海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ

日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 2019年5月に「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」が発売されました。
 愛知県からは276軒のお店が掲載されましたが、その中で私が訪れたことがあったのは40軒ほどです。
 皆さんが待ちに待ったミシュランガイド東海版の掲載店の中から、愛知県のお店をピックアップしてご紹介したいと思います。
 第2回目の今回は、愛知県豊橋市にある「うな豊」さんです。
 「うな豊」さんと言うと、今回同じくミシュランガイドに掲載された名古屋市瑞穂区の「うな豊」さんを思い浮かべる方も多いのではないかと思いますが、私も最初見た時に、同じ名前の鰻屋さんがミシュランガイドに掲載されているなんて、印刷ミスか何かではないかと思いました。
 興味が湧いたので、ミシュランガイド掲載直後にお店に行ってみることにしました。
 こちらの鰻は、瑞穂区のうな豊さんのようなパリッとした焼き加減ではありませんでしたが、鰻自体はふっくらとした口当たりで美味しかったです。
 そして何よりお値段が安いんです。何とまぶしが1,000円台(1,900円)で食べられます。
 
●まぶし(1,900円)をいただきました。
IMG_20190606_121040.jpg
 
●まぶしのアップ画像です。鰻のふっくら感が伝わるでしょうか?
IMG_20190606_121047.jpg
 
●「うな豊」さんのメニューです。お昼限定のまぶし丼(1,500円もあります)
IMG_20190606_120330.jpg
 
 店構えや店内も庶民的な雰囲気で、何かホッとさせてくれるものがあります。
 この日は予約のお客さんが多く訪れており、常に満席状態でした。懐が厳しい時に鰻が食べたくなったら訪れたい、そんなお店です。
 
●どこか庶民的な雰囲気を醸し出す外観
IMG_20190606_120048.jpg
 
★うな豊
住所:愛知県豊橋市牟呂水神町3-14
TEL:0532-31-8223
アクセス:豊橋駅から車で10分(豊橋駅から2,272m)
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00
定休日:月曜日、第3火曜日
駐車場:有
 


2019年6月15日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 2019年5月に「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」が発売されました。
 愛知県からは276軒のお店が掲載されましたが、その中で私が訪れたことがあったのは40軒ほどです。
 皆さんが待ちに待ったミシュランガイド東海版の掲載店の中から、愛知県のお店をピックアップしてご紹介したいと思います。
 記念すべき第1回目は、愛知県岡崎市にある「三河ラーメン 日本晴れ」さんです。
 伺ったのは梅雨入りを迎えた6月7日。人気店と聞いていたので混雑を覚悟していましたが、この日は激しい雨が降っていたことに加えて、開店直後の11時過ぎに伺ったこともあってか、全く待つことなく入ることが出来ました。
 初めての訪問でしたので「何がお勧めですか?」とお店の方に尋ねたところ、「うちはやっぱり豆乳担々麺ですね」と言われましたので、豆乳担々麺の白(900円)をオーダーしました。
 待つこと数分、予想よりかなり早くラーメンが運ばれてきました。見てビックリ、スープの色が独特で、麺の姿が全く見えません。
 
●豆乳担々麺の白(麺の姿が見えません!!)
IMG_20190607_112158.jpg
 
 早速スープを飲んでみましたが、これが美味い! クラムチャウダーを担々麺風にアレンジし、胡椒のスパイシーさを加えた感じ(こんな表現している書き込みが一件も無いので違っているかもしれませんが)のスープで、良い意味でラーメンスープの型にはまっていない感じでした。
 
●メニューその1(豆乳担々麺はスープを選ぶことが出来ます)
IMG_20190607_112011.jpg
 
●メニューその2(岡崎ブラックの他、色々なアレンジがあります)
IMG_20190607_111943.jpg
 
 麺もスープによく馴染んでいましたし、チャーシューの脂もしっかり抜けていて、とても美味しかったです。
 他にも色々なアレンジがあったので、「次回は別のラーメンも食べてみたい」と言う気持ちと、「次回もまた豆乳担々麺を食べてみたい」と言う迷いの気持ちを起こさせるほど美味しいラーメンでした。
 
★三河ラーメン 日本晴れ岡崎本店
住所:愛知県岡崎市上和田町字南屋敷2-1
TEL:0564-52-5988
アクセス:JR東海道本線「岡崎」駅より 北西へ徒歩10分
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30)*スープがなくなり次第終了
定休日:年中無休 (元日のみ休み/不定休あり)、完全禁煙
駐車場:有(14台)
ホームページ:http://www.m-nihonbare.jp/
参考:おススメ名古屋めし掲示板
 


2019年6月 8日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 今回は美しい藤の花が咲き誇る愛知県豊田市御作町の「ふじの回廊」をご紹介します。
 例年、4月末から5月上旬ごろに見頃を迎える藤の花は、万葉集にも詠まれ、古くから日本人に親しまれています。
 愛知県内には名城公園や岡崎公園、津島市の天王川公園など、藤の名所が幾つもありますが、中でも豊田市御作町の「ふじの回廊」は、穴場とも言える藤のビューティフルスポットです。
 「ふじの回廊」がある豊田市藤岡は、山あいに位置しているという事もあって、愛知県の他の藤の名所よりも見頃が一週間から10日程度遅いことが多く、他のエリアでは見頃を終えてしまった時期でも、美しい藤の花を見ることが出来ます。
 今回私が訪れたのも、ゴールデンウィークの一週間後の5月11日でしたが、とても美しい藤棚を見ることが出来ました。
 
●道路脇に駐車場の大きな看板があります。無料ですが台数に限り(10数台程度)があるので注意が必要です。
IMG_20190512_141707.jpg
 
●「ふじの回廊」案内図。駐車場は左下のPと表示されているところです。
IMG_20190512_142100.jpg
 
●紫の藤の花が幻想的な美しさでした。まさに感動ものです。
IMG_20190512_142614.jpg
 
●一番奥の白の藤棚も素晴らしかったです。
IMG_20190512_143435.jpg
 
 「ふじの回廊は」、藤岡の花である「ふじ」をテーマにした散策路で、約370mにわたって設置された藤棚には、九尺藤、紫三尺、八重黒竜、シロバナ藤の4種のふじの花が植栽されています。
 回廊は、地区内の御作小学校の生徒や関係者が中心となって手入れや管理を行っており、まさに地元の方々の努力の結晶ともいえる”作品”なのです。
 藤の花が満開を迎えるゴールデンウィーク期間中には、周囲の施設とも連携して「ふじまつり」が開催され、藤の花の柔らかく甘い香りに包まれながら、多彩なイベントを楽しむことが出来ます。
 今回訪れたのがゴールデンウィークの一週間後だったからでしょうか、訪れる人がまばらで信じられない程ゆったりと見学することが出来ました。
 名古屋の市街地から一時間以内で、これほど美しい藤棚をゆっくり眺めることが出来たのは驚きです。皆さんも是非訪れて見ていただきたいです。
 
【豊田市ふじの回廊】
愛知県豊田市御作町
TEL 0565-76-6108(藤岡観光協会)
■交通
東名高速道路「名古屋IC」より40分、「豊田IC」より50分
東海環状道路「豊田藤岡IC」より20分
猿投グリーンロード「中山IC」より20分
■駐車場
10台前後停められる無料駐車場有(収容可能台数が少ないので注意が必要です)
■ホームページ
豊田市観光協会公式サイト
 


2019年5月26日
2019年4月28日
2019年4月14日
2019年1月27日
2018年12月16日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■愛知県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 名古屋・愛知特派員

    名古屋・愛知特派員
    hossie
    名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集