形村での楽しい1日の過ごし方 その1

日本国内/長野特派員ブログ 信州・長野県観光協会

日本国内・長野特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年7月15日

山形村での楽しい1日の過ごし方 その1


メール プリント もっと見る

山形村での楽しい1日の過ごし方 その1

7月11日の金曜日に、山形村へ行ってきました。
長野県のほぼ中央部、松本市の南西に位置し、西部は山地と集落、東部には肥沃な農地が広がる村です。
場所は ↓ココ↓
001.gif


ところで!
生で食べてもジャム等に加工しても美味しいブルーベリーの生産量日本一は長野県です。
様々な種類のブルーベリーが県内各地で栽培されています。
002.JPG  003.JPG


山形村も県内有数のブルーベリーの産地で、20園以上のブルーベリー農園があります。
摘み取り体験を行っているとのことなので、ブルーベリーの摘み取り体験ができる農園の一つ、百瀬園にお邪魔しました。
004.JPG


百瀬園では約10種類のブルーベリーを栽培しているそうです。
スパルタン、ランコーカス、ノースランド、チャンドラ・・・。
比べてみると色も大きさも違うんですね~。(私の写真ではほとんど分からないと思いますが。)
もちろん味もかなり違います。
005.JPG  006.JPG


大粒の品種が特に人気で、500円玉サイズにまで大きくなる種類のチャンドラは大人気だそうです。
でもチャンドラが熟すには、もうちょっと時間がかかるようですね。
007.JPG  008.JPG


ブルーベリーは日光に弱いということなので、午前中の収穫がお勧めです。
人間にとっても日中は日差しが強いので、午前中の涼しいうちの収穫が良いと思います。


山形村で育つブルーベリーの美味しいのは、栽培に適した火山灰土から受けるたっぷりの栄養、そして昼夜の寒暖差が大きいことで、味が凝縮されるため!
そして、それにもまして農園主の丹精込めた愛情が、ブルーベリーの味をより一層ひきたてているからです!!
山形村でのブルーベリー摘み取り体験は、8月中旬頃まで楽しめます。
新鮮なブルーベリーを好きな分だけ摘み取ってお持ち帰りください。
 入園料:大人300円(中学生以上)、子ども200円(3歳~小学生)
 摘み取り料金:1kg当たり1,200円


摘み取り体験をされる方は、予約をお願いします。
予約は山形村観光協会へご連絡ください。
ブルーベリー摘み取り体験をされた方には、とってもお得な山形村グルメクーポン券のプレゼントもありますよ。
009.jpg


***** 山形村観光協会  *****
〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村2025-1
TEL:0263-31-6220
FAX:0263-31-6282

***** ブルーベリーの百瀬園  *****
〒390-1301
長野県東筑摩郡山形村1684-1
TEL:0263-98-2634

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年7月15日
« 前の記事「季刊信州 2014夏号 発行しました!」へ
»次の記事「山形村での楽しい1日の過ごし方 その2」 へ
おすすめ記事
    長野特派員 新着記事
    特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」
    2014季刊信州 秋号 発行しました!!
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その4
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その3
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その2
    山形村での楽しい1日の過ごし方 その1
    季刊信州 2014夏号 発行しました!
    風情豊かな鬼無里へお出かけください!!

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■長野県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集