海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > ナポリの太陽の下で結婚式

イタリア/ナポリ特派員ブログ 角南有紀

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月 4日

ナポリの太陽の下で結婚式


メール プリント もっと見る

ナポリの太陽の下で結婚式

 7年間お付き合いしていたナポレターノの彼と、先日入籍をしました。イタリアでの結婚式は、新婦さんが洗礼を受けた教会で行うのが一般的。新婦さん側の育った土地に合わせるのが普通なのです。私も、日本の祖父母・家族や友達と一緒に結婚式をしたい!という思いが強く、彼も日本の伝統的な挙式がしたいと希望したため、ナポリでは簡単に役所で入籍をすることにしました。
DSC03965.JPG (入籍をしたMaschio Angioino城、通称ヌオーヴォ城見学時に撮影)

 しかし、、、「簡単に入籍」なんて言葉がナポリにあるはずがなかったのです...。


 国際結婚の書類と聞いただけでもなんとなく面倒な手続きが多そうだな...と想像はつくのですが、一通り調べてみるとそんなに大変ではなさそう。一つずつ書類を揃えて手順を踏んでいけばいいだけなのです。でもね、ここはイタリア。しかもナポリ。


 役所では窓口によって言うことが違う。日によって言うことが違う。間違った書類を渡される。パスポート番号を間違えられている。機嫌の悪いおばさんになぜか国際結婚の悪口を言われる。そんなこんなで時間を無駄にしたり、再び出向かされたり、たくさん待たされたり、といったことは当然想像しておくべきでした。

 日取りを決めて、結婚指輪にも刻印をしてもらった後で、この日は役所を開けられないからできないと言われたりもしました。このあたりはナポリでは賄賂で解決します。(笑)

 でも、そうやって二人で一歩一歩乗り越えて迎えた入籍の日は最高でした。むしろ、これから始まる結婚生活のために修行をさせられたのかもしれない!(笑)

 必要書類等の手続きに関しては、在イタリア日本大使館のHPを参照にしてくださいね。他にもたくさんの方がブログに手続きについて書いていらっしゃるので、参考にしていました。みんな大変だったんだなーと思うと、頑張ろう!と思えました。


 市役所での入籍は、証人と家族や友達に見守られて、市役所の方が執り行います。証人は、新郎と新婦が日頃お世話になっている方や信頼を寄せている方にそれぞれ1名ずつお願いしておきます。私は、ナポリに住む私にとっての理想の夫婦である日本人とイタリア人のご夫婦にお願いしました。
DSC03966.JPG (写真は見学に行った時のもの。式当日は椅子が並べられます。)


 イタリア語がわからない場合は、通訳を立てる義務があります。
 私は日本から両親が駆けつけてくれ、父親と腕を組んで入場しました。ごくシンプルな入籍だけを考えていたので、音楽も何も用意していなかったのですが、友達がサプライズでバイオリンを弾いてくれて入場が華やかになりました。
 儀式自体は10分くらいで終わります。
IMG_2243.JPG

 
 式の後、お城の外に出て記念撮影をしました。2月半ばだとは思えないほどの温かい日でした。ヌオーヴォ城の外から山の上のサンテルモ城が見えます。
30187473-1.jpg
 お城から出て友達がライスシャワーをしてくれました。城内でフラワー、またはライスシャワーをすると罰金を取られるそうなので要注意。
10989160_10206296537040309_7104317153380581037_n.jpg


 その後、このブログでもおなじみのGambrinus にてパーティーをしました。イタリアの通常の結婚式は、前菜が何皿も続いた後、パスタが三皿、肉料理、お口直し、魚料理、野菜料理、デザートと延々とお料理が続き、パーティーが終わるのは夜遅く(または明け方)になることが多いのですが、私たちは友達が代わる代わるピアノやバイオリンを演奏して、軽食を食べ、ざっくばらんなパーティー形式にしました。
10917292_10206357199516833_3577480399887450479_n.jpg

 このカフェで詩人ダヌンツィオが「かわいい口元」の歌詞を書いたことにちなんで、私も飛び入りで歌いました♪
 ピアノの調律がされていなかったのは残念でしたが、友達の飛び入りもあって、音楽に溢れた楽しいパーティーになりました。また、ここでパーティーをした記念に、カフェのオーナーさんがガンブリヌスのカレンダーとエスプレッソカップをプレゼントしてくれました。
11042014_10206421083393890_329973018_n.jpg

 イタリアで結婚すると、景色のいいところに連れ回されて(笑)何度も写真を撮られます。ありがたいことだけれど、お客さんを待たせてしまうし、疲れるし、恥ずかしい...。でも後日写真を見て、あ〜楽しかったなと思えます。街の人は慣れているので、おめでとう!と声をかけてくれます。一生に一度のことなので、思い切って写真撮影を楽しみにくるのもいいかも。
 ナポリで結婚式をしたい!と思った方は相談してくださいね。
10999897_10206357186676512_5882113512846349034_n.jpg

 そして、この儀式の後「結婚証明書」を市役所に取りに行き、警察署で滞在許可証を発行してもらう手続きをし、日本大使館に婚姻届を提出すれば手続き完了です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2015年3月 4日
« 前の記事「ナポリの小道がLOVEだらけ!」へ
»次の記事「ナポリのWEDDING SHOP通りVia Duomo」 へ
おすすめ記事
    ナポリ特派員 新着記事
    イタリア映画サントラ界の巨匠ルイス・バカロフの死
    ナポリの絶景を臨むポジリポの丘に隠された古代劇場
    ナポリの秘蔵、カラヴァッジョの「慈悲の七つのおこない」
    南イタリアの家族の深い絆
    息子のバッテーズィモ(洗礼式)
    おいし〜いアンティークなチョコレート屋さん
    イタリアでみつけた素敵な絵本たち
    アリタリア航空で新生児と旅行
    1年前の同じ月に投稿された記事
    イタリアンジェラートで笑顔に♡
    絶景、絶品の海沿いにあるレストラン
    カーニバルの仮装をするこどもたち

    イタリア ツアー最安値


    2017/11/22更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナポリ特派員

      ナポリ特派員
      角南有紀
      東京芸術大学大学院修了後イタリアに国費留学。ナポリ国立音楽院修了。2012年サンカルロ歌劇場主催オペラ「ラ・ボエーム」に出演。同歌劇場専属ソプラノを経て、オペラやコンサートを中心に音楽活動をする傍ら、通訳や翻訳業を行う。ゴッドファザー、マケロニ等の映画の影響で南イタリアをこよなく愛す。現在イタリア生活9年目。ナポレターノと結婚し、一児の母。治安が悪く、ゴミ問題やスリが跡を絶たないナポリの街をいかに安全に楽しむか、そして「ナポリを見て死ね」の言葉の深さを伝えたいです。番組制作コーディネート・旅程コーディネートに関するお問い合わせはこちらへお願い致します。 DISQUS ID @yukisunami

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集