海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > イタリア人と日本人の価値観の違い

イタリア/ナポリ特派員ブログ 角南有紀

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月10日

イタリア人と日本人の価値観の違い


メール プリント もっと見る

イタリア人と日本人の価値観の違い

 今夜はワーグナーガラコンサートでした。二日間にわたって行われたこのコンサートは、ワーグナーの陶酔するような音楽を客席と演奏者が一体となって堪能し、大盛況のうちに幕を閉じました。
935889_4998897969465_725766164_n.jpg

 鳴り止まない拍手に応えてアンコールでオーケストラが演奏したワルキューレは、完成度が高く、近くで聴いていて大興奮でした。
998086_4998898409476_1771369980_n.jpg

 でも、舞台裏は実は大変だったのです...。長く続くイタリアの不景気。真っ先に影響を受けるのは芸術家。イタリアの各歌劇場では予算削減を強いられ、生活に不安を感じる団員たちはキリキリしています。
 コンサートの二日前。稽古の時間だと思って部屋に入ってみると、稽古はなくなり、合唱とオーケストラとバレリーニが集まってデモに参加するための話し合いをするとのこと。イタリア人はとにかく感情を表に出すので、声を荒げたりしながら激しい話し合いがおこなわれるのです。この話し合いは香港公演に行く前にも出張手当の値上げを求めるために行われ、その激しさに驚きました。そのすぐ後には肩を抱き合ってコーヒーを飲んでたりするのですが。

 とにかくそんな空気の中でのゲネプロでは、オーケストラのメンバーと指揮者が険悪なムードになったり、マエストロは抗議をした人に指揮棒を渡そうとしたり。さらにオルガンの調子が悪くてプローヴァは中断。団員同士でののしり合う場面も見られたり。その場にいるだけでハラハラして、なんだか生きた心地がしませんでした。
IMG_2238.JPG

 夜のコンサートまで時間があったので、私はいったん家に帰ったのですが、なんだか大人げない態度や音楽を尊重しない言い争いに失望してしまい、夜の本番が不安でした。そんな中迎えたコンサート。あまりに偉大なワーグナーの壮大な音楽を前に、私たちはただ単に演奏者でしかなく、日頃のデモや喧嘩はここに入る隙がないんだなーと感じた瞬間でした。

 日本で演奏していた頃は、時間通りにきっちりと稽古が始まり、リハーサルは本番さながらに行われ、ののしり合うことはもちろん私語もなく、礼儀とリスペクトがまず第一に大切にされていたような気がします。
 世界でもっとも美しいと言われるサンカルロ歌劇場の中がこんなめちゃくちゃだなんて、私はがっかりしていましたが、本番のコンサートで歌いながらこうゆうやり方もあるんだなと実感しました。
 きちんとしたプローヴァもできないままに本番を迎えるなんて、チケットを購入して、着飾って、時間を割いて来てくださるお客様に失礼だ!と思っていたのだけれど、コンサートが終わってみると、お客様は立ち上がって拍手をして大喜び。
 日本人の私の価値観だけが全てじゃないんだな、と改めて思った瞬間でした。音楽の作り方もいろんなやり方があるのですね。

 ここではみんな、思ったことはなんでもはっきり言い、その場の空気が険悪になってもきちんと挽回できるあっけらかんとした力があります。その価値観の違いに戸惑ったり、嫌な思いをすることも度々あるけれど、音楽に向かうエネルギーは同じなんだなと嬉しくなりました。

 劇場に足を運び、仕事から離れ、家事を忘れ、テレビもパソコンも携帯も忘れて、数時間の間約3千人の人が同時にワーグナーの音楽に酔いしれる。なんだか奇跡的なことのような気がします。
 どうしてクラシックコンサートに行くの?忙しいのに、高いのに、遠いのに、いろんな煩わしい理由を遮ってまでどうしてクラシックコンサートに行くの?
 私にとっての理由はただ一つ。好きだから。どうしようもなくこの瞬間が好きなんです。
 裏で泣いても、舞台に立つとやっぱりやめられないなと思います。音楽がつないでくれるもの。それを実感しに来ませんか?

「人間の本性の最も奥深い深淵を再現すること」(オーケストラの役割に対して語ったワーグナーの言葉)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年6月10日
« 前の記事「サンタキアラ教会と修道院の美しいマヨルカ焼き」へ
»次の記事「ナポリ特派員ブログ番外編〜ニューヨークを旅する」 へ
おすすめ記事
    ナポリ特派員 新着記事
    イタリア映画サントラ界の巨匠ルイス・バカロフの死
    ナポリの絶景を臨むポジリポの丘に隠された古代劇場
    ナポリの秘蔵、カラヴァッジョの「慈悲の七つのおこない」
    南イタリアの家族の深い絆
    息子のバッテーズィモ(洗礼式)
    おいし〜いアンティークなチョコレート屋さん
    イタリアでみつけた素敵な絵本たち
    アリタリア航空で新生児と旅行

    イタリア ツアー最安値


    2017/11/23更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナポリ特派員

      ナポリ特派員
      角南有紀
      東京芸術大学大学院修了後イタリアに国費留学。ナポリ国立音楽院修了。2012年サンカルロ歌劇場主催オペラ「ラ・ボエーム」に出演。同歌劇場専属ソプラノを経て、オペラやコンサートを中心に音楽活動をする傍ら、通訳や翻訳業を行う。ゴッドファザー、マケロニ等の映画の影響で南イタリアをこよなく愛す。現在イタリア生活9年目。ナポレターノと結婚し、一児の母。治安が悪く、ゴミ問題やスリが跡を絶たないナポリの街をいかに安全に楽しむか、そして「ナポリを見て死ね」の言葉の深さを伝えたいです。番組制作コーディネート・旅程コーディネートに関するお問い合わせはこちらへお願い致します。 DISQUS ID @yukisunami

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集