海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ

日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 今回は岐阜県多治見市にある「虎渓山永保寺」をご紹介いたします。
 
 虎渓山永保寺は、夢窓疎石が開創した仏徳禅師を開山とする臨済宗南禅寺派の寺院です。
 岐阜県を代表する名寺で、鎌倉時代末期に建てられた「観音堂」と「開山堂」が国宝に指定されています。
 2003年(平成15年)の火災によって「本堂」と「庫裏(くり)」が全焼してしまいましたが、再建を願う市民たちの協力によって募金活動が行なわれ、2007年(平成19年)に庫裏、2011年(平成23年)6月に本堂が火災が起こる前と同じ姿で再建されました。
 
 開創者の夢窓疎石は鎌倉時代から室町時代に活躍した禅僧で、後醍醐天皇から与えられた「夢窓国師」の名でも知られています。 「国師」とは一番位の高い僧に与えられる称号で、疎石は生前と死後に渡り、7人の天皇から7度も「国師」の称号を与えられました。
 
 疎石は全国を行脚して修業をすると同時に、各地で庭造りを行いました。世界遺産にも選ばれている天龍寺庭園、西芳寺(苔寺)庭園の他、瑞泉寺(神奈川県鎌倉市)、恵林寺(山梨県甲州市)、覚林房(山梨県身延町)等の庭園を手掛けています。
 その疎石が手掛けた虎渓山永保寺もすばらしい庭園で、池の中央にかかる無際橋と、借景になっている梵音巌とされる岩盤と滝が絶妙な組み合せになっており、国指定名勝の登録を受けています。
 虎渓山永保寺の庭園は大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らして築山、池中に設けた小島、橋、名石などで各地の景勝などを再現した、いわゆる池泉回遊式庭園です。
 秋の紅葉も見事で、11月上旬から下旬頃には樹齢約700年の大銀杏をはじめとする紅葉が境内に色づきます。
 
●駐車場近くにある案内板です
DSC_4655.jpg
 
●玄関前にある樹齢700年のイチョウの大木。開山の仏徳禅師お手植えの木とされています。
DSC_4601.jpg
 
●池越しに見る国宝観音堂(水月場)。12月の景色ですが侘び錆を感じさせます。
DSC_4616.jpg
 
●境内の奥にひっそりと佇む国宝開山堂(僊壺堂)。足利尊氏が建立したと言われています。
DSC_4622.jpg
 
●すぐ近くを流れる土岐川。この川の龍浮淵は良夫(婦)縁としてのパワースポットとして知られています。
DSC_4627.jpg
 
●国宝の観音堂です。1314年に建立されたとされ、禅宗伽藍の中ではもっとも大切な仏殿です。県重要文化財の聖観世音菩薩坐像が本尊として祀られています。
DSC_4632.jpg
 
 現在では、国宝観音堂内や境内を使った仏前結婚式を挙げることができるお寺としても人気を集めています。国宝の前で愛を誓う結婚式は、とてもすてきな気がします。
 なお、山号は虎渓山、虎渓の名称は景色が中国廬山の虎渓に似ていることによるといわれています。
 
【虎渓山永保寺】
住所:岐阜県多治見市虎渓山町1-40
電話:0572-22-0351
FAX:0572-22-0091
国指定名勝庭園内のみ拝観可(国宝建造物内の拝観はできません)。
■公式サイト
http://www.kokei.or.jp/
※公式サイトに拝観に関する注意事項等が記載されていますので参照ください。
■交通
◎電車の場合:名古屋より中央線多治見駅下車。徒歩約30分
◎車の場合: 中央自動車道多治見インターより約2Km


2020年1月13日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 今回は静岡県湖西市にある豊田佐吉記念館をご紹介いたします。
 今や日本を、そして世界を代表する企業となったトヨタ自動車の原点が、ここ静岡県湖西市にあることは意外に知られていません。
 1867(慶応3)年2月14日に遠江国敷知郡山口村(現在の静岡県湖西市山口)に生まれた豊田佐吉翁は、貧困にあえぐ村の暮らしを見て「郷里の貧乏を救わなければならない」という郷土愛に燃えるようになり、いくつもの困難を乗り越え、ついに世界も認める自動織機を完成させます。
 「村を、そして日本を裕福にしたい!」、「世界に追いつけ追い越せ!」という佐吉翁の志は、自動織機の発明にとどまらず、やがて長男の喜一郎氏による国産自動車の開発へと受け継がれ、現在のトヨタグループの発展、さらには日本の産業の発展へとつながっていきました。
 記念館となる前から湖西市にある豊田邸には、佐吉翁の生い立ちなどに関心を持つ人が多く訪れていました。
 このため、トヨタ自動車株式会社社長であった豊田章一郎氏(当時、現同社名誉会長)は、昭和63年10月30日の豊田佐吉生誕120年を機に、佐吉翁が40歳の頃に建てた家と屋敷を豊田佐吉記念館と名付けて一般公開することにしました。
 このサイトでは、豊田佐吉記念館の概要をご紹介しますが、是非現地を訪れて、佐吉翁の熱い思いと輝かしい功績を肌で感じ取っていただきたいと思います。
 図書館にある分厚い豊田佐吉伝を1冊読むよりもここを訪れて1~2時間じっくりと見学する方が、より佐吉翁のことを理解できるはずです。
 
●駐車場付近から見た豊田佐吉記念館
DSC_3694.jpg
 
●豊田佐吉記念館のエリアマップです。順路が明記されているので分かりやすいです。
DSC_3709.jpg
 
●豊田佐吉記念館の入口
DSC_3714.jpg
 
●記念館を入ってすぐの左手に豊田佐吉胸像があります。佐吉翁の妻である浅子夫人が作製しました。
DSC_3728.jpg
 
●母屋です。母屋は1907年、佐吉翁が40歳のときに両親のために建てた木造2階建の家です。しっかりとした柱や梁が組み合わさっていて、釘を使わない工法で建てられており、二度の大地震にも耐えた頑丈な造りとなっています。
DSC_3711.jpg
 
●母屋には豊田章一郎氏の表札が掛かっていました。
DSC_3732.jpg
 
●資料室や休憩室では、佐吉翁の生涯を描いた映像を観ることもできます。時間にゆとりのある方は是非ご覧になられることをおすすめめします。佐吉翁に関する理解がより一層深まります。また、海外から見学に来る人のために、日本語だけでなく、英語と中国語(北京語)の案内板とパンフレット、映像が用意されています。
DSC_3717.jpg
 
●資料室に入ったらまず記帳しましょう。全国津々浦々から見学者が訪れているほか、トヨタ自動車関連の企業に勤めている方々が数多く訪問していることが分かります。
DSC_3772.jpg
 
●発明に取り掛かってから3年後の明治23(1890)年、佐吉翁が23歳の時に豊田式木製人力織機(1番右)を完成させました。展示室で佐吉翁の志、世界の礎となった数々の発明を目の当たりにして、胸が熱くなりました。
DSC_3716.jpg
 
●納屋です。元屋敷の奥に建っていたものを移築したといわれており、佐吉翁は父親に隠れてここで研究をしていました。
DSC_3742.jpg
 
●裏山の散策路は、歩くだけなら大人の足で15分ほど、じっくり見ると30分程度の散策になります。展望台までの標高差は40mほどあり、ちょっとした運動になります。
DSC_3755.jpg
 
●頂上の展望台からは晴れた日には遠く富士山を望むこともできます。
DSC_3782.jpg
 
●復元された佐吉翁の生家。内部には当時の生活用具などが展示されています。
DSC_3810 (1).jpg
 
 豊田佐吉記念館は、トヨタ関連施設の博物館では唯一、愛知県外にあります。
 佐吉翁、喜一郎氏の生誕の地で、特に佐吉翁の生涯を紹介しています。豊田佐吉記念館を見学することで、発明王と呼ばれる佐吉翁がどのように生きたかを知ることができます。
 なお、湖西市では豊田佐吉翁についての知識を問う佐吉検定が行われています(湖西市文化協会などが運営)。
 検定は佐吉の生誕150年記念事業として2016年にスタートし、2019年は市内外の小学生から80代までの22人が合格を目指して参加しました。
 
■豊田佐吉記念館
アクセス:(自動車)東名三ヶ日ICより25分/国道1号浜名バイパス大倉戸ICより15分、(電車)JR東海道線鷲津駅より2km
電話番号:053-576-0064
住所:〒431-0443 静岡県湖西市山口113-2
営業時間:4月1日〜9月30日⇒ 9:30〜17:00  10月1日〜3月31日⇒ 9:30〜16:30
定休日:毎週水曜日(ただし、水曜日が祝日の場合は翌木曜日が休館日)、年末(12月26日〜31日)、年始(1月6日〜8日)、2月最後の水曜日の直前の月・火曜日、9月第1水曜日の直前の月・火曜日
入館:無料
駐車場:40台(バス駐車場有)
公式サイト:https://global.toyota/jp/company/profile/museums/sakichi/
  


2019年11月16日

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 今回は富山県富山市にある寿司の名店「鮨人」さんをご紹介いたします。
 中部・北陸エリアでは、「昇龍道」と言う観光ルートのPRを熱心に行っています。
 「昇龍道」は中部・北陸地方(富山・石川・福井・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀)を龍に見立てた観光ルートです。中部・北陸地域の形は、能登半島の形が龍の頭の形に似ており、龍が昇っていく様子を思い起こさせることから、地域の観光エリアを「昇龍道」と名づけたものです。
 今回私は、九谷焼を見るために加賀市に行くことをメインの目的としていましたが、昇龍道の一番先の富山市まで足を延ばして、「鮨人」さんにお邪魔することにしました。
 人気店故に予約は必須ですが、今回は10日前に予約の電話を入れたところ、運よく13:15からの第二部で予約を取ることが出来ました。
 こちらの大将は脱サラをしてこの世界に飛び込んだ方ですが、他の寿司店での修行経験がなく、独学で寿司を学び、独立した方です。従来のスタイルにとらわれることなく、独自の拘りと研究で今のスタイルを確立されたようで、この日が初めての訪問だった私にも、その拘りが伝わって来ました。
 
●お店の入口付近の画像です。入替制なので外で待つことになります。駐車場はお店の前に4台、路を挟んだ向かいの「とりさき眼科」の裏に8台分確保されています。
DSC_4001.jpg
 
●料理は紅白のエビからスタートです。品の良い甘味が特徴的でした。
DSC_4011.jpg
 
●茶わん蒸しは梅の味付けのみのシンプルなものですが、美味しかったです。
DSC_4015.jpg
 
●ご飯の上にカニ、イクラ、ウニが乗っています。
DSC_4025.jpg
 
●大将がネタの名前を教えてくれましたが、聞き取れませんでした。とても美味しかったのですが、何だったのでしょうか?
DSC_4030.jpg
 
●アジです。ややねっとりとした感じが良かったです。
DSC_4038.jpg
 
●げそ焼と胡瓜と昆布の和え物です。これがまた何とも言えず美味しかったです。
DSC_4041.jpg
 
●烏賊ですが、見ての通り細かく切れ目が入っています。マイナス50℃に冷凍した後に調理するそうで、お餅を食べているような柔らかさでした。このような食感の烏賊をいただくのは初めてです。
DSC_4049.jpg
 
●ノドグロです。少し炙りを入れてあり、鼻のあたりに香ばしさが残ります。
DSC_4053.jpg
 
●ブリです。実は寒ブリではなく、この時期のブリが一番美味しいそうです。
DSC_4060.jpg
 
●「今日は良い鮪が入りました」と大将が言っていましたが、本当にその通りでした。飛び切り美味しい鮪でした。
DSC_4063.jpg
 
●ノドグロとクエのしゃぶしゃぶです。旨みが九条ネギに染み込み、何とも言えない美味しさでした。
DSC_4073.jpg
 
●ノドグロをネギマのようにしたものです。塩焼きのノドグロは柔らかく、超美味でした。
DSC_4081.jpg
 
●汁物は独特で、魚の血も何もかも入れ、雑味を取って旨みだけを残した逸品です。これは正直好き嫌いが分かれる気がしました。
DSC_4083.jpg
 
●穴子は九州の対馬産だそうです。独特の身の食感が心地良く、すぐに口の中で溶けていきました。
DSC_4094.jpg
 
●締めは最中アイスでした。パリッパリの食感が最高でした。目茶目茶美味しかったです。
DSC_4096.jpg
 
 今回私がいただいたのは、お昼の中では一番高い8,000円のコースでしたが、どれも美味しく、これを銀座で食べたら一体いくらするのだろうと思うレベルのお寿司でした。
 また、単にお寿司が美味しいだけではないことを、ピカピカに磨かれた換気扇から伺い知ることができました。多くの人があまり注目することの無い細かな点まで気配りをされているのは素晴らしいと思います。
 カウンターは12席ありますが、大将のポリシーで全てを予約で埋めることはせず、必ず当日分として4席空けてあるそうです。大将曰く「ずっと前から予約をしなければ行けないお店は好きではありません。お寿司が食べたくなった時に食べに行けるお店にしたいので、このようなスタイルにしています」とのこと。
 大将は個性的な方でしたが、その個性が良い意味でお店の運営に生かされていると思います。
 お寿司を食べると言う枠を一歩越えて、「ある種イベントのようにお客さんを楽しませよう、喜んでもらおう」という思いが伝わって来る、素晴らしいお寿司屋さんでした。
 
鮨人(すしじん)
営業時間:12:00~14:00(第1部12:00~、第2部13:15~)、18:00~21:30
定休日:日曜 (祝日は営業、但し月曜が祝日の場合は日曜営業・月曜休業)
住所:富山県富山市新根塚町3-5-7
電話番号:076-422-0918
駐車場:店舗の前に4台、道路を挟んだ向かいの「とりさき眼科」の裏に8台、計12台分あり
公式ホームページ:なし
関連サイト:名古屋グルメ美味しいお店INDEX
 


2019年11月 3日
2019年9月 8日
2019年7月14日
2019年6月24日
2019年6月15日
⇒すべての記事を見る

東海旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■愛知県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 名古屋・愛知特派員

    名古屋・愛知特派員
    hossie
    名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集