海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > イタリアにスタバができる日...(果たして訪れるの...

イタリア/ナポリ特派員ブログ 角南有紀

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月 5日

イタリアにスタバができる日...(果たして訪れるのか?)


メール プリント もっと見る

イタリアにスタバができる日...(果たして訪れるのか?)

 何故イタリアにはSTARBUCKS COFFEEができないのでしょう?
 一般的には、イタリアには誇るべきBARがあり、安くておいしいエスプレッソを飲むことができるため、外国のコーヒーショップは必要ないからだと言われています。
 確かにイタリアのコーヒーは美味しいです。でも学生時代にスタバでバイトをしていた私としては、店内のソファにのんびりと腰をかけて、大きなマグカップで甘いコーヒードリンクを飲みながら、wifiを使ったり、友達と話したり、本を読んだりしたいなと思うことがあります。
 イタリアのBarは基本的に立ち飲みで、エスプレッソ一杯が日本円で約90円と格安なので、とても気軽に入れます。しかし「一人で椅子に座って長居」というのがしづらい気がします。
 日本のように「おひとり様歓迎」という風潮がイタリアには根付いていないのも原因かもしれません。
 スタバだったら一人でも行けるし、待ち合わせで待つにも苦にならないし、この街の喧騒から少し逃れて友達とおしゃべりできるし、なんといってもイタリアにはない「お持ち帰りスタイル」もできるのにな、と思います。ここではコーヒーを持って歩く人を目にしたことがありません。手があったまるし、少しずつ飲めるので、大好きなのですが...。
 実は、この夏ヨットの世界大会がナポリの海で行われた時に、ついにイタリアにスタバがやってくると騒がれたことがありました。予定日も発表されて、私はついにイタリアマグが手に入る!とわくわくしていたのですが、その夢は無念にも砕け散りました。
398451_321178534593105_326555718_n.jpgのサムネール画像
 理由はやはりイタリアンコーヒーにアメリカンコーヒーは勝てないからと言っていますが、どうもイタリアは外資系チェーン店が進出してくるのが怖いと見えます。イタリアブランドの売上を守るために、フランス系やアメリカ系の数を増やさないのも、彼らのプライドの高さというよりも、売上が流れてしまうことを阻止しているように思えます。
 たとえば、日本でも手に入るkate spade,juicy couture,vivienne tam,marc jacobsといったアメリカブランドはイタリアにはありません。(買いつけてきているセレクトショップを除いて)Chloeやlulu guinessなど日本でポピュラーなヨーロッパブランドですら、イタリアではミラノ以外で手に入らないのです。
 パリやロンドン、ミュンヘン、バルセロナなどヨーロッパ諸国を旅行する際、何もかもにおいて選択肢の多さに圧倒されます。ロンドンの駅でおにぎりを売っているのを見た時には感激しました。パリには行列のできるラーメン屋があってびっくりしました。イタリアは外資店の進出に関してとても閉鎖的なのです。ここにはマフィアの力が及んでいるとかいないとか。
 これに対して国際的なイタリア人たちは怒っています。「私たちはおいしいピザを知っていて、エスプレッソを知っていて、ティラミスを知っているが、世界のことは何も知らない。」
 イタリアでオリンピックが開催されれば、否が応にもインターナショナルになるのではと思うのですが。海外旅行好きのイタリア人たちが、私たちの国はスターバックスが何かを知らない唯一の国だ、というトピを立てて議論していたのを見つけて興味深かったので、この記事を書いてみました。話題には問題児ベルルスコーニ元首相などもでてきており、イタリア人も自国に対してかなりフラストレーションが溜まっているようです。頑張って国際化してください!!!45507_132085973502363_6681167_n.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年11月 5日
« 前の記事「Do FASHION!! at Napoli」へ
»次の記事「ナポリでの結婚式」 へ
おすすめ記事
    ナポリ特派員 新着記事
    ナポリの絶景を臨むポジリポの丘に隠された古代劇場
    ナポリの秘蔵、カラヴァッジョの「慈悲の七つのおこない」
    南イタリアの家族の深い絆
    息子のバッテーズィモ(洗礼式)
    おいし〜いアンティークなチョコレート屋さん
    イタリアでみつけた素敵な絵本たち
    アリタリア航空で新生児と旅行
    ナポリ10月の気温・おすすめ服装

    イタリア ツアー最安値


    2017/9/19更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナポリ特派員

      ナポリ特派員
      角南有紀
      東京芸術大学大学院修了後イタリアに国費留学。ナポリ国立音楽院修了。2012年サンカルロ歌劇場主催オペラ「ラ・ボエーム」に出演。同歌劇場専属ソプラノを経て、オペラやコンサートを中心に音楽活動をする傍ら、通訳や翻訳業を行う。ゴッドファザー、マケロニ等の映画の影響で南イタリアをこよなく愛す。現在イタリア生活9年目。ナポレターノと結婚し、一児の母。治安が悪く、ゴミ問題やスリが跡を絶たないナポリの街をいかに安全に楽しむか、そして「ナポリを見て死ね」の言葉の深さを伝えたいです。番組制作コーディネート・旅程コーディネートに関するお問い合わせはこちらへお願い致します。 DISQUS ID @yukisunami

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集