海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 名古屋・愛知特派員ブログ > 「卵かけご飯を死ぬほど食べたい!」そんな小市民の夢...

日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月20日

「卵かけご飯を死ぬほど食べたい!」そんな小市民の夢を叶えてくれる道の駅「もっくる新城」


「卵かけご飯を死ぬほど食べたい!」そんな小市民の夢を叶えてくれる道の駅「もっくる新城」

 幾つかの偶然が重なり、新城市にある道の駅「もっくる新城」に行って来ました。
 かつてこちらを訪れた際に「卵かけご飯食べ放題モーニング」をやっていることを知り、いつか来てみたいと思っていたのですが、それがこの日実現しました。
 「卵かけご飯食べ放題モーニング」は10:30迄で、何とか10:00にお店に入ることが出来ました。私と私の部下の若手社員2人の計3人で行ったのですが、結果として恐ろしい量の卵かけご飯を食べることになりました。
 こちらの仕組みは、「ご飯・温泉卵が食べ放題、コーヒー飲み放題でワンコインの500円」と言う、驚愕の安さなのですが、安いだけではなく、お米は地元新城産、卵も地元で獲れたばかりの超美味しい卵なのです。


 料金は先払いなので、レジで500円を支払い、いざ出陣!
 丼にご飯をよそった後に待っているのは、10種類以上もあるトッピングです。でもまずはトッピングなしで食べたかったので、何も乗せずに食べることにしました。醤油は普通の醤油と玉子かけごはん用の醤油がありましたが、私は間違っても玉子かけごはん用の醤油を掛けることは有りません。玉子かけごはん用の醤油はコクが強すぎるため、卵本来の味がさっぱりわからなくなってしまうからです。


●入口の看板を見て期待がどんどん膨らみます!
IMG_20180118_095800.jpg


●早速ご飯をよそう若手社員のMくん、地球の歩き方初登場です!
IMG_20180118_100006.jpg


 まず一口食べてみましたが、口の中いっぱいに卵の味とご飯の甘みが広がり超美味です。普通は少ない卵を醤油でひきのばし、ご飯を沢山食べているのですが、ここではそんな必要は全くありません。むしろご飯を少なめにして卵をたっぷりかけ、口の中に豪快に放り込めるのです。「卵かけご飯を死ぬほど食べたい!」と言う小市民の夢を見事に叶えてくれます。
 2杯目以降はトッピングをしましたが、最後の締めはやはりそのまま卵だけにしました。何という満腹感と満足感、たったの500円でこれほど満足出来るお店はそうはありません。


●トッピングは豊富です。色々乗せてみました。
IMG_20180118_101008.jpg


●卵かけご飯のアップ画像です。美味しさが伝わるでしょうか?
IMG_20180118_102139.jpg


 朝ご飯を食べずに訪れた飢えた3人が僅か30分の間に食べた量は、ごはん11杯、温泉卵22個、コーヒー6杯。オオカミが羊の群れに放されたようにとにかく食べまくりました。


●流石にこれだけ食べると夜になってもお腹は空きませんでした
IMG_20180118_103258.jpg


 なお、「もっくる新城」は実験的にETC搭載車が高速道路を降りて道の駅に立ち寄り、約1時間以内に高速道路に戻れば、降りなかったものと見なして料金を再徴収しないサービスを行っています。例えば名古屋方面から東京に向かう人が新城インターで降り、道の駅に立ち寄った後に、1時間以内に同じ新城ICから入ることで、高速道路を降りなかった場合と同じ料金になります(逆方向へは対象になりません)。車の途中下車と言えば分かりやすいでしょうか。
 但し、対象となるETC2.0搭載車は2016年3月末時点で160万台(従来型のETC搭載車は5,500万台)と少なく、「一時退出」の対象にならないユーザーが多いので、自分の車がETC2.0か否かは事前に確認するようにして下さい。詳しくは中日本高速道路ホームページ を参照下さい。
※名古屋エリアのグルメ情報は、「名古屋グルメ美味しいお店INDEX 」をご覧下さい。


【お店の情報】
道の駅「もっくる新城」
場所:愛知県新城市八束穂五反田329-7
電話:0536-24-3005
営業時間:9:00~18:00(玉子かけご飯モーニングは8:00~10:30)
定休日:年中無休
http://mokkulu.jp/index.html
価格:卵かけご飯食べ放題モーニング500円


【参考リンク】
高級料亭並みに料理が美味しい新城の温泉旅館「はづ合掌」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年1月20日
« 前の記事「【名古屋グルメ3】新幹線を途中下車しても食べたいきしめん店に隠された都市伝説」へ
»次の記事「豊橋で衝撃のカレーうどんを発見!宣伝大使は何と元SKEの松井玲奈さん!!」 へ
おすすめ記事
    名古屋・愛知特派員 新着記事
    瑞浪方面に出掛けたら寄らずにはいられない飛騨牛の名店「みわ屋本店」は最高!
    名古屋でお薦めの割烹料理店「ふじ原」(名古屋市東区)のお料理は秀逸です!
    今や全国にその名を知られる「味仙」(名古屋市千種区)の激辛台湾ラーメン!
    名古屋への出張が楽しみになる居酒屋特集その②「海の日」(名古屋市中区栄)
    予約困難な超人気店「賛否両論 名古屋」の予約の取り方(名古屋市千種区)
    石原裕次郎さんも訪れた味噌カツ丼の元祖「味処叶」の物凄いボリューム(名古屋市中区)
    板取川洞戸観光ヤナからモネの池へ!岐阜県関市の自然豊かな山々に囲まれた観光地!
    錦三丁目の「伝説のヒレかつ」の味を引き継ぐ名店「八千代味清」(名古屋市中村区)

    東海旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■愛知県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 名古屋・愛知特派員

      名古屋・愛知特派員
      hossie
      名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集