海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > Presepe キリスト生誕の模型

イタリア/ナポリ特派員ブログ 角南有紀

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月13日

Presepe キリスト生誕の模型


メール プリント もっと見る

Presepe キリスト生誕の模型

 11月半ばになり、日本ではちらほらとクリスマスの飾りつけが街を彩り始めた頃でしょうか。
 ここナポリには、クリスマスの準備に関して是非紹介しておきたいものがあります。それは「プレゼーペ」と呼ばれる、キリスト生誕を表現した模型。各家庭でクリスマスツリーが飾られるように、イタリアの家庭には必ず置かれます。たとえツリーがなくても、この模型はほとんどの家庭にあるはずです。IMG_5370.JPG
 12月8日聖母マリアの胎内にキリストが宿ったとされる日にツリーとプレゼーペが一斉に各家庭に飾られ、1月6日の公現祭(三人の博士がキリストに会いに行った日)に片付けられるまで、イタリアのクリスマス気分を存分に盛り上げます。(気の早いイタリア人。本来12月8日に出すべきこれらの飾りつけを11月から出していることが多いですが。)
 ナポリには通称プレゼーペ通りと呼ばれる狭い路地があり、クリスマス前になるとイタリア全土はもちろん、世界中からカトリック教徒がこの通りに模型を買いに来ます。この古い路地が陥没する恐れがあり、しばらく通行禁止になったことすらありました。Via San Gregorio Armeno(サングレゴリオアルメーノ通り)を散策する際は荷物を最小限にし、貴重品にはくれぐれも気をつけてください。(夜は通らないこと!)
 目印はサンロレンツォ教会。3つの大きな教会に囲まれた小さな広場から始まる楽しいジオラマの旅。IMG_5367.JPG

 エルサレムの馬小屋で産まれたイエスキリストと、17世紀のナポリの下町の暮らしを織り交ぜて表現しており、そこには東方文化とイタリアの文化が不思議にマッチしています。シンプルなものから手の込んだものまで、大きさも様々。全てが手作業で、その職人芸は見事です。
 出来上がったものを購入することもできますが、まず土台を選んで、自分の好きな街を作り出すこともできます。これが土台。目移りします。IMG_5407.JPG IMG_5406.JPG IMG_5397.JPG IMG_5396.JPGのサムネール画像

 続いて、メインの馬小屋に入れるマリア様、ヨゼフ様、スペースがあれば三人の博士や動物、天使などを飾ります。イエス様は、25日の0時になると各家庭でこの馬小屋に置かれます。それまでは模型の中には入れずに保管されているのです。イエス様もいろんな表情から好きなものを選びます。IMG_5412.JPG
クリスマスの夜の完成図がこれです。IMG_5383.JPG


 そして街並みを考えます。これがとっても楽しい!!ピザ屋さん、床屋さん、果物売り、魚屋さん、肉屋さん、パン屋さん、実にたくさんの種類のお店があります。人形もいろいろで、ナポリのカードゲームで遊んでいたり、食卓をみんなで囲んでいたり、まさに現在も見られる光景がジオラマで再現されています。IMG_5391.JPG IMG_5393.JPG IMG_5380.JPG IMG_5379.JPG IMG_5378.JPG IMG_5415.JPG

 作業中の職人さんたち。秋から冬にしっかり働いて稼いで、一年を過ごすそうです。この通りはもちろん夏でも開いていて、年中プレゼーペを売っています。
IMG_5420.JPG IMG_5422.JPG IMG_5387.JPG IMG_5384.JPG

 サンマルティーノ博物館や、サンタキアラのキヨストロで凝ったプレゼーペが観られます。また、このサングレゴリオアルメーノ通りでもすごいジオラマが観られます。まさにこの通りを再現しています。IMG_5404.JPG IMG_5400.JPG IMG_5402.JPG

 昔シルバニアファミリーをたくさん集めていて、今でもミニチュア好きの私にはたまらないこの模型。
 創業1836年のFERRIGNOというお店で見たものは、どれも本物のようで怖いくらいでした。このお店は有名人もたくさん訪れていて、スピルバーク監督や、ベルルスコーニ元首相、サッカー選手、故パヴァロッティなども顧客だったそうです。
IMG_5425.JPG IMG_5426.JPGのサムネール画像のサムネール画像 IMG_5427.JPG

 その年の「顔」となった人が皮肉っぽく登場するのもこの「プレゼーペ通り」の売りとなっています。活躍したナポリのサッカー選手も、もちろんプレゼーペとなります。
IMG_5382.JPG IMG_5381.JPG

 私の母親を連れて来た時は、小物がなんだかかわいくてタマゴや果物カゴを買って帰っていました。小さな飾り小物は1ユーロから20ユーロ程で手に入ります。ジオラマの完成品となると5万円~10万、20万円とかなり高価なものとなります。それでも毎年どんどん売れるそうです。私はいつか、ピザ屋さんなどの自分の好きな人形を集めて小さめのプレゼーペを作りたいなと思っています。
IMG_5421.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2012年11月13日
« 前の記事「ヴェールに包まれたキリスト」へ
»次の記事「旅先のスーパーマーケット」 へ
おすすめ記事
    ナポリ特派員 新着記事
    ナポリの絶景を臨むポジリポの丘に隠された古代劇場
    ナポリの秘蔵、カラヴァッジョの「慈悲の七つのおこない」
    南イタリアの家族の深い絆
    息子のバッテーズィモ(洗礼式)
    おいし〜いアンティークなチョコレート屋さん
    イタリアでみつけた素敵な絵本たち
    アリタリア航空で新生児と旅行
    ナポリ10月の気温・おすすめ服装

    イタリア ツアー最安値


    2017/9/22更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナポリ特派員

      ナポリ特派員
      角南有紀
      東京芸術大学大学院修了後イタリアに国費留学。ナポリ国立音楽院修了。2012年サンカルロ歌劇場主催オペラ「ラ・ボエーム」に出演。同歌劇場専属ソプラノを経て、オペラやコンサートを中心に音楽活動をする傍ら、通訳や翻訳業を行う。ゴッドファザー、マケロニ等の映画の影響で南イタリアをこよなく愛す。現在イタリア生活9年目。ナポレターノと結婚し、一児の母。治安が悪く、ゴミ問題やスリが跡を絶たないナポリの街をいかに安全に楽しむか、そして「ナポリを見て死ね」の言葉の深さを伝えたいです。番組制作コーディネート・旅程コーディネートに関するお問い合わせはこちらへお願い致します。 DISQUS ID @yukisunami

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集