海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 名古屋・愛知特派員ブログ > 豊橋で衝撃のカレーうどんを発見!宣伝大使は何と元S...

日本国内/名古屋・愛知特派員ブログ hossie

日本国内・名古屋・愛知特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月27日

豊橋で衝撃のカレーうどんを発見!宣伝大使は何と元SKEの松井玲奈さん!!


メール プリント もっと見る

豊橋で衝撃のカレーうどんを発見!宣伝大使は何と元SKEの松井玲奈さん!!

 こんにちは。「地球の歩き方」名古屋・愛知特派員ブログ担当のhossieです。
 今回は愛知県のカレーうどん事情についてご紹介したいと思います。カレーうどんと言うと、東京の方は早稲田にある三朝庵さんを思い出される方も多いかと思います。私にとっても三朝庵さんは馴染みのお店でとても懐かしいお店です。
 全国的にはあまり知られていませんが、名古屋にはカレーうどんの文化が浸透しており、美味しいお店が沢山あります。そのカレーうどんの文化を名古屋に広めたのは、三朝庵で修業を積んだ店主が名古屋市千種区に出した三朝と言うお店だと言われています。三朝さんには私も何度か伺いましたが、やはり何か懐かしいものを感じました。
 名古屋では三朝の他に「本店鯱乃屋」をはじめとする旧若鯱屋黒川本店系列のお店(チェーン店の若鯱屋さんとは無関係です)が有名で、「若鯱家犬山店」(愛知県犬山市)、「若鯱家分家 歩々亭」(愛知県小牧市)、「若鯱家極楽本店」(名古屋市名東区)、「若鯱家清明山店」(2017年10月に惜しまれつつ閉店)が素晴らしい味を提供して来ました。
 かく言う私も名古屋に来てからすっかりカレーうどんにはまってしまい、月に何回かはカレーうどんを食べています。ところが最近、愛知県豊橋市で衝撃的なカレーうどんに出会いました。以前から「豊橋のカレーうどんが凄い!」と噂には聞いていたのですが、先日ようやく食する機会に恵まれました。伺ったのは豊橋市の勢川本店さんと言うお店です。
 お店に入って初めて豊橋カレーうどんの何たるかを知ったのですが、カレーうどんの中にとろろご飯が埋め込んであります。食べ方としては、まず普通にカレーうどんを食べ、うどんを食べ終わった後に底にあるとろろご飯を掘り起こしてカレーまみれにして食べます。カレーの量がかなり多いのが特徴です。


●豊橋カレーうどんのメニューです。
IMG_20171227_115830.jpg


●メニューに分かりやすく食べ方が書いてありました。
IMG_20171227_115924.jpg


●目の前に現れた豊橋カレーうどん。凄い迫力です!!
IMG_20171227_120416.jpg


 「カレーうどん」と「カレーまみれのとろろご飯」の2つの味が楽しめると言う物なのですが、これが物凄く美味しいんです。カレーうどん自体もインパクトがあり、さらにとろろご飯でとどめを刺される感じです。


●うどんを掘り出してみました。やや柔らかめで良い食感です。
IMG_20171227_120707.jpg


●麺を食べ終わって、いよいよ「とろろご飯」に突入です。
IMG_20171227_121419.jpg


●とろろご飯が姿を現しました。これを口の中に放り込みます。
IMG_20171227_121449.jpg


 勢川本店さんは、豊橋カレーうどんの代表格だったようですが、豊橋市内にはカレーうどんを出すお店が40店舗以上あり、
①自家製面を使用する
②器の底から、ごはん・とろろ・カレーうどんの順に入れる
③豊橋産ウズラ卵を使用する
④福神漬又は壺漬け・紅しょうがを添える
⑤愛情をもって作る
の5つの定義を守れば、豊橋カレーうどんを標榜できるようです。
 豊橋カレーうどんは、2010年に地域おこしを目的に開発されたそうですが、まだ愛知県内でもそれ程知られていない気がします。しかし、その美味しさは本物です。そしてイメージキャラクターが何と元SKE48の松井玲奈さん!
 豊橋市出身の松井玲奈さんが、豊橋市の町おこしに一役買っています。


●松井玲奈さんのポスターが貼ってありました。
IMG_20171227_120348.jpg


 これからブレイク間違いなし?の豊橋カレーうどん、豊橋を訪れたなら必ず食していただきたい逸品です。


【お店の情報】
うどん・そばの勢川
場所:愛知県豊橋市松葉町3丁目88番地
電話:0532-54-0614
営業時間:11:00~19:30
定休日:毎週月曜日・第三月火曜日
http://www.segawaudon.com/
価格:豊橋カレーうどん820円


【関連サイト】
名古屋グルメ美味しいお店INDEX
おススメ名古屋めし掲示板

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年1月27日
« 前の記事「「卵かけご飯を死ぬほど食べたい!」そんな小市民の夢を叶えてくれる道の駅「もっくる新城」」へ
»次の記事「情報誌に載っていない超おススメの瀬戸の陶器店「手しごとや阿ん」(愛知県瀬戸市)」 へ
おすすめ記事
    名古屋・愛知特派員 新着記事
    予約困難な超人気店「賛否両論 名古屋」の予約の取り方(名古屋市千種区)
    石原裕次郎さんも訪れた味噌カツ丼の元祖「味処叶」の物凄いボリューム(名古屋市中区)
    板取川洞戸観光ヤナからモネの池へ!岐阜県関市の自然豊かな山々に囲まれた観光地!
    錦三丁目の「伝説のヒレかつ」の味を引き継ぐ名店「八千代味清」(名古屋市中村区)
    少し早いですが「板取川洞戸観光ヤナ」に鮎を食べに行って来ました(2018年4月)
    笠寺観音に向かう参道にひっそりと佇む「鳥辰」さんは隠れた鰻の名店です!
    名古屋への出張が楽しみになる居酒屋特集その①「ききや」(名古屋市千種区)
    メディアの取材は全てお断りの「天ぷらよこい」(新守山)をご紹介いたします!

    東海旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■愛知県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 名古屋・愛知特派員

      名古屋・愛知特派員
      hossie
      名古屋に住む窓際サラリーマンです。かつて九州に10年(福岡3年、熊本5年、宮崎2年)勤務していた時に美味しい物に目覚めてしまい、お店探しに奔走しました。今住んでいる名古屋でも日々美味しお店を探して彷徨っています。名古屋に訪れて下さった方に満足していただけるような情報(グルメ情報や名所旧跡など)を全力でご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_06hx6BG2FP

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集