海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > caffe napoletano ナポリ流エスプレ...

イタリア/ナポリ特派員ブログ 角南有紀

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月30日

caffe napoletano ナポリ流エスプレッソ


メール プリント もっと見る

caffe napoletano ナポリ流エスプレッソ

 イタリアといえば濃いめに淹れるエスプレッソが有名。この少量の苦いコーヒーのことをイタリアではカッフェと呼び、一般的に飲まれる一番主流の飲み物となっています。
 イタリアではカッフェのことをエスプレッソとは呼びません。「エスプレッソ」は電車の急行や、郵便局の速達のことを指し、意味はそのまんま「急速に」です。実際イタリア人は行きつけのバールにひょいっと立ち寄ってささっとカッフェを飲み干してぴゅんっと去っていきます。その時にバールのバリスタや、その場にいる他のお客さん達との小話を欠かしません。天気の話や仕事や家庭の愚痴、子供の自慢や旅行の話など、たわいないことから立ち入ったことまでぽろっと話していきます。バールでの世間話はナポリではすぐに広まります。
 なぜかナポリ人たちは、このカッフェにたいそうな誇りを持っていて、ナポリが一番美味しいカッフェを輩出していると信じきっています。確かにナポリを離れるとカッフェの味が変わるので、ナポリが生み出したものなのだろうと思っていたのですが、ローマにも老舗バールがありますし、実際のところはよくわかりません。
IMG_5459.jpg


 イタリアに旅行をする際はホテルのエスプレッソだけでなく、街角のバールに颯爽と入ってカウンターでカッフェを一杯飲んでみてください。その時、10〜20セントのチップをカウンターにレシートと一緒に置くのもお忘れなく。それだけでバリスタの笑顔が違ってきます。小さなカップに入った少量のカッフェに、砂糖を一袋もりもりと入れて、スプーンでかき混ぜて、2〜3口でくいっと飲み干すのがイタリア流。ランチ後には必ずみんな飲んでいます。
 私の行きつけのバールは、ナポリ音楽院の目の前にある「Bar Muse」愛想のよい三人のバリスタが出迎えてくれます。私がスターバックスで働いていたと言うと、「よし、じゃあ美味しいカッフェを淹れてみろ」といってバリスタ体験をさせてくれたこともありました。美味しさは日によって違います。

 実はお正月にコーヒーを飲まずに、日本でハーブティーにはまってしまって以来、イタリアに戻ってからも全然このカッフェを飲んでいません。しかし、ここでは一日の大切な儀式のようにカッフェが欠かせない暮らしぶりで、友達に会ったり仕事先に行くと必ずカッフェ飲もうか?となってしまうので、社交的であるためにもやはりカッフェは避けて通れません。


 さて、今日はそんなカッフェをおうちで楽しむ方法紹介したいと思います。まず大切なのはマッキネッタと呼ばれるモカポット(直火式エスプレッソメーカー)の選び方。日本でも見つけやすいBialetti のモカエキスプレスが私のお気に入りです。長持ちします。こぼれたり吹き出したりしにくく、コーヒーがしっかり上がってきます。
 
 まずコーヒー豆のお店でモカポット用に豆を極細挽きにしてもらいます。豆の挽き方がドリップコーヒー用だと、粗過ぎてしっかりした味が出ません。日本にもイタリアブランドの豆がエスプレッソ用に挽いて売っています。illyやlavazzaあたりが主流でしょうか。私はよく手頃なkimboを買いますが、kenonが私の周りでは美味しいと言われています。まろやかなものがおすすめです。

 淹れ方はとっても簡単。まず、中に入れるバスケットに水が染み出さないぎりぎりラインまで水を入れます。foto.JPG

 次にバスケットにコーヒー豆を入れます。少しだけ押すようにして山盛りにしっかり乗せます。foto-2.JPG

 しっかりと蓋を閉めます。固くぎゅーっと閉めて、周りに豆がついた場合は水で洗い流して乾いた布で拭き、火にかけます。弱火でじっくり待つのが美味しく淹れるコツ。foto-3.JPG

 3〜5分程でエスプレッソが登ってきます。この時に立ちこめる香りは最高の贈り物です。foto-4.JPG

 完全にエスプレッソがあがってくると、ボコボコと鳴っていた音がポコポコと柔らかい音に変わります。すぐに火を止めます。直接この中に砂糖を好みで入れて(入れなくても)エスプレッソの濃度が均等になるように混ぜます。foto-5.JPG

 ここに牛乳をたっぷり投入すると美味しいカフェラテになります。朝におすすめ。来客の際には必ずカッフェを飲む?と聞きましょう。もてなしの決まり文句になっています。foto-6.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2013年1月30日
« 前の記事「イタリアの交通事情」へ
»次の記事「Outlet 'La Reggia' ナポリ近郊のアウトレットモール」 へ
おすすめ記事
    ナポリ特派員 新着記事
    イタリア映画サントラ界の巨匠ルイス・バカロフの死
    ナポリの絶景を臨むポジリポの丘に隠された古代劇場
    ナポリの秘蔵、カラヴァッジョの「慈悲の七つのおこない」
    南イタリアの家族の深い絆
    息子のバッテーズィモ(洗礼式)
    おいし〜いアンティークなチョコレート屋さん
    イタリアでみつけた素敵な絵本たち
    アリタリア航空で新生児と旅行

    イタリア ツアー最安値


    2017/11/18更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナポリ特派員

      ナポリ特派員
      角南有紀
      東京芸術大学大学院修了後イタリアに国費留学。ナポリ国立音楽院修了。2012年サンカルロ歌劇場主催オペラ「ラ・ボエーム」に出演。同歌劇場専属ソプラノを経て、オペラやコンサートを中心に音楽活動をする傍ら、通訳や翻訳業を行う。ゴッドファザー、マケロニ等の映画の影響で南イタリアをこよなく愛す。現在イタリア生活9年目。ナポレターノと結婚し、一児の母。治安が悪く、ゴミ問題やスリが跡を絶たないナポリの街をいかに安全に楽しむか、そして「ナポリを見て死ね」の言葉の深さを伝えたいです。番組制作コーディネート・旅程コーディネートに関するお問い合わせはこちらへお願い致します。 DISQUS ID @yukisunami

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集