海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ナナイモ・ダンカン特派員ブログ > 【ナナイモでバスに乗ろう!】チケット購入・乗り降り...

カナダ/ナナイモ・ダンカン特派員ブログ Maki McPhee

カナダ・ナナイモ・ダンカン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 5日

【ナナイモでバスに乗ろう!】チケット購入・乗り降り丸分かりガイド


【ナナイモでバスに乗ろう!】チケット購入・乗り降り丸分かりガイド

カナダ・ナナイモのバスは主要地点を網羅しているので、観光にもとっても便利。
最近は新しいバスも多くなり、車内は綺麗で乗り心地も悪くありません。


本数が多いわけではありませんが、経験上、遅れることは殆どありません。
ただし、バンクーバーやビクトリアとはバスの利用方法が少し異なるので注意です。


今日は、カナダの他都市から訪れる人にも是非読んで頂きたい、
ナナイモのバスの利用方法についてお話しします。





◆ナナイモのバス路線図
ナナイモ市内のバスは、北は「Woodgrove Shopping Centre」、南は「VIU(Vancouver Island University)」や「Downtown」を結ぶように走っています。
また、ナナイモ郊外へは、#91のバスがナナイモ北の「Parksville / Qualicum Beach」方面、#11のバスが「Lantzville」方面、#7のバスが南の「Cinnabar/Cedar」方面へ走っています。



殆どのバスの発着点となるのが、ダウンタウンのオールド・シティ・クウォーター(旧ダウンタウン)すぐ近くPrideax Street(Fitzwilliam Street とPrideax Streetの交差点一体)の停留所。ダウンタウンのメインストリートCommercial Streetからは、徒歩10分以内です。
ここからバスに乗ると、ほぼ確実に座れ、時間の遅れも少ないのでオススメです!

↓Prideax Streetの停留所 乗り換え案内地図

NanaimoBus003.jpg




◆バスの時刻表/ルート検索
以下のサイトで、ルートや時刻を検索することができます。
https://bctransit.com/nanaimo/home




◆バスのチケット種類・運賃
NanaimoBusBC005.jpg

(上記写真は、回数券)



現在のバスの運賃は、以下の通りです。
車内でチケットを買う場合は、現金払いのみ・お釣りはもらえないのでちょうどの金額を用意しましょう。
現金:$2.50
回数券(10チケット綴り):$22.50
1日乗車券:$6.25
マンスリーパス:$67.50

※その他、学生割引などあり。
詳細&最新情報は、こちらでご確認ください。
https://bctransit.com/nanaimo/fares




◆チケットやバス路線図が手に入る場所
回数券や1日乗車券を購入できる場所は、以下のリンクに載っています。
https://bctransit.com/nanaimo/fares/where-to-buy

バスの路線図の冊子は、バスの運転席横にも用意されています。



◆バスの乗り換え時にもらう「Transfer Ticket」について
現金もしくは回数券でバスに乗車した場合、
たとえ数時間以内でも、その後もう一度バスに乗る時には、新たに運賃の支払いが必要です。
(バンクーバーやビクトリアとは、ルールが違います!!)


ただし、目的地にたどり着くまでにバスの乗り換えが必要な時には、「Transfer Ticket(乗り換え乗車券)」をもらうことができますこのチケットは、最初にバスに乗って運賃を支払う際に、運転手に目的地を告げるともらえます。


「Transfer Ticket(乗り換え乗車券)」は発行から75分間、片道のみ(最初に申告した目的地へのみ)有効です。
これは、あくまでA地点からC地点へ行く際に、中間にあるB地点でのバスの乗り換えが必須な場合のみ使えます。
A地点からB地点へバスに乗り、15分後にB地点からA地点へ戻る際などには使えないのでご注意ください。




◆バスの乗り方
NanaimoBusBC002.jpg



NanaimoBusBC003.jpg




多くのバス停には、このようなサインがあります。
(住宅街では、バスの絵が描かれた小さなサインが電柱などに貼ってあるだけのバス停もあります。)
自分の乗りたいバスが来た場合は、手を上げるか、ベンチから立ち上がって乗る意思を伝えましょう。
ベンチに座ったままの場合、他のバスを待っているのだと勘違いされて、バスが止まってくれないことがあります。




運賃は、前払いです。
運転席の横にある以下の機会に、現金や回数券、マンスリーパスなどを入れます。
NanaimoBusBC004.jpg




◆バスの降り方
NanaimoBusBC001.jpg

次の停留所で降りたい場合、
車内の窓際にかかっている黄色の紐を引っ張るか、幾つかの手すりにある黄色いボタンを押します。




停留所ごとの車内アナウンスは、全くありません。
自身で地図を確認しておく必要があります。
バスの運転手や乗客は親切な人が多いので、不安な場合は、降りたい駅を事前に伝えて、到着した時に教えてもらうようにしましょう。





◆バスに乗る時に注意したいこと
・基本的には、乗車は前のドアから、降車は後ろのドアからです。
 スーツケースやベビーカーがある場合は、乗車降車とも、前のドアを利用します。
・バス車内の前の方は、優先席となっています。
 ベビーカーを押している方やお年寄りの方に席を譲りましょう。




バスの乗り方をマスターして、ナナイモ観光をお楽しみください!




↓ナナイモ全体のMAP

NanaimoBus002.jpg




↓ナナイモダウンタウン周辺のMAP

NanaimoBus001.jpg

----------------------------------------------------------------------

Facebook.jpg 「Facebookページへ」


にほんブログ村 旅行ブログ カナダ旅行へ 「カナダ旅行(スマホからはこちら)」



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ 「カナダ情報(スマホからはこちら)」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2016年10月 5日
« 前の記事「自然の宝庫ニューキャッソル島への行き方・回り方」へ
»次の記事「巨大パンプキンが山積みに!ハイウェイ沿いのRussell Farmへ」 へ
おすすめ記事
    ナナイモ・ダンカン特派員 新着記事
    ワインにも料理にも舌鼓!ダンカン南のワイナリー「Unsworth」
    カナダ土産にも!1ドル均一ショップ「Dollarama」で見つけた可愛いアイテム10
    珍しいラベンダーワインも!今が満開のラベンダー畑「DAMALI Lavender & Winery」
    テラス席で絶品ピザを!ダンカンの南にある「Pizzeria Prima Strada」
    やっぱり大満足!日本人経営のヘアサロン『I'z Hair Studio』in ビクトリア
    私が何度も通っている、ナナイモのおすすめレストラン7選
    明日はカナダBC州の祝日「ファミリーデー」、スケートが無料に!
    1月14日(日)ナナイモ日本人会の「新年会」開催!

    カナダ 航空券情報


    カナダ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カナダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナナイモ・ダンカン特派員

      ナナイモ・ダンカン特派員
      Maki McPhee
      2012年よりカナダ在住。バンクーバーとビクトリアでの生活を経て、現在はバンクーバー島にあるナナイモに住んでいます。旅行とカメラが大好きな私が、ナナイモを起点にバンクーバー島の魅力をお届けします!個人のフォトブログはこちら、バンクーバーの現地情報サイト"LifeVancouver"でもライターをやっています(私の記事一覧)。お問い合わせやご連絡は、お気軽にどうぞ! DISQUS ID @disqus_IdzwKQ5TNx

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集